仙台袋原の美容院50代以上大歓迎♪ショートヘアカタログ

こんにちわ、仙台で美容師している阿部です。

 

50代以上の女性のお客様から

  • 若い女性がモデルのヘアスタイル写真は、なんかピンとこないのよね・・・

なんて話を伺います。

さらに

  • モデルがかわいいから何でもかわいく見えるわよね

なんてのも。

 

そうですよねぇ。

結局ヘアスタイルで大切なのは

  • 私(あなた様)にピッタリなヘアスタイル

を見つけることに尽きると思うんです。

そう!「あなた様の定番ヘアー」です。

 

そのために私は

美容師とお客様の信頼関係を前提に「お客様のご要望」&「美容師のアドバイス」をすり合わせ「相談」しながら理想的なヘアスタイルを一緒に作り上げる

ことが大切だと思うんです。

 

そこで、当店で実際に施術したお客様の

  • バックシルエット
  • サイドシルエット

の撮影にご協力を頂き、実際のヘアスタイルをご紹介します。

さらに

  • どのように似合わせを考慮したか
  • 希望にどう対応したか

等も併せてご紹介したいと思います。

 

お客様の年齢に関係無く、

  • このようにして理想的なヘアスタイルを作りだしているんだなぁ

と参考にして頂ければ幸いです。

 

  1. 私が施術したお客様のみ掲載しています。(年齢も様々で50代以下の方もいらっしゃいます。
  2. お客様のプライバシーに配慮して、顔が映らないようにしています。
  3. 映ってもいいよ!という有難いお言葉を頂いた場合でも、横顔がちらっと写る程度に留めています。
  4. 普段のいつも通りのお仕上げ状態を、撮影して掲載しています。

 

ではご覧下さい。

 

カットハウス創袋原店 ショートヘアカタログ

前下がりグラデーションボブ(重め)

前下がりラインとは、襟足が短くて、もみあげが長いアウトラインのシルエットを言います。

このくらい襟足を短くカットします。

段構成がボブという思いシルエットなので、毛先は削ぎバサミで軽さをだしています。

段って何?!って方はこちらの記事がおすすめです。

2018年レイヤースタイルが流行?ヘアスタイルの段について解説!

 

こちらのお客様のご要望で

  • 削ぎすぎると艶が無くなって嫌

ということもあり、襟足は軽めにし、他の部分は毛先に軽さが出る程度に削いでいます。

削ぐ量もお客様のお手入れのしやすさを考慮して相談して決定します。

襟足からお顔方向へアウトラインが長くなっているのが分かると思います。

またアウトラインに沿って

  • 段差も前下がり

にカットしています。

これにより毛流れが前方に流れやすくなります。

ご要望

以前

  • 右の耳後ろの毛がハネやすいんです

というご相談を伺いました。

このお客様は、右サイドの段を軽くすると、はねやすいことが分かったので、以後、段差を重めにしてハネにくいカットにしています。

このように数回カットして、お悩みを共有しながら理想的なヘアスタイルになるようアドバイスしたり、施術していきます。

S様!撮影にご協力ありがとうございました。

分け目をぼかしたパーマ&カラースタイル

  • 分け目が目立つのが嫌

結構多い悩みです。

そんな時は、分け目を隠すようにギザギザに髪の毛を分け取りながら、パーマをかけます。

実際のヘアスタイル写真をご紹介しましょう。

左側の分け目をぼかしています。

髪色は8明度のナチュラルです。

ナチュラルとは、日本人が多くもつ髪の色身(赤)を打ち消すカラーの色で、白髪染めになります。

また色が取れやすい(褪色しやすい=明るくなりやすい)ので、

  • 微アルカリカラー(一般的にトナーと呼ばれます)

をかぶせて、2度染めしています。

毛先に負担が少なく、色持ちを向上させる効果もあります。

ご要望

このお客様がはじめていらっしゃった時のご要望は、

  • 耳後ろの髪の毛が前から見えるのが嫌

というものでした。

そこで耳前を前下がりにして襟足を短く切る事で耳後ろの髪の毛を短くし、悩みを解消しました。

それから、現在に至っては、耳を出すカットになっています。

手グシで整えられる程度のパーマは、お手入れも楽チンです♪


似合わせポイント

  • お顔の輪郭に併せてサイドに丸みを施すカット

にしている点です。

正面から見ると、

  • 頭頂部に高さ
  • お顔のやや四角い輪郭を、髪の毛が作る丸いシルエットでカバー

することで、お顔にマッチするヘアスタイルにしています。

S様!撮影にご協力ありがとうございました。

サイドをすっきりショートカット

ご要望

今回ご紹介するお客様は、当初、ご希望のシルエットにならず当店にご来店。

昔のご自分の写真をお持ち頂き、

  • こういう感じにならないかな?

