美容師辞めたいけど不安【10人の転職成功者にインタビューしてみました】

こんにちは阿部です。

ひよっこ
美容師辞めたいと思ってる。でも転職できるのか不安でしょうがない。

美容師辞めたい人はどんな仕事についているのかな。

自己PRとか志望動機はどのように伝えらいいだろう。

実体験があると参考になるんだけど。

この記事の内容

元美容師の転職実例10選

※クラウドワークスというサービスを使い元美容師さんに実際にアンケートを取った結果です。

美容師辞めたいけど不安【10人の転職成功者にインタビューしてみました】

まずは元美容師10人に聞いた転職実例を紹介していきましょう。

【営業職】に転職を果たした24歳女性元アシスタントのOさん

阿部
美容師を辞めたのは入社してから何年目ですか?
Oさん
1年以上は勤めていましたが、2年目に入る前に辞めました。
阿部
辞めたきっかけは?
Oさん
プライベートの時間がかなりないのと、あったとしても休みが友達と合わないから遊んだりできなくて。それが限界で辞めました。
阿部
転職の際、志望動機とか自己PRはどのように伝えたんですか?
Oさん
「私は、目配り、心配り、気配りがモットーです。これは前職と学生時代のアルバイトで築きあげました。様々なお客様がいるなかで何を目的としてるのか心配りをし、スタッフの方が心地よくしごとできるよう気配りをし、変な待ち時間がないか目配りをしてきました。御社でも活かしていきたいです。」こんな感じです。
阿部
素晴らしい自己PRですね。業界が違う場合でもやり方次第で営業職に転職することができるのが分かりました。ご協力ありがとうございました。
使った転職サイト

リクナビ

【一般事務職】に転職した39歳女性元アシスタントのMさん

阿部
Mさんは美容師アシスタント歴はどのくらいでしたか?
Mさん
3ヶ月未満です。
阿部
辞めたきっかけは?
Mさん
手荒れが酷くなってしまって。
阿部
3ヶ月未満の経歴で一般事務職への転職はハードル高そうですけどどうやって自己PRしたのですか?
Mさん
前職は3ヶ月と在籍期間は短かかったですが「お客様と会話する時に目を見る、ゆっくり話す」ことを学びました。これからは事務職として事務能力を高めていきたいです。

こんな感じで自己PRしました。

阿部
なるほど、3ヶ月未満で辞めたことを素直に認めた上で事務能力を高めていきたいと前向きな姿勢を伝えたのが良かったんですね。手荒れはやむを得ない事情だし、それを転職先でも理解して受け入れてもらえたのかも知れません。

ご協力ありがとうございました。

使った転職サイト

ハローワーク

リクナビ

次はスタイリストに転職したお二人へのインタービューです。

【一般事務職】に転職した29歳女性Iさん元スタイリストの方です。

阿部
Iさんはスタイリストで辞めたんですね。長年お勤めだったんですか?
Iさん
3年以上は勤めていました。
阿部
辞めたきっかけは?
Iさん
まず労働時間が長いのと結婚を考えてた人は土日がお休みでした。

お休みが合わないと二人の時間が取れないし、将来結婚して子どものことも考えると結婚後も働きやすいお仕事に転職したいと考えました。

阿部
どのようにアピールしたんですか?
Iさん
「美容師業界の知識・経験、接客を通して培ったコミュニケーション力を活かして電話対応や資料作成などの業務を速やかに習得し、事務の業務を通して貴社の成長をサポートしていきたいと考えています。」このように伝えました。
阿部
仮に転職先の業界が違っても培ってきたコミュニケーション力は共通ですよね。「速やかに習得し貴社の成長をサポートする。」というのが採用担当者の心に刺さったのかも知れませんね。ありがとうございました。
使った転職サイト

ハローワーク、タウンワーク

次は趣味・特技を上手に活かして転職を果たした事例を紹介します。

【レストラン】に転職を果たした50歳女性元スタイリストのNさん

阿部
Nさんも長年美容師やっていたんですか?
Nさん
私も3年以上勤めていました。
阿部
辞めたきっかけは?
Nさん
結構、忙しいお店で予約制でないために、お昼時にお客様が来ると、
うれしい反面、お昼抜きとかお昼が夕方になるとかでストレスがたまりました。

それに加えてお客様でヘアースタイルにうるさくて面倒なお客様の対応が嫌になり辞めました。

阿部
レストランは異業種ですが経験はあったんですか?
Nさん
飲食関係は全く働いたことはなかったんです。

でも料理は得意だったのと、レストランなら接客の経験を活かせるなと考えました。

阿部
得意なことを転職で活かせた素晴らしい例ですね。将来に悩む美容師さんにはとても参考になったと思います。

ありがとうございました。

使った転職サイト

地元の求人雑誌

ではここからはダイジェストでアンケートの答えだけをまとめて紹介します。

【ホテルのキッチンスタッフ】に転職を果たした24歳男性Sさん元アシスタントの方です。

美容師を辞めたのは何年目ですか?

