腰痛で美容師辞めたいです⇒辞める前に必要な対策6選

こんにちは阿部です。

ひよっこ
腰痛がもう限界です。シャンプーのたびに痛みが走って。仕事だからしようがないんだけどもう続けられそうにない、辞めたいです。

今回は腰痛に悩む美容師さん向けに腰痛対策をまとめました。

腰痛で美容師辞めたいです⇒効果あり!対策6選

腰痛の原因は姿勢にあり

私もアシスタント時代腰痛には悩まされました。

1年目仕事に慣れていない時期が特に酷かったです。

私は現在を含めてシャンプー台はすべてサイドシャンプーです。

腰をひねるような姿勢になってしまうのでどうしても腰痛を発症しがち。

しかし経験を積むに従って無理のない姿勢を体が覚えていきます。

それとともに苦痛も感じなくなるようになりました。

今は1人美容院で全てを1人でこなしていますが酷い腰痛に悩まされることもなくなりました。

※一日にこなす人数が少ないのもあるかも知れませんが。

アシスタント時代、無理な姿勢で洗い物をしている時にぎっくり腰になったことも。

このように腰痛になる原因の多くは無理な姿勢にあります。

特に美容師の場合シャンプーイング中腰への負担が大きいのでそれが原因となる場合がほとんどでしょう。

これまでの経験をもとに腰痛に効果的な対策をまとめましたので参考にしてください。

美容師の腰痛対策

腰ベルト

腰痛が辛い時特に効果的なのが腰ベルトです。

コルセットを使っていた時もあったのですが腹部まで圧迫されるので仕事がとてもしづらいですよね。

しかも体のシルエットにも出やすいのでかっこ悪い。

そんな時、整骨院で紹介されたのが腰ベルトです。

骨盤を固定するように巻くベルトなのですが、たったこれだけで腰痛がかなり楽になりました。

腹部への圧迫も少ない上に見た目にも現れにくいので美容師アシスタントで腰痛に悩む場合試してみると良いでしょう。

姿勢を再確認

シャンプー中の姿勢に問題がある可能性大です。

私も過去に経験していますが一生懸命シャンプーしようとすればするほど、上半身が前のめりになり前傾姿勢になりがちです。

前のめりになると、上半身の重さを腰一点て支えることになるので負担大です。

あなたも気がつくと前傾した状態でシャンプーしていませんか?

まずは背筋を伸ばすことを心がけましょう。

サイドシャンプーのポイント

シャンプー台に体をピッタリとつけて体重をややシャンプー台に乗せ気味にします。

シャンプー台と骨盤が接触している部分の真上に重心がくるよう姿勢を伸ばすのがポイント。

一生懸命になっていると、上半身が前傾してお客様のお顔にかぶさるように傾きがちです。

できるだけ重心をシャンプー台と接触している部分の真上にくるように注意しましょう。

スタイリストはシザーケースNG

シザーケースはさほど重いものではないのですが日々の積み重ねが慢性的な腰痛を引き起こします。

シザーケースををつけたままシャンプーに入ると負担の大きさが分かります。

シザーケースは腰に回さずワゴンにおいて仕事をするだけで負担は違います。

円皮鍼(えんぴしん)

私がぎっくり腰になってどうしようも無かった時に効いたのは針治療でした。

これは個人差があるのでなんとも言えませんが即効性があるので気になる方は試してみるのもありかも知れません。

ただし美容師はお休みも少なく整体に通う時間が無い人もいるかも知れません。

そこで針治療を試したいなら円皮鍼(えんぴしん)がおすすめです。

痛みはほとんど感じず「磁気テープ」のように貼ったまま放置できます。

シップのように匂いもしませんし、つけているのも気づかれません。

私は腰痛は最近感じないのですが慢性的な肩こりでたまに辛くなる時お世話になっています。

created by Rinker
ファロス
¥905 (2021/04/23 02:15:55時点 Amazon調べ-詳細)

それでも腰痛が辛い場合

先ほど紹介した腰痛対策を行うことで負担が軽減されるなら良いのですが椎間板ヘルニアと診断されたり、腰痛が辛すぎてもう続けられないという場合は転職するのもありです。

実際美容師が何歳頃に転職しているかというデータを見てみると男性の場合30歳を境に、女性の場合40代前後で独立や転職など新たな道を歩む人が多いのが分かります。

40代⇒美容師辞めたい【美容師の定年】みんな何歳まで働いているの?

年齢を重ねるほど体の負担も大きくなります。

腰痛は辛いですが、人生を見直す良いチャンスを貰ったと捉えて今後の生き方を見直してみましょう。

カット専門店への転職

美容師が腰痛に悩まされる原因は無理な姿勢による腰への負担でしょう。

今後も美容師が好きだから続けたいという場合はカット専門店への転職もありです。

異業種への転職

美容師以外の業界へ転職もありです。

まずはどんな業界が狙えるのか、どんな企業なら自分の能力を発揮できるかをしっかり把握することが必要です。

こちらの記事で転職の仕方も解説していますので参考にしてみて下さい。

【注意】美容師辞めたい⇒即退職はリスク大!理由別アドバイス10選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!