【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

ひよっこ
外構工事を出来るだけ安くすませる方法はないのかな?もらっている見積もりは高いのか安いのか相場が知りたいな。

この記事はそんな疑問にお答えします。

結論から言うと我が家は55万円で駐車場2台分のコンクリート仕上げ&家周りの砂利&フェンスを仕上げることができました。

【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

※業者さんに迷惑がかかるといけないので社名はふせています。

やったことはたった1つだけ。

ハウスメーカー以外の外構専門業者2社に見積もりを依頼しただけです。

たったこれだけで我が家の場合35万円も圧縮できたので複数の見積もり必須ですよ。

ハウスメーカー以外にまだ見積もりを取っていないなら外構工事専門の業者を最低2社はピックアップして見積もりを依頼しましょう。

きっと今より安い金額で工事を進められるはずです。

我が家の事例をこれから紹介するので参考にして下さいね。

※ 無料外構工事見積もり→タウンライフ外構プランニング 私の場合外構工事専門業者につてがありませんでした。2社への連絡も億劫でしたので複数の専門業者に一括で見積もり依頼ができるサービスを使いました。全国300社以上の外構専門業者が登録していて簡単3stepでお住まいの地域の業者に見積もり依頼が可能。

【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

我が家の外構見積もりを詳細に説明していきましょう。

外構50万の範囲

我が家は約40坪の土地です。

ここに総二階35坪の家を建てたので床面積は17坪くらいです。

外構範囲
  • 砂利 26㎡
  • フェンス 8m
  • コンクリート舗装50㎡

駐車場+砂利の見積もり

外構工事で駐車場【予算50万の我が家が35万円節約した方法】

これは正式には請求書ですね。

コンクリート舗装総額が439000円です。

フェンスとか砂利部分が118700円です。

では実際の仕上がりです。

駐車場工事

工務店ではこの青い境界にある塀との接触部分はブロックでの見積もりでした。

外構予算50万の駐車場工事の様子


今回依頼した外構専門業者さんは予算50万に収めるためにブロックではないこの案を提示してくれました。

またコンクリートをうつ際はこの工事写真のように地面を掘る必要があります。

するとその分残土処分費がかかります。

できるだけそれを処分せず写真奥の傾斜部分の土盛りに流用するようお願いしました。

これでも経費が削減できたようです。

コンクリート部分仕上がり

外構予算50万の駐車場1


完成した様子です。綺麗なコンクリートに仕上がっています。

玄関アプローチ以外は全てコンクリートにしました。

※アプローチは工務店に依頼しましたので外構範囲外です

50万の外構工事の様子


外構予算50万の駐車場2


50万の外構駐車場西側部分

 

 

 

 

 

 


50万の外構駐車場西側完成

 

 

 


独立基礎で境界位置を明確にしました。

さらに砂利&境界フェンスをつけてもらいました。

フェンスは敷地いっぱいにすると正面に車を止める時に邪魔なので家の幅に

費用節約に「防草シート」は支給する

防草シート知ってますか?ホームセンターにいくと販売されています。

それを予め購入しておき砂利敷き前に外構業者さんへ支給しましょう。

依頼するより安くあがりますよ。

雑草取りは結構苦労しますが防草シートを敷くと雑草が生えにくいです。

生えても根が浅くなるので抜きやすい。

絶対おすすめです。

砂利敷きの様子がコチラです。

50万の外構砂利部分


砂利+防草シートの様子です。一段上がった部分です。

低い位置はコンクリートにしました。

木の剪定、落ち葉の処理なども手間がかかります。

ガーデニングが好きな人は良いのでしょうがそうでない人はよく検討してプランニングした方がいいですよ。

外構費用を圧縮する方法は「たった1つ」→2社以上の外構業者に見積り依頼する「だけ」

ハウスメーカーは一般的に外構工事は外注する場合が多いので価格は高め。

工務店に依頼したところ見積もりは90万円ほどでした。

そこで他社に見積もりをとることにしました。

駐車場見積もりその1「77万円」

webから依頼するとさっそく翌日に電話連絡が入りました。

日程調整し現地に足を運んでもらうことにしました。

依頼フォームから我が家の敷地図・予算・希望を詳細に伝えていたので話が早かったです。

そして程なくして一社目の見積もりがでました。


91万円の見積もりでした。

この見積書の他見積もりの内訳もありパースまで添付してくれました。

応対もしっかりしていて信頼できそうな業者さんでした。


実はこの見積もりに入っていた南側フェンスは後から不要との結論に達したのでここから12万円ほど引いた額が純粋な見積額(77万円)となりました。

阿部
これでもハウスメーカーに比べるとかなり安い。ただし外構50万の予算なので他社を待つことに。

駐車場見積もりその2

今度は打ち合わせ時に最初から南側フェンス不要の同条件で見積もりを依頼しました。

予算50万を強く押します(笑)

