白髪を染めない選択肢

こんにちわ、美容師ブロガーの阿部です。

当店のお客様は、50代以上の女性がほとんどです。

特に60代以上のお客様が多いので、

  • いつ白髪染めを辞めようか・・・
  • 一ヶ月で1cm伸びてくる・・気になるから染めない訳には・・・
  • 目立たない方法ないのかな?

なんて声を聞きます。

一方で、40代から50代の女性のお客様は

  • 白髪が目立ってきて・・・どうしたらいいんだろうか

とか

  • かぶれるから白髪が目立つけど染められない・・・どうしよう

なんて方もいらっしゃいます。

そこで、今回は、白髪染めについて色々な角度から記事にしたいと思います。

グレイヘアーが流行語になり、白髪を染めず、ありのままの姿で生きるという選択も広がりつつあります。

  • 白髪は隠すもの

という認識から、現在は、白髪をぼかしたり、白髪を活かすという選択肢を取るお客様も増えてきました。当店のお客様も、少しづつ取り組みはじめています。

白髪をぼかす

白髪が目立つ理由なんだと思いますか?それは

  • 白髪は明度が高く(=明るい)、黒髪は明度が低い(=暗い)

ため、黒髪に混じって白髪が一本でもあると、コントラストがつき目立つためです。

そこで、白髪をぼかす方法は、髪の毛の全体を、明るくみせることです。

例えば、こちらの写真のように、髪の毛表面に明るい髪の毛を意図的に作ります。

そして、全体は、白髪染めのお薬を使わずに、おしゃれ染めのお薬で染めます。

おしゃれ染めで白髪は染まりませんが、明るい毛束があることで、白髪がぼけて、目立ちにくくなります。

 


白髪を活かす

例えば、顔周りに白髪が多い場合、白髪をデザインにすることも可能です。

こちらの写真は、金髪部分を白髪だと思ってみてくださいね。

ここまでたくさん残す必要も無いのですが、白髪をアクセントとして、デザインに活かすこともできます。

白髪を隠さなくては・・・という意識に囚われず、こんな選択もありなのかも知れません。

残した白髪すべてを白くする以外に、ヘアマニキュアを塗布して、鮮やかに染めることも可能です。

ケーススタディ

黒染めをしていて、伸びてきた白髪が気になる

黒染めをすると、根元の白髪が伸びてきた時に、黒と白でコントラストが強いため、とても目立ちます。

さらに、黒染めした髪の毛は簡単に明るくならず、明るくするにはブリーチ(脱色)が必須です。

全体に行うと髪も傷みますし、現実的ではありません。

そこでおすすめなのが、

  • 表面に明るい毛束を作って、全体を明るく見せる

という選択です。(先ほど紹介した、白髪をぼかす手法です。)

それと同時に、根元の白髪は今までより(毛先より)少し明るめで染めます。

次回は、さらに根元を明るめにし、明るい毛束を増やす等し、序所に全体を明るく見せていくことで、黒染めから明るい髪色に移行することができます。

黒い髪の毛に数本の白髪が光って目立つ・・・

白髪染めはこれまでしていなかったけど、そろそろ染めないといけないのかな・・・。

そんな方は、白髪染め以外に、こんな選択もあります。

例えば、この写真のように、髪の毛表面に縦に筋状の明るい毛束を作り出します。

この毛束があることで、白髪がある場合でも、目立ちにくくなります。

これも白髪をぼかす手法です。

頭皮がかぶれて白髪染めが出来ないの・・・

ヘアカラーには、一般的なアルカリカラー以外にも、頭皮につけない「ヘアマニキュア」というカラーもあります。

ヘアマニキュアは髪の表面にしか吸着しませんので、黒髪はそのままですが、白髪を色鮮やかに染めることも可能です。

もちろん、暗めで染めることも可能ですよ。

白髪が少ない場合、白髪に染まった色が、ハイライト(先ほど紹介した写真の明るい毛束の部分)となっておしゃれに見せることも可能です。

エッ?知らなかった!白髪染めを長持ちさせる「本当」の方法とは?

2016年8月13日

オーダーの仕方

こういった技術は「ハイライト」と呼ばれています。

「ハイライトを表面に入れたいのですけど」とオーダーすれば伝わると思います。

ただし、結構難しい技術なので、やっていない美容室もあるかも知れません。

当店では、白髪染めのお客様に、5枚程度(一枚300円で、+1500円程度)ハイライトを表面に入れたりしています。

美容室Cut House Soh|女性専用サロン

2018年5月16日

微力ながら、白髪の悩み解決の手助けになれば幸いです。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!