建築中に過去最強クラスの台風襲来、家は大丈夫か?!

こんにちは注文住宅を建てた美容師ブロガー阿部です。

新居に引越し快適に過ごしています。

さて、今回は建築中に襲った台風についてです。

2019年(令和元年)10月11日から13日にかけて東海地方から、関東・東北地方にかけて過去最大級クラス「台風19号」の被害に見舞われました。

我が家はちょうど建築中でして、とても心配でしたが大丈夫でした。

我が家が施されていた対策を紹介します。

あなたがもし建築中で不安でしたらこの記事を参考にご担当の現場監督に相談してみましょう。

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました
35坪の家づくり【まとめ】

建築中に台風が来たけど大丈夫なの?!

建築の段階

我が家が台風に襲われた時は上棟が終わっていました。

新築にサッシが搬入


10月7日初めてマイホームの中に入った時の様子。

サッシは搬入されていました。


棟木
上棟は済んでいたので屋根はついてます。

建築と金物


新築ハイサイドウィンドウ


我が家のハイサイドウィンドウです。

台風前はサッシの取り付けはまだでしたね。

建築現場養生シート
このように台風前はクギやネジ等の散乱防止ネットが張られていました。

台風対策

そして、2019年(令和元年)10月12日夜から13日明け方にかけて、台風19号が襲来しました。

全国各地で河川の氾濫が起きました。

幸いにも、我が家の近隣河川では氾濫は起きず被害は免れましたが、もはや過去の安全神話など当てにならない時代になりました。

我が家も早めの避難を心がけました。

皆様もどうかご安全に。

さて、私は、台風直前は仕事で現場に顔出しできませんでした。

工務店を信頼していたのと、通勤時車道からチラッと覗いて見えるので台風対策をして下さっているのは分かっていました。

外壁

サイディングはまだでしたが、透湿・防水・防風シートは完成していました。

さらにサッシも設置済み。

雨に濡れないように急いでやって下さったのかも知れません。

仙台では最大瞬間風速30.4メートルを記録するなど恐ろしい台風でした。

建築中の台風対策透湿防水防風シート

建築中の台風対策バルコニーの防水
ここはバルコニー部分。

この部分にはブルーシートが張られ、木で固定されていました

雨の浸透を防止する意味でしょう。

阿部
木材がむき出しの部分等にブルーシートが施されているか確認しましょう。

さらに足場に設置されたネットが束ねられていました。

阿部
ネットが風を受けると足場毎倒壊する恐れもあるので確認しましょう。

所詮われわれ施主は建築の素人です。

心配なことは遠慮せずに現場監督や大工さんに質問するなどしてしっかり対策を依頼しましょう。

あなたのマイホームがご安全に進みますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!