【住宅展示場の見方】しつこい営業をかわすコツと歩き方とは?

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

これから家造りスタートですか?

最初に思いつくのが

  • 資料請求
  • 住宅展示場訪問

ですよね。

そこでこれから初めて展示場に行くって方のために

  • 展示場の見方
  • しつこい営業のかわしかた

などをまとめました。

この記事を参考に効率よく展示場を回りましょう。

住宅展示場訪問の流れは?

まず展示場の仕組みからお話します。

展示場には

  • タマホームなど「単一企業の住宅展示場」
  • 積水ハウス・セキスイハイム・一条工務店など大手ハウスメーカーが集まった「複数企業の展示場」

があります。

後者の場合「ハウスメーカーではなく展示場を運営する事務所」が集客業務を行っているので

  1. 展示場運営会社でのアンケート
  2. 個々のハウスメーカーでのアンケート

が要求されます。

阿部
GWやお正月など大型連休は「来場記念品」などが充実。ただし2棟以上見学&アンケート必須といった条件があります。

また、住宅展示場運営会社以外にもハウスメーカー独自の来場記念品もあります。

息子が喜んだのは一条工務店でもらったトミカですね。ドライフルーツなんかももらえました。

住宅展示場に行くと

  • アンケートを依頼される
  • 内見する
  • ハウスメーカーの売りの説明を受ける

という流れです。

キッズコーナーがほとんど完備されていたり「子供用お菓子&ドリンク」なども出されます。

どのハウスメーカーも子供ウェルカムなのでお子様連れでも安心して訪問して下さい。

ひよっこ
でもさぁ、一棟毎に時間がかかるんだよねー。
阿部
そうなんだよ!だからおすすめは事前に資料請求してハウスメーカーの「本命」をある程度絞り込んだ上で展示場にいくのがおすすめだよ。
注文住宅建築中の方必見

  • ローコスト住宅ハウスメーカーの選び方のコツ
  • ネット銀行を使った住宅ローン
  • 間取り作成
  • 火災保険

などハウスメーカー選び・お金のこと・間取り作成まで注文住宅に必要な知識は全てコチラにまとめてあります。

ローコスト住宅丸分かり「間取りからローン・高品質なハウスメーカー選び」まで徹底解説します!

2019年5月21日
 

住宅展示場の選び方

住宅展示場を見学するのはとても楽しいものです。

ですが1棟見学するのにまともに時間をかけると1時間はかかります。

できるだけ効率的に回りたいもの。

そこでおすすめは事前にたくさんのハウスメーカーや工務店に資料請求することです。

例えば家の性能で選ぶなら「気密・断熱性能」が高いお家に資料請求しましょう。

大手だからといって性能が高いとは言い切れず中小工務店でも良い家を作ってくる工務店は存在するので幅広く検討しましょう。

気密・断熱についてはコチラの記事にまとめてあります。

【ハウスメーカー】夏涼しく冬暖かい家にするには?必要なのはズバリこれだった!

2019年11月2日

宮城県で実際に私が行ってみた会社をまとめました。

仙台ローコスト住宅ランキング後悔しない選び方

2017年10月29日

もし土地から探す場合はこちら記事を参考にして下さい。

【土地の探し方】建築条件なし・ネット非公開情報はこうして入手する!

2019年1月22日
阿部
たくさんのハウスメーカーに資料請求しハウスメーカーの売りをつかみましょう。土地が無い場合は早めにネット経由で情報収集を始めましょう。

では住宅展示場の見方についてまとめていきます。

住宅展示場に行く前に「間取りを事前に検討しておく」必要性

「部屋が何部屋欲しい」「和室は必ず欲しい」といった最低限の希望があるじゃないですか?

住宅展示場に行く前に家族で話し合っておくことをおすすめします。

それを元に「フリーソフト」や「方眼紙」等で間取りを作るのも良いですし資料請求ついでに間取プラン集をもらったり希望を伝え間取り図作成を依頼しましょう。

ラフでも良いんです。

「あなたの理想のお家は延べ床○○坪の家」という概要をつかむのが重要です。

阿部
理想を明確にすることで住宅展示場で「延べ床○○坪だといくらで建てられますか?」といった質問もできますよ。そのためには事前に借り入れ額を想定することも重要ですね。

これが明確になっていないと住宅展示場にいっても「あー素敵」で終わっちゃいます。

理想のイメージを持った上で実際の住宅展示場と比較してみるんです。

  • 10畳はこのくらいの広さなのか
  • 玄関はこのくらいの広さが欲しいな

と理想のイメージと比較してみるのがおすすめです。

住宅展示場のしつこい営業をかわすには?

