タウンライフ家づくり口コミ「こんな間取りがきました!」

こんにちは注文住宅建築真っ最中の美容師ブロガー阿部です。

注文住宅を建てる上で最初に行うのが資料請求ですよね。

資料請求となると一般的なのは

  • スーモ

が思いつくはずです。

家造りを進める上で気になるのが「間取り」。

間取りをハウスメーカーが無料で作ってくれたり、土地情報も案内してくれる

  • タウンライフ家づくり

というサービスを知りました。我が家は建築予定地があったのですが貸家の立ち退きが難航し土地探しを検討した時もありました。

  • 土地情報
  • 間取り

がもらえるならと資料請求しました。

今回はその時に感じた本音を記事にします。

タウンライフ家づくりとはどんなサービス?

タウンライフ家造りは

  • 資金計画
  • 間取り作成
  • 土地探しのお手伝い

を資料請求したハウスメーカーが行ってくれるサービスです。

まず

  • どのように資料請求したか

をまとめていきましょう。

タウンライフ家づくり「資料請求の仕方」

まずはタウンライフ家づくりにアクセスします。

タウンライフ家づくりの間取り作成サービス

 

 


入力は簡単です。

間取り無料作成画面

 

 


地域を選定することで対応するハウスメーカーが絞り込まれる仕組みです。

間取り条件入力画面

 

 


間取り作成依頼に抑えておきたいこと

子供が二人でそれぞれに子供部屋を用意する場合は2室、夫婦の寝室で1室で3LDKは必要になります。

子供部屋は4.5畳から6畳がオーソドックス。

4.5畳の場合収納を除いたフリースペースが4.5畳無いときついかも知れません。

最近は2つの広い空間

  • 9畳から12畳のお部屋

を将来区切られるようにする「スケルトンインフィル」という構造が主になっています。

ここでは単純にお子様1人に一室というお考えなら人数分で入力すれば良いでしょう。

お家の大きさはよくある建売住宅が32坪くらいのイメージです。

和室6畳確保するなら最低34坪は確保したいところです。

参考までに我が家は4LDKで述べ床34坪くらいです。

土地の大きさはどのくらい?目安はコレ

土地の大きさですが、35坪のお家を建てるのに、40坪あれば駐車場2台分は余裕で確保できます。

ただし庭は広く取れないというイメージです。

間取りの理想をぶつけてOK!その他の希望はたっぷりと♪

ここがポイントです。

間取りを作成してもらうために「通信欄」に詳しく詳細を記入することをおすすめします。

例えば

  • 土地の向きはどちら側が理想か(接続道路が南側か、東側かなど。)
  • 和室が必要なら4.5畳で良いのか、もしくは6畳欲しいのか?
  • 子供部屋は4.5畳で良いのか?6畳欲しいのか?
  • 寝室は何畳欲しいのか?
  • 書斎や家事スペースは必要か?
  • 脱衣場は何畳欲しいのか?
  • お風呂場は一階に欲しいか?2回に欲しいか?
  • ウォークインクローゼットは必要か?
  • 各部屋以外に収納が必要か?(廊下やリビング、脱衣場など)
  • 資金計画は「変動」「固定」どちらか?ボーナス支払いは有りか無しか?
  • 支払う年数は何年か?

最低これくらいは希望を入力しましょう。

和室を将来寝泊りの部屋にとお考えなら6畳確保をおすすめします。

子供部屋は4.5畳でも大丈夫ですが34坪ほどのお家なら6畳確保できるでしょう。

阿部
細かく要望しないとハウスメーカーも間取りにおこせないから思いつく限り要望しましょう。
間取りプラン

 

 


これで終了です。そんなに面倒な作業ではありませんね。

口コミ

無料の間取りプランは本当に送られてくるの?電話がかかってくる?

資料請求して翌日にメールでご連絡くださったハウスメーカーもあれば資料を送付してくれたハウスメーカーもありました。

阿部
電話連絡は0でした。正直気になったらこちらから電話するので「電話連絡がない」のは鬱陶しくなくていいですね!

メールの中身は

  • 土地に関する希望をお聞かせ下さい

ということでしたね。

我が家の場合建築会社は決めていたので「建築条件ありの土地」を紹介されても困るからこれはパス。

また2日とかすぐ資料を送ってきたハウスメーカーは「間取りなし」でした。

ひよっこ
「間取りを送る」って書いてるのに間取りを送ってこないの?
阿部
そうなんだ。これには正直がっかり。間取りプランを送ってくれたのが5社中1社だけ。
ひよっこ
ひどいねぇー!