とご相談頂いたお客様です。

その写真から、お顔の輪郭をシャープにするのがお好みであることが分かり、それ以来、定期的にカットにご来店くださっています。

バックは骨格に併せて、襟足がしまるようにしています。

後頭部の骨格が張り出しているため、軽めの段構成にし、ボリュームの位置を高めにしています。

顔周りも、後頭部同様、輪郭をスッキリさせる段構成でカットしています。

S様!撮影にご協力ありがとうございました。

後頭部にボリュームが欲しい

こちらのお客様は、とてもかたい髪質で、パーマをかけてボリュームを出しています。

  • かかりにくい髪質
  • かかりやすい髪質

によってパーマのお薬は使い分けます。

またお手入れが

  • 手グシで整える
  • クルクルドライヤーで整える

かによってもお薬を使いわけます。

さて写真をご覧下さい。


いつもは、耳に1cmかかる程度の長さに留めていましたが、今回ご要望で、耳を出すスタイルに変更しました。

後頭部にコンモリとしたボリュームが欲しいお客様なのでバックススタイルはこんな感じになります。

バックにボリュームを出す場合でも

  • 襟足はしめる

ことが重要です。

シルエットにメリハリがでるからです。

ゼッペキの場合は?

後頭部に張り出しがない骨格の場合、バックシルエットが平らになる場合があります。

その場合は、段構成を工夫して丸みを出す工夫が必要です。

 

I様!撮影にご協力ありがとうございました。

襟足を長めにし、ペタっとタイトにしたい

ご要望

今回のお客様は、襟足の髪の毛を長めに残し、首にペタッとつくように、タイトに仕上げたいというご要望のお客様です。

 

後頭部の骨格が扁平だったり、生え癖がなければ、レイヤーというすっきりする段をつければ簡単に解決しますが、誰もがそうはいきません。

 

例えば

  • 骨格がでっぱっている場合
  • 生え癖で浮き上がる場合

 

だから皆、悩むんですよね。

 

そう、このお客様も、耳後ろの髪の毛が浮き上がるクセをお持ちです。

  • 思い切って耳後ろの髪の毛を短く切って、上の髪の毛をかぶせてみますか?

そして仕上がったのがコチラ。

実は、耳後ろの髪の毛を分け取ってみると、1cmくらいに切り込んでいる部分があります。

(※この写真からは、上の髪の毛がかぶさっているので分かりません)

 

でも、前後からの毛流れがつながるように切っているので違和感ないですよね?


こうして、お客様のお悩みによって最善なカットを相談しながら作り上げていきます。

後ろはこんな感じ。

耳後ろあたりから引き締まっていると思います。

こちらのスタイルの特徴は、「レイヤー」というシルエットがスッキリする段を1cmづらしながら3段重ねています。

このようにカットすると

  • 削ぎバサミをあまり使わなくてもスッキリする(バサバサになりにくい)
  • 伸びてきてもシルエットが膨らまない
  • ウルフカットのように頭頂部の毛が短くなりすぎない

こんなメリットがあります。

H様!撮影にご協力ありがとうございました。

 ベリーショート(襟足刈り上げ)

襟足をさっぱりさせたい!!

という要望は、女性の方にも多いです。

そんな方におすすめなので、襟足を少しだけ刈り上げるスタイル!

