【丸分かり】男性のシミ【原因&対策】今すぐ始めたい習慣とは?!

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

今回は男性用シミ化粧品についてまとめました。

この記事で分かること
  1. 男性はどのようなことに気をつければシミを予防できるのか
  2. シミ化粧品の中でも男性に最適な成分は何か
  3. 商品選択の注意点
  4. 使いたい美白化粧品

男が化粧なんて・・・

まだそんな意識は根強いですよね。

しかし最近では男性用の化粧水なんかも発売されており一般化してきました。

化粧は・・・という男性でも「シミが気になる」などお悩みを解消するために化粧品の購入を恥ずかしがる必要はまったくありません。

育毛剤を使うのと同じようなものですよね。

そこで今回は男性向けにシミの対策法をまとめました。

シミに悩む男性必見です。

男性のシミを徹底解剖

シミになる原因

まずシミの原因を理解して今すぐシミ対策をスタートさせましょう。

そのためには皮膚構造を少し理解しないといけません。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織から成り立っています。

表皮をさらに細かくみていくと皮膚表面から「角質層」「淡明(たんめい)層」「顆粒(かりゅう)層」「有棘(ゆうきょく)層」「基底層」の5つから成り立っているんですね。

このうち「基底層」には「メラノサイト」という細胞が存在しています。

シミの発生メカニズムを図で解説しましょう。

シミのメカニズム

しみ発生のメカニズム

図のように表皮細胞(ケラチノサイト)が紫外線から刺激を受けます。

刺激を受けるとプラスミン(炎症性物質)が産出されます。

プラスミンはメラノサイトを刺激します。

メラノサイトにはチロシンというアミノ酸がありチロシナーゼ酵素の影響を受けてメラニンとなります。

メラニンがケラチノサイトに受け渡されてメラニン色素を含んだ表皮細胞となります。

細胞を紫外線から保護する大事な役割があります。

正常な皮膚は28日間かけて新しく生まれ変わっていきます。

いわゆる「アカ」とか頭皮で言うところの「ふけ」が古い皮膚です。

この皮膚の入れ替わりをターンオーバーと言います。

正常なサイクル(28日間うらい)であれば目に見えないほど細かい状態で気づきません。

日焼けが1ヶ月もすれば薄くなり目立たなくなるのはこのためです。

ところが紫外線等皮膚に強い刺激を受け続けるとメラニンの過剰生成が行われメラニンが表皮細胞に過剰に蓄積します。

これがシミとなります。

女性の場合日傘をしたり、基礎化粧品に日焼止め成分が配合されていたりと日常からケアを行っています。

しかし男性の場合化粧をしないのに加え、日焼止めを塗る習慣を持たない人も多いです。

阿部
つまりシミの原因一つ目は「紫外線ケア」が不十分であること

さらに髭剃りなどによる皮膚への刺激

実はこれもプラスミン活性が高まる原因です。

阿部
男性は髭剃りや洗顔の仕方など、女性に比べ皮膚への刺激が強い。つまりプラスミン活性が高い状態を作りやすいから肌に炎症がおきやすく、シミも発生しやすいということ

さらに加齢による新陳代謝の低下も加わり、ターンオーバーが乱れやすくなります。

結果、28日間たっても皮膚が生まれ変わらず、シミが皮膚に残ってしまいます。

こうしてシミが形成されてしまいます。

男性がするべきシミ対策

シミの発生メカニズムをご覧になって分かるように男性のシミを悪化させないために

今すぐ始めたい習慣
  • 紫外線対策をしっかり行う
  • 皮膚刺激の少ない洗顔&髭剃りを心がける
  • 皮膚の炎症を抑える化粧品を使う

ことがポイントです。

さらに活性酸素がメラノサイトを刺激することも分かっています。

活性酸素の原因としてあげられるものの代表例が「ストレス」や「タバコ」です。

規則正しし生活で体調を整えたり、ストレスを解消するも大事です。

シミ取りは可能か?

シミを取る一番簡単な方法はレーザー治療です。

ただし多くの男性はそこまでしなくても・・・という場合も多いのではないでしょうか。

シミを取ることは難しいですが

  • メラニンの過剰な生成を抑えることでシミの発生を防ぐ

ことは充分可能です。

シミが増えてきたなぁとお悩みなら化粧品の利用を検討しましょう。

男性のシミ化粧品

ひよっこ
シミの原因は分かった。でもいったいどんなものを使えばいいの?
阿部
厚生労働省で「しみ・そばかすを防ぐ効果がある」と表記が認められている医薬部外品を選ぼう。中でも有効成分「トラネキサム酸」配合の商品は男性のシミに有効だよ。

トラネキサム酸

先に述べたように男性のシミは「皮膚刺激とターンオーバーの乱れ」が大きく関係しているのが分かりましたよね。

このトラネキサム酸は抗炎症作用のある成分です。

プラスミンを抑制する効果もあるので男性の炎症しがちな肌のコンディションを整えて新たなシミ増加を防ぐ効果が期待できます。

その他に有効とされる成分も紹介しておきます。

ビタミンc誘導体

ビタミンCはメラニン生成を抑える働きがあります。またすでに黒くなったシミを還元(薄くする)効果が認められています。

しかし問題は壊れやすいこと。空気に触れるだけで酸化し肌に吸収されません。

そこでビタミンC誘導体というものがあります。

中でも医薬部外品美白有効成分として認められた成分として3-O-エチルアスコルビン酸があります。

これらが配合された男性用シミ美容液を最後にご紹介しましょう。

美容液

Braterブレイター薬用美白エッセンス

医薬部外品です。

先ほど紹介した厚生労働省認定のシミケアに有効とされるトラネキサム酸が配合されています。

さらにビタミンc誘導体であるも3-O-エチルアスコルビン酸も配合されています。

新たなシミの発生を抑えることはもちろん、すでに黒ずんだシミを目立たせなくする効果も期待できるバランスのとれた商品だと思います。

シミ対策化粧品選びの参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!