シャギーってどんなスタイル?サイドレイヤーをご紹介します。

こんにちわ、美容師ブロガーの阿部です。

今回はシャギー、サイドレイヤーをご紹介しましょう。

ひよっこ
サイドレイヤーのサイドってどこのことなの?レイヤーって何?!
阿部
サイドとは顔周りのことだよ。レイヤーとは段のことで、説明すると長くなるから、知りたかったらこっちの記事を見てね

段カットって何ですか?図解で解説

2016年8月19日

シャギーとはこんなスタイルです!

あえて短い前髪から、長いもみあげまでをつないで極端なレイヤーをつけてみました。

このようなお顔周りが「シャカシャカ」になっているスタイルを「シャギー」といいます。

例えば、後ろはボブのまま。前からシャギーをつける場合、サイドレイヤーと言ったりします。
このように前髪が短くて、もみあげが長い状態です。

このように短い髪の毛と長い髪の毛をつなげていきます。

長さが急激なので、滑らかにつなげて切るのが難しいんですよ。

必ず前髪ともみあげをつなぐ必要は無いんですよ。

前髪は短くして、前髪横の髪の毛を少し長めにして、その髪の毛ともみあげをシャギーにすることも可能です。

一緒に相談しながら決めていきましょう。

次はもみあげと耳の後ろの髪の毛のバランスを設定します。

ここも急激にするために前方に持ってきてカットします。

襟足の長さをどのくらいにしたいかを相談しながら決定します。

全体のバランスを決めたら、後方まで段をつけるため前方に引いてカットします。

このように引けば顔周りは段が付いて、後方はボブのままの丸みを残すことが出来ますよ。

顔周りも同じように前方にひいてカットします。

これで顔周りがシャギー、後方はボブのままといったスタイルを作れます。


レイヤーという段は、ツムジ方向の髪の毛が短くて、もみあげが長い構成です。

そういう段構成にすると、このように後方に流れを作りやすくなります。

この写真はブローしただけ。

ホットカラーというものでセットした写真です。

後方への毛流れができています。



頭頂部に段がつくということは、ボリュームが出やすくなるということです。

前方から見ると、このように頭頂部への高さを出すことも可能ですよ。

後頭部もすっきりしたい場合は、全体にレイヤーを入れて軽いスタイルにすることも可能です。

スタイル選びの参考にして下さいね。

ではまた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!