こちらのお客様は「できるだけスッキリしたい」というご要望がありました。

そこで、襟足のみ刈り上げるご提案をさせて頂き、最近は、このヘアスタイルが定番です。

襟足部分だけなので、違和感ないと思います。

また、襟足部分に骨格の張り出しがあるので、その位置まで刈り上げることで、伸びてきた時にもたつかないメリットもあります。


耳周りもスッキリ出したいというご要望でこのようにカットしています。

E様!撮影にご協力ありがとうございました。

スッキリショートレイヤー

毛量が多いお客様です。

できるだけ軽いスタイルがご希望でショートレイヤーというスタイルでカットしています。

 

 

 


毛量が多い場合、カットで軽さを出さないと伸びてきた時にすぐ重くなります。

そこで段をしっかりとつけて軽いスタイルにすることが大切です。

特にこちらのお客様は、頭頂部の髪の毛が多いのですが、根元から削ぎハサミを入れすぎるとお手入れがしにくくなるため、ハサミで間引くように削いでいます。

(インナーレイヤーとかインナーストロークなんて呼ばれます。)

 

ペタッとなるようにハサミで間引くことで、シルエットもすっきりさせています。

また、要所にスライドカットという手法を用いて、毛束感がでるようにカットしています。

Y様!撮影にご協力ありがとうございました。

ショートカット&エアウェーブ

ショートカットにエアウェーブという手法でパーマをかけボリュームを出したスタイルです。

頭頂部をご覧下さい。

鏡が透けて見える部分は、根元が立ち上がってボリュームが出ている部分です。

 

これを

  • 「難しいブローいらず」「手グシで簡単に実現」

できちゃうのが、エアウェーブの魅力なんですよ。

パーマは、アルファベットのC字にかけています。

どういうことかと言うと

  • 髪の毛の根元から、毛先までがCの形にパーマがかかっている

ということです。

 

すぐとれちゃうんじゃない?!

 

一般的なパーマは、すぐとれちゃうから、C字では無く、S字にかけます。

でもエアウェーブは、写真の通り、C字のままでも

でろーん

とならず、ふんわりボリュームがでます。

二ヶ月前にパーマをかけても、まだふんわり残っていたから恐るべしエアウェーブ。

ご要望

こちらのお客様のご要望は、

  • 右側の分け目をぼかしたい
  • つむじが割れないようにしたい
  • パーマが強いとお手入れできないから、ゆるくかけたい
  • ゆるすぎると、前髪が落ちてくるから、大きなカールでもしっかりかけたい

こういったご要望でした。

分け目は、ジグザグにしてぼかしました。

つむじはどうしても分かれるので、試行錯誤し、ようやくパーマをつむじに向かってかけることでカバーできました。

  • 大きなカールでしっかりパーマ

これを実現するために、エアウェーブをご提案し現在に至っています。

 

「ゆるいからツムジ割れるのはしようがないわよね・・・」

「ゆるいから前髪落ちるのはしようがないわよね・・」

と何回か試行錯誤しながら、ようやくご満足頂けるヘアスタイルに辿り着いたと思います。

サイドからのボリューム感も充分です。

O様、写真撮影にご協力いただきありがとうございました!


くびれのあるショートカット

 

 

 


写真では、立体感、特にくびれが分かりにくいですが、襟足をしめて、その上の部分にふくらみを持たせたショートカットです。

襟足を、軽いレイヤーという段構成にして、その上をグラデーションという丸みが出る段構成にすることでメリハリのあるシルエットになります。

ご要望

  • サイドがハネる

こちらのお客様は、サイドの髪の毛の段構成を軽くしすぎるとハネるクセがあります。

そこで、サイドは、はねにくい段構成にしています。

S様、写真撮影にご協力ありがとうございました!

刈り上げから前下がりグラデーションボブ

 

 

 

 

 


ご要望&似合わせポイント

いつもはベリーショートで耳も出しているお客様ですが、今回は耳は隠れるくらいにしてみたいとのこと。

お顔の輪郭に丸みを持たせた方がお似合いになるお顔立ちなので、

  • サイドにはグラデーションという丸みの付く段

にしています。

  • 従来よりスッキリ

ということで「刈り上げてみますか?」とご提案。

「お任せするわ」とのことで、サイドの丸みに合わせて後頭部にも丸みを出して、襟足を少し刈り上げてお仕上げ。

 

我ながら、かっこよく仕上がったかな(笑)

S様、ご協力いただきありがとうございました!

襟足を短くしてかぶせたワンレングスボブ

 

 

 

 

 

 

 

 

ご要望

こちらのお客様は、

  • 耳の後ろの延長線上より上をハーフアップにして、襟足をスッキリさせたい

というご希望でした。

そこで、表面の長さ(写真で見える長さ)よりも、襟足の部分だけ2cmほど短くして表面がかぶさっています。

写真からお分かり頂けるように、かぶせているのが分からないし、違和感が無いと思います。

サイドシルエットも綺麗に前下がりラインが出ています。

カラーリング

カラーリングは、赤味をほどほどに感じるナチュラルブラウンで根元伸びた分をカラーリング。

最後に、寝ながら微アルカリカラーを毛先中心に塗布しています。

毛先に使った色は、ルビーカッパーという色鮮やかな赤みを感じる赤銅色です。

 

  • 乾かした時にフワッと色が見えて綺麗

とリピートして頂いています。

 

このように、お客様のご要望はそれぞれですので、ご希望に合わせて相談しながら、オーダーメイドのカットをご提案いたいます。

 

K様、いつもありがとうございます!&写真にご協力ありがとうございました!

前下がりシルエット ショートレイヤー

 

 

 

 

 

 


ご要望

  • 暖かくなってきたので襟足はスッキリしたい
  • 頭頂部にもボリュームを出したい

お客様の中には、季節に応じて、長さを変える方も少なくありません。

例えば

  • 冬、襟足の長さがあった方が暖かいので少し長め
  • 暖かくなってきたら、短め

といったオーダーにも対応しています。

頭頂部にボリュームを出すには段をつけて、頭頂部の髪の毛を短くしなければなりません。

襟足をスッキリさせながら、後頭部から頭頂部にかけてボリュームを出すために段をつけています。

顔周りにはボリューム感を残したいので段を前下がりにつけています。

N様、ご協力ありがとうございました!

重さを残したショートカット

まずは写真をご覧下さい。

 


ショートカットといっても、すべてが軽いスタイルだけではありません。

例えば、こちらのお写真のように、襟足は軽さを出して引き締めて、後頭部にボリューム感を出すこんなショートカットもありです。

こちらのお客様はご希望の写真(スマホ)をご持参頂き、参考にしながらカットしました。

ご希望

写真からご希望を整理しました。

  • 前から見た時のシルエット → サイドに丸みが残っていて、前髪が厚め
  • 後頭部のボリュームの位置が低い
  • 耳より1cm長いくらいの長さ
  • 襟足はスッキリ軽め
  • 耳後ろもスッキリ

と想定します。

しかしお客様によって骨格は様々。

 

写真通りにカットしても、写真のようにならない場合があります。

参考までに、具体例をご紹介しましょう。

もみあげの処理

例えば、もみあげの長さは人それぞれなんです。

もみあげが長い方っています。

ご紹介しているお客様もそうです。そういった場合、耳にかぶる髪の毛の長さを短くすると

  • もみあげの生え際がでてきて変

なんてことも。

こちらのお客様のご希望も同様でしたが、ご説明し、写真より少し長めに設定しました。

襟足の長さ

耳の後ろから襟足までの長さ。

実はこれも人それぞれなんです。

今回ご紹介するスタイルは襟足が長い方は簡単ですが、ご紹介したお客様は襟足が短い方。

そこで

  • 後頭部のボリュームの位置を上げる

といった工夫が必要になるんです。

そこで後頭部センターの髪の長さを短めにして、サイドにかけて前下がりに段をつける工夫を施しました。

それと、耳後ろをスッキリさせるために切り込む工夫も。

仕上げ

こういった要素を考慮しながら、写真に近い、そして骨格に見合ったカットを検討しています。

最後にお出かけとのことなので、ホットカラーで巻いて仕上げました。

次回はパーマをかけてくださるとのこと。

またご紹介させて頂ければ幸いです。

 

A様、いつもありがとうございます&お姉さんご紹介頂きありがとうございました。

またお待ちしています!

お店のご案内

料金など詳細はこちらのページにまとめてあります。

美容院Cut House Soh|女性専用サロン

口コミ情報はコチラにまとめてあります。

口コミあり!仙台市太白区の美容院をお探しなら「CutHouseSoh」へ

白髪染めのカラーリング記事はこちらにまとめてあります。

仙台<50代以上の女性大歓迎>白髪染めが得意な美容院です。

 

随時追加していきます。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!