【50代】髪型が決まらない・・・こうして見つける!コツを美容師が解説します

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

当店は50代以上の女性が多い大人向けのサロンです。お客様から良く伺うのは

  • 若い女性がモデルの髪型雑誌は、なんかピンとこないのよね・・・

というもの。

50代で髪型が決まらないのは深刻なお悩みだと思います。

何故髪型がしっくりこないのか。

それは

  • あなたのお顔にピッタリ似合う髪型

になっていないからです。

お手入れが楽であなたのお顔にしっくりくる定番の髪型が決まれば毎日気分よく過ごせますよね。

そこで今回は髪型が決まらない50代女性のためにしっくりくる髪型に出会うためのコツをご紹介します。

当店で私が実際に施術したお客様の写真も紹介しますので髪型選びの参考にしてくださいね。

【50代】髪型が決まらない・・・こうして見つける!コツを美容師が解説します

顔型とのミスマッチ

髪型が決まら原因は

  • 髪型がお顔にフィットしていない

からかもしれません。

例えば丸顔と面長では似合う髪型はまったく正反対です。

あなたが理想とする髪型とはこんな髪型ではないですか?

  1. お顔をリフトアップさせてみせたり
  2. 丸い顔を痩せてみせたり
  3. 面長のウィークポイントが気にならなくなったり
  4. 普段の手入れを楽にしてくれる

そんな「手入れが楽で」「少し若く見える髪型」

美容師の私ですがこのお客さんは50代だからこの髪型にしようなんて思って切ったことは一度もありません。

私がカットするときに重視するのは

  1. 顔の形
  2. 骨格
  3. お客様の悩み

に寄り添って少し若く見える髪型に導くことです。

そこであなたの髪型選びの参考になるように顔型別のアドバイスをまとめてみました。

顔型から考える50代女性に似合う髪型

丸顔に似合う髪型の条件

丸い輪郭を強調しないために

  1. 正面からのシルエットを縦長にする
  2. 前髪を水平に下ろすより斜めに流す
  3. もみあげの長さは口びるくらいまで短くても大丈夫
  4. ボブスタイルよりもレイヤースタイルが似合わせやすい
  5. ボブスタイルにしたいなら顔周りにレイヤーを入れる

etc

丸顔OK!前下がりボブ


前下がりラインとは、襟足が短くて、もみあげが長いアウトラインのシルエットを言います。

このくらい襟足を短くカットします。

段構成がボブという思めのシルエットなので、毛先は削ぎバサミで軽さをだしています。

こちらのお客様のご要望で

  • 削ぎすぎると艶が無くなって嫌

ということもあり、襟足は軽めにし、他の部分は毛先に軽さが出る程度に削いでいます。

阿部
髪の毛のツヤ感が減ると老けて見えがちなので削ぎすぎは注意です。

削ぐ量もお客様のお手入れのしやすさを考慮して相談して決定します。


襟足からお顔方向へアウトラインが長くなっているのが分かると思います。

このままもみあげの髪の毛をどんどん伸ばすと前下がり感が強調されます。

阿部
丸顔が気になる女性はシルエットを前下がりにすると縦長間が強調されてお顔の輪郭を面長に見せることが出来ますよ!

またアウトラインに沿って

  • 段差も前下がり

にカットしています。

これにより毛流れが前方に流れやすくなります。

横から見た時のシルエットも綺麗にみえます。以前右の耳後ろの毛がハネやすいんですというご相談を伺いました。

このお客様は、右サイドの段を軽くすると、はねやすいことが分かったので、以後、段差を重めにしてハネにくいカットにしています。

このように数回カットして、お悩みを共有しながら理想的なヘアスタイルになるようアドバイスしたり、施術していきます。

S様!撮影にご協力ありがとうございました。

阿部
丸顔でお悩みなら前下がりボブにする時はワンレングスよりグラデーションボブとオーダーしましょう。前下がりのショートレイヤーでも似合いますよ。

次は面長の条件です。

面長に似合う髪型の条件

面長を強調しないために

  1. 正面からのシルエットは横広がりにする
  2. 前髪を分けずに水平または丸いラインで作る
  3. 出来れば前髪があった方が似合う
  4. もみあげの長さは短くしすぎない
  5. レイヤースタイルよりボブスタイルが似合う
  6. もみあげをみじかくする場合マッシュルームボブも似合う

