【フラット35アルヒ】ネット銀行ってこんなに大変なの?デメリットを理解して上手に使おう

こんにちは!美容師ブロガー阿部です。

我が家は2020年1月に完成したのですが住宅ローンはネット銀行を使いました。

ネット銀行は金利や事務手数料が安いメリットがある一方デメリットもあるんです。

そこで今回は私の実体験をお伝えしてネット銀行の上手な使い方を解説しましょう。

フラット35をネット銀行で借りてみた

我が家は楽天銀行でフラット35Sの住宅ローンを組みました。

すでに取引のあるメインバンク(地銀)でもフラット35の取次ぎを行っているものの「つなぎ融資」をしていない銀行でした。

それなら

  • 金利が安い
  • 事務手数料が安い

ことにひかれてネット銀行として

  1. アルヒ
  2. 楽天銀行
  3. イオン銀行

の中から決めることにしたのですが・・・。

フラット35を取り次いでいるネット銀行【アルヒvs楽天vsイオン】

ひよっこ
なんでアルヒと楽天、イオンを選んだの?
阿部
やっぱりネット銀行の場合、窓口がないと不安だったからアルヒとイオンのどちらかにしようと最初は考えてたんだよ。まさかこの不安が的中するとは・・・。

まず我が家がたずねたのがイオン銀行でした。

しかし担当者の知識がイマイチでした。

さらにイオン銀行は自社で取り扱う変動金利をどうしても売りたいがためにそっちに誘導してきます。

  • 「フラットって言っているの、変動変動ってしつこい」

うんざりして辞めて帰ってきました。

フラット35の取り扱い窓口になっているのだから、せめて最低限の知識くらいは身につけていて欲しいものです。あとから自分で調べたら、受けた説明に誤りもありました。

アルヒでなく楽天を選んだ理由

ひよっこ
残るのはアルヒと楽天。なんで楽天にしたの?
阿部
これは単純で私が依頼する工務店の担当者さんが、アルヒとのやりとりが大変だったという話を聞いたからで。書類の要求が厳しいとかいってたかな。
ひよっこ
それで楽天に?
阿部
そう。もともと楽天銀行に口座があった。住宅ローンの手数料も金利もだいたいどこも横並びだし、だったら楽天銀行にしようってことにしたんだ。

【フラット35】住宅ローンをネット銀行で借りるデメリットとは?

こういう経緯で楽天銀行に決めてさっそく事前審査をすることにしました。

ネット銀行だから家から簡単に事前審査をすませることが出来るのが良いですね。

その後本審査にすすみ仮承認をもらいました。

ひよっこ
楽天銀行って本当に一回も銀行員と顔合わせないで融資してもらえるの?
あべ
そうだよ。銀行担当者とは、メール、電話、FAXだけのやりとりで完結するよ。ただし融資実行日前に楽天銀行が指定する司法書士と面談が必要なんだ。
ひよっこ
そうなんだ!それなら、家にいながら進むから楽チンだね!
あべ
そうでも無いんだ。窓口が無いことのデメリットは大きいんだよ・・・。

ネット銀行で住宅ローンを組むデメリットその1【意思疎通が難しい】

ネット銀行でフラット35を借りてみて感じたデメリットは

  • 「書類の不備、不足時」が大変なこと

です。

特に事情が複雑なご家庭の場合注意が必要です。

我が家も

  1. 接道が私道
  2. 土地の地主が2人(親と叔父)

でした。

権利関係が複雑な土地に建築するため事情が複雑なのはわかるのですが

  • 私道の登記簿謄本を後から要求される
  • 私道の地主の承諾書を後から要求される
  • 地主の承諾書に記入する「私道の面積の出し方」について担当者毎に見解の違いがある
  • 印鑑証明が不要と言われたり、あとから必要と言われたり混乱する

などのトラブルが多かったです。

阿部
楽天銀行ご担当者が悪いという訳ではなく「メールや電話」のみのやりとりのため意思疎通がうまくいかない場合があるんです。

同じ図面を見ながら説明すれば簡単なことですが、電話やメールだけで状況を共有するのは結構難しいと実感しました。

書類不備があると、なぜ大変なの?
例えば土地の登記簿謄本が必要だから最初に法務局に行って取得してきます。その後、他の謄本が必要となれば再度法務局に足を運ばねばいけません。何回行ったことか・・・。

デメリットその2【書類の訂正が大変】

提出書類を銀行に郵送したあとご担当者さんに

  • 「○○部分を訂正してください」

といったことが起きた場合

  1. 訂正する資料が返送される
  2. 訂正する
  3. 再び郵送するorFAXする

こういった一連の流れも面倒でした。

窓口があれば目の前で相談しながらその場で訂正して終わるのになぁと思いましたね。

デメリット3【電話応対がスムースにいかないストレス】

これは私が利用した楽天銀行のコールセンターの対応についてです。

是非とも改善してもらいたいのですが例えば

  • 書類の不備があります
  • 追加提出してもらいたい資料があります
  • つなぎ融資の書類を送りました
  • つなぎ融資の実行確認の電話です

などネット銀行との電話のやりとりは無くてはならないものです。

しかし、仕事中にネット銀行から着信があった場合、仕事で出られないこともありますよね。

すぐ折り返せねばと思いコールセンターに電話します。

しかし楽天銀行の場合

  • 混雑してつながらない
  • 電話はpm5時まで

と制約が多すぎるんです。やっとつながっても

  • 「分かるものが他の電話に応対中」でまた折り返します

というパターンもありました。

これは本当に改善した方がいいと思いました。銀行員専用の携帯電話を支給するなりして、スムースなやり取りを整えるべきだと感じました。

フラット35をネット銀行で借りたメリット

金利や手数料が安いのが最大のメリット

アルヒや楽天銀行は金利&手数料は業界でも最安値に近い数字です。

地銀などは、同じフラット35でも金利が高い場合もあります。

ネット銀行は手間がかかったり面倒な点もあります。

しかし人によっては35年という長期間借り入れるため金利負担が大きいので金利が低いのは大きなメリットです。

ネット銀行で住宅ローンおすすめは「アルヒ」

私がネット銀行を選んだことによって感じたデメリットをうまくカバーしているのが

  • アルヒ

です。

今思うと、我が家も工務店に遠慮せずアルヒにすればもっと楽だったかなぁと思います。

アルヒも金利や手数料は安いですし、全国各地に窓口があるアルヒですから

  • いざという時窓口で相談できる

のは大きなメリットでしょう。

地域によっては日祝も相談可能な上に、日曜祝日が定休日でも土曜日のみ相談窓口があるのは心強いですね。

電話応対も楽天銀行は17時までですがアルヒは19時までと遅くまで相談可能です。

ARUHIはフラット35を専門に取り次いでいるので、フラット35について担当者が詳しいのも安心できますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!