1年以上は頑張ったものの2年目を前に辞めました。

美容師を辞めたきっかけは?

同期との差を感じて自分には才能がないと思い辞めました。

志望動機&自己PRはどのように伝えましたか?

志望動機は「料理を作ることが大好きなのでキッチンで働きたいと思い志望しました。」ですね。

自己PRは「私は小さい時から料理をするのが好きでよく母のお手伝いをしていました。料理に対する思いなら誰にも負けません。」こんな感じです。

【法人営業】に転職を果たした39歳男性元アシスタントKさん

美容師を辞めたのは何年目ですか?

1年以上、2年未満でした。

美容師を辞めたきっかけは?

拘束時間が長く、上下関係も厳しかったからです。

自己PRはどのように伝えましたか?

人に関わる仕事をしてきたことや、サービスの大切さを理解し実践してきたこと、厳しい環境下で自分を磨いてきたことが自己PRでした。

使った転職サイト

リクナビ

DODA

【家具製作】に転職を果たした32歳男性Rさん元アシスタントの方です。

美容師を辞めたのは何年目ですか?

1年以上2年未満ですね。

美容師を辞めたきっかけは?

カラー、パーマ液、シャンプーの施術による手荒れの為に美容師を辞めました。

自己PRはどのように伝えましたか?

美容師をしていたので手先は器用です。その器用さを生かして立派な家具職人になりたいとアピールしました。

使った転職サイト

ハローワーク

【建設業】に転職を果たした32歳男性Rさん元アシスタントの方です。

美容師を辞めたのは何年目ですか?

2年以上は勤めていましたが、3年目を前に辞めました。

美容師を辞めたきっかけは?

毎日とにかく不規則でしたし、昼ご飯もまともに食べられない、朝は早く帰りは深夜になる、この繰り返しで辞めようと思いました。

自己PRはどのように伝えましたか?

元々忍耐強い方ですし人の嫌がるようなことでも楽しみを見つけて動けることをPRしました。

この他美容師アシスタントを3年以上続けたものの、接客業が好きになれず、手荒れも辛かったため、受付事務に転職したAさん。

「未経験ですが新しい分野で再スタートを切りたい」と熱意をアピールしたそう。

3年以上勤めあげた点も評価されたんでしょうね。

その他残業代が出ないことが不満でアシスタントを1年で辞めたSさんは、運転が得意なことを活かして配送業に転職したとのこと。

好きなこと、得意なこと活かして転職できた良い例ですね。

ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

美容師辞めたい⇒転職先は「経験を活かす」または「得意なことを活かす」が吉

経験を活かす

美容師歴が最低でも1年以上ある方はコミュニケーション力をアピールしている場合が多かったですね。

また接客業で培った「気配り・目配り・心配り」はどんな業界でも通用するため上手にアピールしている人が多い印象です。

得意・好きを活かす

例えば運転が好きだから配送業へ転職、美容師の手先の器用さをいかして家具職人等得意なこと・好きなことを転職先選びの参考にするのもありですね。

未経験でもOK。問題はすぐに戦力になるという気持ちを伝えられるか

未経験の業種へ転職を果たした人も少なくありません。

どなたも「熱意」と「即戦力になるために働く」という姿勢をアピールした結果でしょう。

誰でも最初は未経験な訳ですから「未経験でもすぐに習得できるよう努力し戦力になれるよう努力します」こんな姿勢が大事ですね。

経験年数別対策

3ヶ月未満で辞めた場合

例えば多いのが手荒れです。

手荒れで辞めても転職を果たしている方はいるので問題ないですね。

ただしどなたも当たり前ですが「言い訳していません」。

3ヶ月で辞めた事実はどうしようもないことなので事実を素直に認めた上でどう頑張れるかをアピールすることが大事です。

1年以上勤めていた場合

厳しい環境下で投げ出さず続けてきたことはPRできそうです。

逃げ出したという印象を与えないように

  • 仕事から得たこと
  • 前向きな転職であること

このあたりを上手に伝えることが大事ですね。

利用した転職サイトは?

営業職に転職したお二人はリクナビやDODAを使っていたとのことでした。

また地元情報誌やハローワークを使っている方も多いですね。

どれも無料で手に入る情報なのでまずはオンラインで「リクナビ」「ハローワークインターネットサービス」、オフラインでタウンワーク等で検索することから始めるのが良いでしょう。

⇒⇒美容師転職サイト4選【異業種へ挑戦しよう】

なお美容師辞めたいと悩んでいる方のために参考になる情報はこちらに全てまとめてあります。

【注意】美容師辞めたい⇒即退職はリスク大!理由別アドバイス10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!