そしてもらったのがこれまで紹介した見積もりでした。

外構の値段は会社によってかなり違うので複数の見積もり必須です。

 

もしこれで金額が高ければ相見積もりをしてさらに価格交渉する予定でした。

50万を目指すには複数の見積もりをとり、競合させるなりし、地道にやるしかありません。

無料&超簡単「外構工事の見積もりを一括で複数業者に依頼する方法」

複数の業者に何回も依頼するのは面倒。

そこで無料で超簡単な一括サービスを紹介します。

私も利用したタウンライフ外構プランニング です。

外構お庭のプランニング

見積もり一括サービス【超簡単3step】

タウンライフ外構プランニングにまずアクセスします。

外構業者の地域選択画面

 

 


step1

住んでいる地域を選択します。

 

外構工事で重視したいことの記載例

step2

必要事項を記入します。

ご希望の箇所に「外構」を選択します。

きっかけ欄には新築に伴う外構工事であることを記載しました。

重視したいポイントは価格なのですが無いのでデザインと機能性にチェック。

外構費用は100万以内に抑えるためチェックを入れました。

ただし記入欄には50万以内の予算と念を押します。

外構図面の補足入力例

敷地図は添付するべき?

私はハウスメーカーからもらった当初の計画図を簡単に編集して「駐車場にしたい位置はココです」と明確にしました。

今振り返ると、正直添付はしなくてもよかったかも。業者さんが実際現地にきて実測してくれるから、どうしたいのか(どこまでコンクリートでどこまで砂利か等)明確にしてさえおけばOKですよ。


step3

外構やエクステリア専門業者が表示されますのでここから希望する企業を選べばOKです。

私は

  • リーズナブルな外構工事(コンクリート打設のみ)も行っています

とアピールしていた企業を含め外構エクステリア専門の2社に見積もりを依頼しました。

お住まいの地域毎に外構専門業者が登録されているので検索する手間がはぶけます。

ハウスメーカーに比べると総額35万も節約できたのでやってよかったです。

1社はお断りした訳ですが社に決めましたと話したらしつこい営業もないのでそれもよかったですね。

タウンライフリフォームのデメリットは?

見積りをとっただけ応対が必要

複数の会社に見積もりを依頼するので選んだ分だけ応対しなければなりません。

実際に現地を見てもらうことで

  • コンクリートを打つ正確な面積
  • 正確なフェンスの距離
  • 境界ブロックの段数
  • ブロックにするか独立基礎にするかの判断
  • 土留めの要否
  • 砂利の種類

など詰めていく作業はどうしても必要ですね。

数十万円削減するためには致し方ないところです。

【駐車場外構工事】いつはじめる?←家が完成してからでは遅い理由

私は家が完成してから外構の見積もり依頼にとりかかりました。

家が完成するまで「立ち退き」「解体」「水道工事の調整」などかなり苦労したからです。

正直疲れすぎて後回しにしていたんですね。

しかしこれが失敗でした。

  • 駐車場工事の場合2週間は車をとめておけない

からです。

工事自体は1週間くらいで終わりますが、そこからコンクリートがしっかり固まり車が乗り入れ可能になるまで合計2週間弱(たしか合計10日くらい?!)かかりました。

この間車を止めておけないと、無駄な費用がかかったり、遠い駐車場まで歩いたりとかなり面倒なことになります。

子供の保育所送迎がかなり大変でしたね。

ですから完成間近ならいますぐ見積もり手配に動きましょう。

 

お家作りは金額が大きいのでつい1万、2万を小さく感じがちですが日常生活の1万円って大きいですよね。

我が家のように数十万円も節約できたら家具や家電代の足しになりますし、家族で美味しいものも食べられます。

外構の手配は早めに済ませておけば、引っ越してすぐ快適なマイホームライフがスタートできますよ。

⇒【無料】タウンライフ外構プランニング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!