はっきり言います。

オーダーメイドの間取りが欲しいならあまり期待しない方がいいですよ。

我が家の場合5社のうち1社だけが間取りプランをくれました。

「住友不動産販売」でした。

住友不動産販売の間取りプラン

資料請求から6日後に到着。

時間をかけて考えてくださったのでしょう。

 

 

 


住友不動産販売の間取り案


内装イメージまであって感動したのを覚えています。

ちゃんと

  • 和室6畳
  • ウォークインクローゼットが欲しい
  • 子供部屋6畳2室

などの要望に応えて作ってくれた間取りでした。

ひよっこ
住友不動産販売は好感が持てるハウスメーカーだね!でもさ、5社中1社だけだったらタウンライフ家づくりを使うか迷っちゃうね。
阿部
でもスーモには無い良いところがあるからそれを説明するよ。

土地探しから新築計画をスタートするなら「タウンライフ家づくり」

住友不動産販売は土地情報をたくさん送付してくれました。

住友不動産販売の不動産WEBサイト未公開の土地情報がたくさん。

仙台の土地情報


注文住宅を建てるにも土地が無ければ始まりません。

このサイトの売りは資金計画から土地探し、間取り作成までをサポートすることです。

住友不動産販売が私に紹介してくれたのは建築条件なしの土地ばかり

住友不動産販売の立場からすると

  1. 自社の注文住宅を自社の土地で建ててもらいたい
  2. それが駄目でも「建築条件なしの土地」を買ってもらいたい

住友不動産販売は土地が売れば手数料収入が得られるからです。

もし土地からお探しなら「住友不動産販売」にも資料請求することをおすすめします。

間取りプランも送ってくれた信頼できるハウスメーカーだと感じました。

資料請求するなら「タウンライフ家作り」がおすすめな理由

スーモと同じようにハウスメーカーに資料を一括請求できます。

しかしスーモの場合資料は三冊までという制約があります。

タウンライフ家づくりはそういったことはなく参考になる資料をたくさんもらえました。

住友不動産販売の資料

 

 

 

 


住友不動産販売はこれだけの資料をくれました。

もし他社に決める場合でも

  • インテリア
  • 壁紙
  • 間取り

などが参考になるはずです。

次は、ローコストでありながら気密検査を実施しているアエラホームの資料です。

アエラホームの資料

 

 

 

 

 

 

 


アエラホームやその他のハウスメーカーからも

  • 希望した中身に沿ったオーダーメイドの間取り

はほとんど送られてきませんでした。

もし土地をすでにお持ちでしたら土地情報を添付することでより多くの間取りがもらえるかもしれません。

そもそも土地も明確になっていないのに間取りを作るのは無理だと思うのです。

想像でしかない。

だから各社は

  1. 土地情報を送付
  2. メールで土地の希望をカウンセリングし紹介
  3. パンフレット内で間取りを提案

する等しながら家造りをお手伝いしようとしているのだと思います。

ひよっこ
間取りがもらえないという口コミは「土地も決まっていないからプランに落としこめない」ということが影響しているのかもね。
阿部
そうだね。でもやっぱりワクワクして待っている側からすると「各社からオーダーメイドの間取りがもらえる」と勘違いさせる作りは問題だと感じるね。

ハウスメーカーも

  • 土地が決まっていない人に対してオーダーメイドの間取りを作成する手間なんてかけていられない

というのが正直なところではないでしょうか。

つまりタウンライフ家づくりは「土地探し」をしている段階の人

  • ハウスメーカー各社から「土地情報」を提供してもらう(建築条件なしの土地は住友不動産からもらう)
  • 建築条件ありの土地情報が気に入ったらハウスメーカーに間取り作成依頼

と進んでいく。

一方、建築条件無しの土地が決まったり、すでに土地を持っている人の場合は土地情報を添付することで

  • 土地に沿ったプランを提供してもらい気に入った中から決定していく

こういう使い方をするにはとても優れたサービスです。

阿部
タウンライフ家づくりは「間取りがもらえない・利用価値ない」という評判や口コミを見かけるけど、要は使いかたということ。

あなたとご家族が理想とする家作りの参考になれば幸いです。

家作りに関する記事はこちらにまとめてあります。

注文住宅「間取り、ローン、ハウスメーカー選びまで!

2019年5月21日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!