面長さんに似合う重めショート

こちらのお客様は50代よりもっとお若い女性です。カットスタイルが同じなので紹介させてもらいます。カットはショートボブやマッシュボブといわれるカテゴリーの髪型です。

シルエットが横広がりになる髪型なので面長さんに似合う髪型です。

また薄毛の女性でも頭頂部の髪の毛を長めに残せるからカバーしやすいです。

※丸顔の薄毛さんには似合わせにくいです。


ショートカットといっても、すべてが軽いスタイルだけではありません。

例えば、こちらのお写真のように、襟足は軽さを出して引き締めて、後頭部にボリューム感を出すこんなショートカットもありです。

こちらのお客様はご希望の写真(スマホ)をご持参頂き、参考にしながらカットしました。写真より

  • 前から見た時のシルエット → サイドに丸みが残っていて、前髪が厚め
  • 後頭部のボリュームの位置が低い
  • 耳より1cm長いくらいの長さ
  • 襟足はスッキリ軽め
  • 耳後ろもスッキリ

と想定します。

しかしお客様によって骨格は様々です。

写真通りにカットしても、写真のようにならない場合があります。

参考までに、具体例をご紹介しましょう。

もみあげの処理

例えば、もみあげの長さは人それぞれなんです。

もみあげが長い方っています。

ご紹介しているお客様もそうです。そういった場合、耳にかぶる髪の毛の長さを短くすると

  • もみあげの生え際がでてきて変

なんてことも。

こちらのお客様のご希望も同様でしたが、ご説明し、写真より少し長めに設定しました。

襟足の長さ

耳の後ろから襟足までの長さ。

実はこれも人それぞれなんです。

今回ご紹介するスタイルは襟足が長い方は簡単ですが、ご紹介したお客様は襟足が短い方。

そこで

  • 後頭部のボリュームの位置を上げる

といった工夫が必要になるんです。

そこで後頭部センターの髪の長さを短めにして、サイドにかけて前下がりに段をつける工夫を施しました。

それと、耳後ろをスッキリさせるために切り込む工夫も。

こういった要素を考慮しながら、写真に近い、そして骨格に見合ったカットを検討しています。


A様、いつもありがとうございます&お姉さんご紹介頂きありがとうございました。またお待ちしています!

阿部
面長をお悩みでショートカット挑戦したいならマッシュラインってどうですか?と美容師に相談しましょう。無難にいくならアゴの長さの水平ラインボブや、少し前上がりのボブもおすすめです!
四角いお顔に似合う条件

四角いお顔はアゴの四角いラインをソフトに見せることが似合わせの条件です。

  1. 正面のシルエットは横広がりよりは縦長の方が似合いやすい
  2. 重いボブスタイルは似合わせにくい
  3. 軽すぎるレイヤースタイルも似合わせにくい
  4. ボブとレイヤーの中間のセイムレイヤースタイルが似合わせやすい

これが輪郭に似合う髪型の条件です。

年齢とのミスマッチ

ちょっと失礼な見出しですみません。

例えば20代の時は肌にハリがあるので顔型にさえあっていれば髪型が決まらないということは無かったと思います。

しかし50代以上の女性の場合「顔型にフィットさせる」のに加え若々しく見せる工夫が重要だったりします。

例えば髪の毛が長いロングやミディアムはどうしても視線が縦長にいくため「皮膚が垂れてみえがち」になります。

どうしても加齢とともに皮膚のハリも低下しがちですので50代以上の女性は特に

  • ボリュームアップできる髪型を意識

することが大切です。

そのため50代で髪型が決まらないとお悩みなら髪の長さを「ロングよりミディアム、ミディアムよりショート」と短めにする方が似合わせやすいです。

阿部
ただし髪型を諦めないで下さい。例えばミディアムヘアがお好きなら段構成を変えて頭頂部にボリュームを出す方法もあります。

50代のショート~ミディアム

40代から50代と年齢を重ねるにつれて髪の毛が「水をはじきやすい」状態に変化しやすくなります。

ロングヘアでパサツいたり、ボリュームが出にくくなってくるのもこの頃からです。

こちらのお客様は、襟足の髪の毛を長めに残し、首にペタッとつくように、タイトに仕上げたいというご要望でした。

後頭部の骨格が扁平だったり、生え癖がなければ、レイヤーというすっきりする段をつければ簡単に解決しますが、誰もがそうはいきません。

例えば

  • 骨格がでっぱっている場合
  • 生え癖で浮き上がる場合

だから皆、悩むんですよね。

そう、このお客様も、耳後ろの髪の毛が浮き上がるクセをお持ちです。

  • 思い切って耳後ろの髪の毛を短く切って、上の髪の毛をかぶせてみますか?

そして仕上がったのがコチラ。


実は、耳後ろの髪の毛を分け取ってみると、1cmくらいに切り込んでいる部分があります。

(※この写真からは、上の髪の毛がかぶさっているので分かりません)

でも、前後からの毛流れがつながるように切っているので違和感ないですよね?

こうして、お客様のお悩みによって最善なカットを相談しながら作り上げていきます。

後ろはこんな感じ。


耳後ろあたりから引き締まっていると思います。

こちらのスタイルの特徴は、「レイヤー」というシルエットがスッキリする段を1cmづらしながら3段重ねています。

このようにカットすると

  • 削ぎバサミをあまり使わなくてもスッキリする(バサバサになりにくい)
  • 伸びてきてもシルエットが膨らまない
  • ウルフカットのように頭頂部の毛が短くなりすぎない

こんなメリットがあります。

襟足にレイヤーを入れることで必然的に頭頂部の髪の長さも短くなります。

阿部
トップにボリュームを出したいけどえりあしを短く切りたくない50代女性に似合う髪型の1つです。

H様!撮影にご協力ありがとうございました。

骨格とのミスマッチ

この仕事をしていて色々な骨格の女性を見てきました。

ひよっこ
骨格というのは?
阿部
例えば頭のてっぺんとか後頭部が平らだからボリュームが欲しいとかこういう悩みだよ。

骨格はどんな髪型が似合うか分からない女性の悩みに直結しています。

骨格とお悩みの関係

  1. ボリュームが出ない
  2. 逆にボリュームが出過ぎる
  3. えりあしが膨らむ
  4. カットしてすぐエリアシがもたつく

など骨格が原因の場合が多いんです。 

お悩みに応じて骨格のウィークポイントを解消して気に入る髪型に近づけるのが重要です。

色々な骨格
  1. 後頭部が平らな女性
  2. えりあしが長い女性
  3. ハチがはっている女性
  4. 頭頂部がとんがっている女性
  5. えりあしがでっぱいっている女性
  6. こめかみが凹んでいる女性

実は顔の形以外にも頭蓋骨の形状ってこんなに個性があるんです。

骨格から発生する悩み
  • 1の場合→工夫しないと後頭部のシルエットが扁平に
  • 2と5の場合→工夫しないとえりあしが非常に重く感じやすい
  • 3の場合→お顔のシルエットが横広がりになりがち
  • 4の場合→頭頂部にボリュームがでるのが嫌い
  • 6の場合→カットした後のシルエットも凹んで気になる

このように骨格が髪型の悩みに直結していることがとても多いです。

他に考えられる原因としてクセ毛、毛量もあわせて解説します。

くせ毛の対処法

クセ毛が酷くて段をつけるとお手入れが酷い女性も多いです。

そういう場合はワンレングスにする場合が多いですが次に問題になるのが重さです。

そこで襟足を短くして、上の髪の毛をかぶせるワンレングスボブをご紹介します。

 

 

 

 


こちらのお客様は、

  • 耳の後ろの延長線上より上をハーフアップにして、襟足をスッキリさせたい

というご希望でした。

そこで、表面の長さ(写真で見える長さ)よりも、襟足の部分だけ2cmほど短くして表面がかぶさっています。


写真からお分かり頂けるように、かぶせているのが分からないし、違和感が無いと思います。

サイドシルエットも綺麗に前下がりラインが出ています。

カラーリング

カラーリングは、赤味をほどほどに感じるナチュラルブラウンで根元伸びた分をカラーリング。

最後に、寝ながら微アルカリカラーを毛先中心に塗布しています。

毛先に使った色は、ルビーカッパーという色鮮やかな赤みを感じる赤銅色です。

  • 乾かした時にフワッと色が見えて綺麗

とリピートして頂いています。

このように、お客様のご要望はそれぞれですので、ご希望に合わせて相談しながら、オーダーメイドのカットをご提案いたいます。

K様、いつもありがとうございます!&写真にご協力ありがとうございました!

毛が多い場合の対処法

毛量が多いとお悩みの女性におすすめできる髪型です。

できるだけ軽いスタイルがご希望でショートレイヤーというスタイルでカットしています。


毛量が多い場合、カットで軽さを出さないと伸びてきた時にすぐ重くなります。

そこで段をしっかりとつけて軽いスタイルにすることが大切です。

阿部
毛量が多くてお悩みならレイヤースタイルをオーダーしましょう!ただし膨らむ人はセイムレイヤーとオーダーしましょう。

こちらのお客様は、頭頂部の髪の毛が多いのですが、根元から削ぎハサミを入れすぎるとお手入れがしにくくなるため、ハサミで間引くように削いでいます。

(インナーレイヤーとかインナーストロークなんて呼ばれます。)

ペタッとなるようにハサミで間引くことで、シルエットもすっきりさせています。

また、要所にスライドカットという手法を用いて、毛束感がでるようにカットしています。

Y様!撮影にご協力ありがとうございました。

50代で理想の髪型を見つける方法

年齢を重ねるとともに自分の定番の髪型が決まってきます。

自分が若々しく見えたりしっくりくる髪型に出会えることは幸せなことですよね。

ここであげた

  1. 顔型にあっていない
  2. 年齢にあっていない
  3. 骨格にあっていない

という要素はお客様にはどうしようも無い要素です。

お客様が出来るのは自分に似合う髪型が何かを大まかに把握して美容師と相談することです。

そこで美容室の選び方を最後にアドバイスします。

こんな美容室を探そう

髪型が決まらないならチェーン店ではなく地域密着型で50代以上の女性が多く通うようなサロンを探しましょう。

チェーン店の場合美容室は従業員を定期的に移動させる傾向があります。

阿部
独立時にお客様を持っていかれないように移動させる美容室が多い

またチェーン店は人の入れ替わりが多いので美容師があなたの骨格やクセを把握する頃に辞めてしまう場合も多いでしょう。

そして最後にお客様が出来るコツをお教えます。

【最低3回】は同じ美容室に通いましょう

美容師も人間です。

私もできるだけ初回に満足頂けるよう仕事をしていますが

  • こうしたらもっと似合わせできたなぁ

とか

  • 今度いらっしゃったらこう提案した方がよりに似合わせられるかも

なんて思うことはしばしばあります。

またお客様にとても満足してお帰り頂けても美容師として

  • もっとこうしたらよかった

なんんて思うこともあるんです。

もし数ヵ月後に再来店してくださって

などと要望を言ってもらえればその悩みを少しづつ解消しお客様の要望に近づけていくなんてことも出来ます。

しかし1回で通うのを辞めてしまうと改善できずに終わってしまいます。

ですから最低3回くらいは通いお客様側も美容師と相談しながら理想の髪型を作り上げる協力をした方が早く理想の髪型に出会えるかもしれません。

これまで説明したようにしっくりくる髪型

  • 顔型や年齢にあっていて、しかも骨格の悩みを解消している手入れしやすい髪型

だと私は考えますが、それに一回で完璧に底に辿り着くのはなかなか難しいんです。

お客様との信頼関係を構築して「お客様の要望や悩み」と「プロとしてのアドバイス」をすり合わせることでしっくりくる髪型に出会えると思います。

50代で髪型が決まらないあなたが誠実な美容師さんと出会えて理想の髪型に出会えれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA