意外!部屋干しに最適な場所はココ!

こんにちわ、仙台で美容師している阿部です。

今回の家造りブログは

共働きのご夫婦必見!

「部屋干しに最適な場所」

についてです。

我が家が採用した、意外な案とは?

 

※注文住宅に関する記事を家造りの流れに沿ってまとめてあります。

<注文住宅の相場は?>家造りの流れに沿って費用も公開

 

では記事をどうぞ。

部屋干しに最適な場所は?

我が家は共働きなので、基本的に、夜洗濯です。

日中外に出せるのはお休みの日くらい。

 

そこで家造りを始める前に妻と相談したのが

  • 部屋干し場所をどうするか?

ということ。

 

これは懸案事項でした。

スポンサーリンク

部屋干しの場所

一般的には以下のパターンが考えられます。

  1. お風呂場(浴室乾燥機を利用)
  2. 脱衣場に干し姫を装着
  3. サンルームを作る
  4. 場所が無くて、普段使わない和室とか、カーテンレールに・・・

あらかじめ検討しておかないと

いざ干す場所が無い!!

 

カーテンレール行き

 

となる訳です。

そこでそれぞれを検討してみた。

浴室乾燥機(暖房機)

最近のユニットバスには、お風呂場に洗濯が干せる機能が付いているものも。

※だいたいオプションで追加料金がかかる。

 

これで良いよねー・・・

 

と最初は適当に考えてました。

しかしよくよく生活シーンを考えると・・・

 

夜洗濯物干して、お風呂入って・・・

邪魔じゃん!

 

ということに。

脱衣場

脱衣場に置くのも、お風呂入る時間をバッティングするから邪魔だよねぇ

という結論に。

※干し姫というのは、天井から物干し竿が下りて来て干せるものです。

サンルーム

これは予算的にも、スペース的にも無理。

スポンサーリンク

 

部屋干しに意外なおすすめ場所は階段だった!

一部屋物干し用にする?

・・・でもそうすると、せっかくの部屋が勿体ないしねぇ・・・。

 

でも必ず必要だよね!と夫婦で相談していたのでした。

 

担当する建築士の花坂さんに相談したところ、階段はどうですか?と。

仙台でおすすめの工務店|花坂ハウス工業に決めた理由は?

 

階段?!

  • 上昇気流で風が常に発生するから乾きやすいんだとか!

へーーーー!

 

なるほど。

 

さすがプロ。

目からうろこだった私達夫婦。

 

天井から吊るす物干し竿を2階の階段ホールスペースにつければいいんでは?とのこと。

 

さらに階段スペースの真上は吹き抜け状態になるのでデットスペースになる。そこをうまく利用すれば歩くのにも邪魔にならないとのこと。

 

夫婦で関心しちゃいました。我が家はこの案を採用することにしました。

デメリットは?

階段を上っていくという余計な動線が発生するのがデメリットです。

まぁ、これは私が持っていってあげればよいこと。

 

年をとったら一階にサンルームを増設しても良いし、当面はこれでいこうということになりました。

湿度が心配。カビないですか?

今の我が家(平屋の賃貸)は、カビ臭いんですよ!

 

除湿しても駄目。

家の構造的な問題かなぁ。

 

そこで相談すると

和紙を壁紙に使えば良いですよ!」

とのこと。

 

さっすがー。

これでカビ問題も大丈夫そうです。

実際の間取り図は?

以下に修正前の間取り図が掲載してあります。

西玄関実例あり!理想の間取りはこう作る!

 

さらに上記の記事に収納計画を見直したのがコチラ。

最新版です。

クローゼットや押入れの最適な「幅、奥行き」とは?

 

 

理想の間取り図を考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク