【新築の住所変更】丸分かり超簡単解説→図解あり

引渡しと住所変更の関係

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

ひよっこ
新築の住所変更っていつすればいいだろう?引越し前は駄目なの?登記はいつすればいいのかな。
この記事の内容

住所変更のベストなタイミング

登記のタイミングと住所変更の関係

住所変更前に必ずやっておかなければいけないこと

 

【新築の住所変更】丸分かり超簡単解説→図解あり

まず新築が引き渡されるまでの流れを図解したのでご覧下さい。

【新築の住所変更】丸分かり超簡単解説→図解あり


新築の住所変更はいつからスタートすればいいの?

新築の住所変更を行うタイミングで一番ベストなのは引渡の1~2週間前です。

この時期に行うのが一般的です。ただし注意点があります。

注意点

実は役所では実際に引っ越す前の住民票移動を認めていません。

しかしながら旧住所で所有権保存登記・抵当権設定登記を行うと、引っ越した後に再度住所変更の登記を行う必要が出てきます。

そこで一般的にはこのタイミングで住所変更を行うのが通例です。

経済的にも

  1. 登記回数が減り費用節約になる
  2. 登録免許税が1/7になる

メリットがある他、住民票を移すことがローン実行条件の銀行もあるほどです。

新築で必要な建物表題登記は住所変更前?それとも後?!

建物が完成間近になったら建物表題登記を行う必要があります。

建物表題登記とは?

建物表題登記とは、建物の物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きの事を言います。
ここでいう物理的な状況とは、建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積の事であり、これらを登記簿に登録する事により、どれくらいの大きさでどんな形状 の建物なのかが明らかになるわけです。また、建物表題登記では、これに加えて、その建物の所有者や新築年月日なども登録されます。
なお、新築建物の所有者は、新たに建物が生じた日から1ヶ月以内に建物表題登記を申請しなければなりません。(不動産登記法第47条第1項)
この登記の申請を怠った場合には、10万円以下の過料に処されることがありますので注意が必要です。(不動産登記法第164条)

首都圏測量登記事務所より引用

阿部
土地家屋調査士が完成した建物の「各階平面図」「建物図面」などを作成し「どこにどんな建物が建っているか」を登記する一連の作業です。「

建物表題登記は土地家屋調査士の部門ですが司法書士に依頼すれば紹介してもらえるので我が家は司法書士経由でお願いしました。

阿部
建物表題登記は足場が撤去され水周りや内装のクロスを貼り終える頃が目安です。(図ではほぼ完成としていますが)ハウスメーカー担当者が教えてくれます。司法書士を自分で探す場合はこれより早めに準備を進めましょう。

住所変更前、旧住所で行って構いません。

旧住所で行っても良い理由

建物表題登記には所有者の住所や氏名も記載されます。

旧住所で登記した場合でも引渡時の所有権保存登記で「新旧の移動がわかる住民票」を添付して登記することで書き換えられる仕組みだからです。

建物表題登記の完了をもって交付される住宅用家屋証明書は、所有権保存登記の必要資料です。

別々に依頼すると面倒なので1人の司法書士経由で頼むとスムーズでしょう。

住所変更の流れと必要書類

同一市町村内に新築を建てた場合

今お住まいの同一市町村内に新築した場合、まず転居届けを今お住まいの役所に提出します。

必要書類は「本人確認書類(免許証など)・印鑑」です。

国保の場合忘れず保険証も持参します。

これ1回で同時に住所変更が可能です。

阿部
役所で引越しましたか?と聞かれるのではいと答えます。

同一市町村以外に住民票を移動する

今お住まいの市町村に「転出届」を提出します。必要書類は「本人確認書類・印鑑・国保の人は保険証」です。これによりが「転出証明書」交付されます。

「転入届」と「転出証明書」を新築を建てる役所に提出します。必要書類は同じです。

阿部
役所で引越しましたか?と聞かれるのではいと答えます。

所有権保存登記・抵当権設定登記の必要書類

これらの登記を司法書士に頼む際建築主が用意する必要書類は以下の通り。

  1. 印鑑証明書
  2. 住民票

※建物表題登記を別に頼んだ場合住宅用家屋証明書も必要です。

まず、新住所で所有権保存登記を行う場合「新旧の移動履歴が分かる住民票」が必要です。

同様に新住所で所有権保存登記を行う場合抵当権設定登記に使う印鑑登録証明書も新住所である必要があります!

必要な部数を司法書士に確認しましょう。

新住所の印鑑登録証明書の利用目的

役所の窓口で印鑑登録証明書や住民票を請求する場合「利用目的」を記載させられる場合があります。

私は一瞬戸惑いました(汗)

銀行提出とでもしておきましょう。突っ込まれませんし車のローンでも利用しますからね。

ローンとのかかわり

私はフラット35を利用したので「ローン実行日は引渡日」です。

私が利用した楽天銀行では、住宅ローンの金銭消費貸借契約書をかわすための必要書類は融資実行(=引渡し日)の13営業日前までに用意する必要がありました。

またその前に司法書士との面談も必須条件でした。

失敗談【超重要】住所変更前にやるべきこと

超重要です。

住所変更が行われると役所から確認書類が送られてきます。

この際ポストが無いと郵便局は配達しません。

私はこれで失敗しました。

郵便局に止めておいてくれたので助かりました。

配達先なしとして役所に返送されるとかなり面倒なことになります。

「氏名」「住所」を表記した簡易的なポストでもいいので必ず設置しておきましょう。

氏名が確認できない場合も配達されないからです。

もし今建物表題登記前の段階で外構の見積り手配が済んでいない場合ちょっと急いだほうが良さそうです。

ポストはもちろんですが駐車場の外構などは引越し後に行うとかなり不便だからです。

コンクリートの養生期間は10日前後必要なので、工事期間中10日くらい駐車することが出来なくなるからです。

これも失敗しました。余計な出費&保育所の送迎に苦労しました。

もし引越しと同時に外構を完成させたいなら今すぐ手配した方がいいですよ。

【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

2020年5月15日

新築が完成したら快適な生活が待ってますよ。

もう一分張り頑張ってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!