35坪の家←価格はいくらくらいなの?我が家の実例紹介

どうも美容師ブロガー阿部です。

私は35坪の家を工務店で建てました。

結論から言うと35坪の家を1960万で建てることができました。

我が家が依頼した工務店さんは補助金(160万)の申請もしてくれたので実質35坪の家にかかった費用はコミコミで1800万です。

2019年版住宅の補助金を利用者が実例で解説します。

2018年9月19日

耐震等級3の準耐火構造、長期優良住宅のお家です。

見積もりの詳細と他社ハウスメーカーとの比較でまとめたので参考にして下さいね。

35坪の家の価格

我が家のスペックです。

35坪の家
  • 1階床面積55.89平米
  • 2階床面積57.96平米
  • 延べ床面積113.85平米(34.44坪)
  • 工事面積115.92(35.07坪)

この家の価格はコミコミ1800万でしたがその費目は以下の通りです。

35坪の家の価格内訳
  • 建物本体工事
  • 付帯工事
  • 建築諸手続き費用

これらの総額が1800万程度でした。

ひよっこ
これで家を建てられるの?
阿部
実はこれは家だけの価格。これ以外にも諸費用と呼ばれるお金かかかるよ。

家を建てるには諸費用と言われるお金もかかります。

  • 登記等費用
  • 借入関連費用

と言われるものです。例えば銀行の申込手数料や登記費用、火災保険費用などです。

これらを説明すると長くなるので詳細はこちらの記事にまとめてあります。

家を建てる費用解説

【実例公開】2000万の家諸費用はこのくらいです!!

2020年3月4日

総額だけお伝えすると35坪2000万の我が家の場合240万ほどかかりました。

阿部
家の価格は諸費用を含めて考えるといいです

さて、それぞれの費目を詳しく見ていきましょう。

建物本体工事(税込み)16053272円

これは家そのものの価格です。工務店なのでクローゼットや作りつけの棚など結構サービスしてもらいました。

次に付帯工事です。

屋外給排水工事480000
雨水排水接続工事240000
仮設トイレ設置費38000
仮設・幹線引き込み工事166000
共通仮設工事168000
管理諸経費341550
残土処分費200000
仮囲い(接道)30000
仮囲い(隣地)60000
安全管理費50000
高基礎盛土工事301160
カーテン工事281000
主照明120000
付帯工事合計(税抜き)2475710円

我が家は高基礎にし土盛りしました。

最後が建設諸手続き費です。

確認申請手続費158000
設計料130000
工事監理料168000
建物完了検査費44000
中間検査特定工程費用44000
地盤調査料96000
基本設計料100000
フラット35申請図書作成費48000
長期優良住宅認定費197000
建設諸手続き費合計(税抜き)985000

長期優良住宅認定費が結構かかってますが、我が家は長期優良住宅で建てることで補助金を受けられたりフラット35sの金利優遇を受けられました。

それを考えるとそれに見合った費用かな?と。

設計も一級建築士の担当さんが一からお世話してくれたので納得の金額です。

付帯工事+建設諸手続費の合計に消費税10%で3797781円

になりますね。

総額です。

35坪の我が家の価格

19851053円(-160万の補助金)を引くと

18251053円←これが工務店で建てた35坪の家の価格です。

坪単価は?

この総額を述べ床面積(㎡数)で割ったのが坪単価です。

18251053円÷113.85平米=1㎡160307円

1坪3.30㎡なので52万9016円

これが35坪の我が家の坪単価です。

坪単価のからくり

坪単価の表示価格が税抜きか税込みかで総額は大きく異なります。

さらに延べ床面積を基準とするか工事面積(施工面積)を基準とするかの業界統一ルールもありません。

施工面積を基準に坪単価を計算すると坪単価が安くなりがちなので坪単価を鵜呑みにするのは危険です。

阿部
ハウスメーカーのパンフレットなどではこういうカラクリが使われることも。

坪単価は参考程度にしましょう。

実際気になる会社から見積もりを取り総額・コミコミ価格で比較することが大切です。

実際の我が家の間取り図・web内覧会はこちらにまとめてあります。

35坪の家は狭い?【LDK16畳・玄関1.5坪・キッチン通路幅90cm】はこのくらい!!

2020年5月13日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!