上棟し屋根も完成しました

こんにちわ、新築真っ最中の美容師ブロガー阿部です。

とうとう我が家も屋根がかかり外観が見えてきました。

今回は基礎工事に次いで骨組みができあがったていく様子をご紹介しましょう。

上棟から屋根

前回は、基礎工事が完了した様子をご紹介しました。

基礎工事スタート!「流れ&所用期間」実例で紹介します。

2019年8月30日


これが我が家の基礎。

高基礎なので一般的な住宅より高い基礎になっています。

基礎パッキン工法

土台が完成し日々進む家造り。

現場にお邪魔してみたら、基礎パッキンが施工されてました。土台と木の間にある樹脂が基礎パッキンです。


ひよっこ
基礎パッキンって何のためにするの?
阿部
床下の換気を良くするんだよ。また土台からの湿気が基礎に伝わらないから、基礎コンクリートがひび割れたりするのを防ぐ効果もある。床下換気口を作らないから「害虫」とか「雨水」の侵入を防ぐ効果もあるんだ。

そして、いよいよ土台に柱を立てていく段階です。



ひよっこ
オー!とても進んだねー!
阿部
現場を見ると、大工さんってすごいなぁーって思うよ!


阿部
この空間は階段になる所。イメージが付くからワクワクですね♪


上棟(じょうとう)しました!

この後、上棟が終わり屋根が付いてました。

毎日行けないのと、日が短くなり夜に行っても見えないのが残念ですが。


このように屋根がかかっていました。

これで雨がふっても安心。

上棟までに小雨が降りましたが、床面になる木材にはビニールがかかっていました。

そういうものなのでしょうかね?

細かい配慮が有難いですね。

上棟の意味

はじめて注文住宅を建てると、

  1. 「棟上(むねあげ)」
  2. 「上棟(じょうとう)」

なんて言葉を良く聞きます。

ところで、どの段階のことなんだろうって思いませんか?

棟上も上棟も同じ意味で、「棟木(むなぎ)」が取り付けられた時のことを意味します。

棟木とは
棟木とは屋根の一番高い位置にくる材のこと。つまり屋根のとんがり部分の平行方向に施工される木材って意味ですね。

実際内部にいったら写真をとって解説しましょう。

注文住宅の「あれこれ」は全てこちらにまとめてあります。

注文住宅失敗したくない人必見!ハウスメーカー選びから土地購入、借入、建築、引き渡しま

2019年5月21日

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!