もう大丈夫!2歳イヤイヤ期の乗り越え方

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

我が家には5歳になる息子がいます。

  • 「魔の二歳児」「悪魔の三歳児」

なんて言葉があるくらい我が家の息子もそれはそれは大変でした

我が家が実践した魔の二歳児のイヤイヤ期の乗り越え方をご紹介しましょう!

「イヤイヤ期のお買い物は地獄」こうして乗り越えました!

お店に入る前に言い聞かせる

店内に入ると

  • 1人で走り出す
  • 買ってくれないなら床に寝て動かない

などが想定されます(笑)

こんな状況でしょうか。我が家もそうでした。

そこでおすすめなのが「入店前」に言い聞かせることです。

阿部
例えば一緒に手をつないで歩こうね!と入店前に子供がどうしたら良いか教えてあげるのが効果的!

子供の意思を勘違いしている時もある

おもちゃ屋に行ったときのこと。

トミカを購入に行ったのですが、他のコーナーに目が行って少し遊んだあとのこと。

トイザらスの入り口へ駆けだす息子。

意味不明で止める私。

  • 抱っこしようとすると、イヤイヤイヤー

床に寝そべりました。

  • イヤイヤ!ブップー

方向を勘違いしたらしい。 

子供は車コーナーに戻ろうとしたが私は帰ろうとしたと勘違いしたようです。

大人から見て意味不明でも子供なりにイヤイヤの理由がある場合もあるようです。

阿部
子供の意思を決め付けてかからないのは大事です!

あらかじめ終わりを伝え

  • これ一回やったらもう終わりだよ。分かった?

あらかじめ終わりを伝えるのは効果的です。

役割を与えてみる

例えばレジのお姉さんにカードを渡す役割を与えるなどが効果的。

 お菓子用の小さいカゴを与える

役割と同じですが、スーパーには、子供のお菓子用の小さいカゴがあります。

それを子供に持たせるのも効果的。

走り出しそうになるのも好奇心旺盛で興味があるため何か見たいのかも知れません。

買い物リストを見せて一緒に探して子供のカゴに入れさせるのも効果的ですよ。

イヤイヤ期の乗り越え方「気持ちを理解してあげる」

休み明けの朝は着替えが大変でした。

おむつ交換に抵抗する2歳児。

むすこ
おむつ このままでいいの!
阿部
おむつ こんなに重くなっているよー。もれてくると気持ち悪いよー。交換しようよ
むすこ
いやだぁー!!
阿部
ブッブだよーほらぁ!!かっこいいねぇ!!

朝は時間が無いので気をそらせながらささーっと着替えを済ませようとします。もちろん息子は絶叫。

むすこ
パジャマのままでいいのー!ウェーン!

今になって思えば、休み明けで保育所に行きたくなかったんですね。

だから着替えたくなかったんだろうなぁと。

朝だと時間が無くて焦って無理矢理やりたくなりますが

  • 保育所行くの嫌だよね?一緒にいたいよね。

など子供の気持ちを理解してあげる努力をしてあげればよかったと思います。

イヤイヤ期「歯磨き」はゴッコ遊びにしちゃいましょう

2歳児はたった一回の歯磨きでさえ大泣きするものです。

息子も

  • うぎゃー!うわあぁー!!

ご近所さんに虐待してると思われるような勢いで泣きわめいていました。

そんな時おすすめなのが歯医者さんゴッコです。

阿部
○○さん!お入り下さい。今日はどうされましたか?
むすこ
わはは!
阿部
お口検査しますね?うーん、ばい菌やっつけますよ!

なんて具合に遊びにしてみて下さい。

我が家は素直に乗ってきましたよ。

イヤイヤ寝ない!そんな時の対処法

一定のリズムで体をトントンしたり、寝息を意図的に聞かせるのも意外に効果的です。

そもそも寝室に行かないパターンの時は順位を争う遊びにしちゃいましょう。

1番ママ!

というように、速さを競ってみるのが効果的ですよ。

お風呂に入りたがらないのも同様です。

イヤイヤ期の乗り越え方まとめ

スーパーで床に寝転がられたり、騒いだりしてもう嫌!

他人から「なんだあの子供、躾がなってない」などと思われてるのかなぁとか不安になりますよね。

そして何より

「この子は将来ちゃんとした大人になるのだろうか?こんなに暴れて変なんではないか」

と心配になったり。

ましてワンオペ育児では愚痴もこぼせず、頼りになる人もいず辛いことでしょう。

でも、2歳児には普通のことなんですよ。

躾とかそんな問題じゃないです。

今わが子は5歳になりましたがちゃんとお着替えも1人でしますし、歯磨きも1人でできるようになりました。

イヤイヤとスーパーで寝転がることも無いですしちゃんと我慢できるようになりましたよ。

お子さんが思い通りにならないことに苛立ちを感じますよね。

思い切って子供を自分の思い通りにしようとすることを辞めるのも大切ですよ。

子供も一人の人間で成長してきたんです。

1歳は赤ちゃんですから大人の思い通りになりますよね。でも2歳頃になると自分の意思が出てきて反抗するのは当たり前です。

放棄するのではなく、気持ちを理解して導いてあげてください。

主張を聴きながら。

今振り返るとこれがとても大切だと感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!