リビングに最適なテレビを考える!視聴距離とインチ

こんにちわ、美容師ブロガーの阿部です。

さて我が家の家造りですが、まだ始まっていません!

「おいおい、まだかよっ!」という声が聞こえてきそうですが(汗)

ようやく土地の測量に伴う立会いが終わりまして、現在法務局の終了待ちなんです。

さらに、地盤改良絶対不可避だと思っていたのですが、奇跡が起きました!

地盤良好らしく改良無しで地盤保証を付けてくれるとのこと!

よっしゃー。思わず叫びますね、コレは(笑)予算取りしてた70万円浮きました。

地鎮祭の日取りも決まり、ようやく動いた感がでてきました。

ところで皆さんリビングに最適なテレビサイズって考えてますか?私はテレビっ子なので、重視しています。

今回はそんな話です。

テレビっ子にとって、どの位置にテレビを置くかは死活問題です。(おおげさ)

まずは外光による映り込みを避ける方法について考えました。

外光による写り込みを避ける

まず窓とテレビの位置って大事ですよね。

我が家の場合、こんな間取り。LDKは14畳です。リビングクローゼット入れたらもっと広くなると思います。

さて、この間取り図は古いバージョンでテレビの位置も仮だったのですが、この間取り図通り

  • 西側に設置

または、間取り図面ソファがある側

  • 東側に設置

で迷っていました。


東側は採光を考えてハイサイドウィンドウになる予定なので、その下に、壁付けでテレビを置くことが可能なんです。

テレビ配置の鉄則って?

  • 間取り図の南側、吐き出し窓を背にする位置にテレビを置いた場合

ダイニングやキッチンからテレビが見えていいなぁと思ったんです。

でもその場合、外光に向かって座るため、眩しいからNG。

そもそもスペースも無いですけど。

  • 窓と対面する位置にテレビを置く場合

このパターンだと、キッチン側にテレビを置くことになるので我が家ではありえませんが、窓と対面する位置にテレビを置くと、外光がテレビに差し込みやすくなります。

景色も映りこみやすい状態ですね。

ひよっこ
ってことは、テレビはどう配置するのが理想的なの?
阿部
窓に対して90度に置くのが一番理想的。あとはカーテン等で調整するしかなさそうだね。

東側に壁付け

こうなると、我が家の場合、東側か西側、南東、西南のコーナーに絞られてきます。

南東コーナーにおけば、どこにいてもテレビが見える。

ただしコーナーに置くと、デットスペースが生まれるし、ホコリもたまりやすい。

そこでスペースを活かすことも考えて、東側に壁付けすることにしました。

これなら、和室からも見える・・・。

どこからも見えることにこだわる男。

 

ハイサイド下になるので、朝は眩しくないのかなぁ・・・とちょっと心配。

でもテレビを見る時間はほとんど夜なのでここは妥協しました。

実際設置したら、使用感がどんな感じかご報告しますね。

テレビの視聴距離・インチの選び方

これからは4Kテレビが主流になると思うので、4Kテレビの視聴距離を調べました。

4Kは画像が綺麗だから近づいても違和感が無い。

・距離は「画面の高さ」が基準
・4Kの場合 画面の高さ×約1.5倍
・フルハイビジョンの場合 画面の高さ×約3倍
・視聴距離が短いほど視野角が拡がり、迫力の映像が楽しめる

ビエラ 画面サイズの選び方

我が家もビエラも購入検討リストに入っていますが、例えば

  • 49インチの場合、画面の高さは69.4cmだから、最適な視聴距離は104.1cm(69.4×1.5)
  • 55インチの場合、画面の高さは77.0cmだから、最適な視聴距離は115.5cm
  • 65インチの場合、画面の高さは89.4cmだから。最適な視聴距離は134.1cm

ということになりますね。

視聴距離を離した方が良いイメージがありましたが、離れればよいという訳ではなく、最適な距離を選択するのがベストですね。

テレビの高さ

壁につけるとなると、高さも重要になります。

画面が上方で見上げる状態だと、肩が凝りそうですね。

理想、最適とされるのは、テレビの中心を見たときに少し目線が低くなる高さと言われています。

ビエラ 画面サイズの選び方

このことから、ソファの高さを考慮した上で、テレビボードや、壁付けの高さ位置を決めることが重要ですね。

ソファや、テレビを購入したら実際のサイズ感もアップします。

お楽しみに。

注文住宅「間取り、ローン、ハウスメーカー選びまで!

2019年5月21日

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!