資料請求し本命をある程度絞ったとします。

しかしできるだけたくさんの展示場を見ることで

  • ハウスメーカー独自の収納の工夫&参考になる間取り

に出会うことも少なくありません。

そこでしつこい営業をかわすには

  • GWやお正月など大型連休

に住宅展示場に行くのをオススメします。

空いている時に展示場に行くと営業マンも手が空いていますので熱心な営業を受けます。

阿部
本命のハウスメーカー以外は混雑する大型連休がおすすめ!

そんな時こそ、営業マンの姿勢が垣間見られる時がありますよ。

以前連休時に訪れたら結構な人でした。

その結果ゆっくりと見学できました。

また

  • 「予約してんのに、なんでこんなに待たされるのよ」

と打ち合わせに来ていたらしき人が文句を言っている場面にも遭遇しました。

お金とったら後回しかよってちょっと思いました。事情がどうかは分かりませんがね。

混雑時だからこそ、色々と見えることもあるものです。

詳しく話しを聞きたいハウスメーカーならこちらかアプローチすればいいだけですし子供連れなら大型連休はイベントも多くおすすめですよ。

【住宅展示場の見方】

豪華絢爛さに騙されない!

住宅展示場に行くと

  • 「わぁー、素敵!いいわねー」
  • 「吹き抜けの開放感がいいわねー!」

立派なベットや、チェスト、ダイニングセットやグラス。

それはそれは、おしゃれなインテリアコーディネート。

でも現実に戻りましょう!

だいたい巷に建っている建売住宅は延べ床32坪程度が多いです。

もっと小さいところもありますけど。

4LDK+和室とかだと34坪とか35坪とかそのくらいのサイズ感だと思います。

(部屋の大きさによって変わってきますけど)

住宅展示場はこれらよりはるかに大きい50坪とか内装も豪華絢爛に出来上がっておりますのでどうか騙されないで下さい。

阿部
あなたが理想とするお家の規模を明確にして「床面積が近い住宅展示場」を参考にするのが一番現実感がありおすすめですよ。

便利なアイデアを収集する

各社様々な収納アイデアだったり、工夫が施されています。

例えば

  • 干し姫

洗濯物を吊るすための天井吊りの仕組み

  • キッチン奥に小さい土間スペース

野菜などをおける勝手口連結の小さな土間スペース

  • 家事スペースや、パソコンコーナー

リビングやキッチン付近の小さなコーナー

  • リビング収納とか、独自の収納アイデア

「あ!これいいねっ!」ってアイデアはメモしておくと後から家造りの際の参考になりますよ。

キッチン形状を観察する

キッチンには

  • アイランドキッチン
  • 対面キッチン
  • 壁付けのキッチン(L字型やI型)

があります。

対面キッチンは、キッチンの上に吊戸棚があるのと無いのとでどのように視界が変わるかなどを観察すると自分の好みが分かるかも知れません。

また手元を隠すキッチン前のちょっとした目隠しも重要だったりします。

実際に動いてみて生活を思い描くと

  • 「アイランドキッチンはイメージは良いけど実際は無いな」
  • 「L字キッチンのコーナーは絶対物置になるよな」

といったイメージがわくはずです。

標準かオプションかを確認する

ハウスメーカーには「標準設備」と「オプション」があります。

住宅展示場は?

だいたいオプションです(笑)

だって、豪華にしたいんですからね。

実際に家を建てたいなぁと思っている会社なら「標準とオプション」について聞いてみるのもいいかも知れません。

どこまで標準でつくんですか?と。

これはオプションですよと教えてくれると思います。

床材を見てみる

床に使う素材って、大きく分けて「無垢材」と「フローリング材」があるのですがその会社はどちらを使っているかを見てみるのもいいと思います。

無垢材は呼吸するから伸縮しますが香りが良くて暖かく私は好きです。

実際に床材を見たり、触ったりして、どちらが好みかを検討するのもいいですよ。

また住宅メーカー選びにも大きく影響する要素ですよね。

金額の質問は総額でしましょう

買う側として一番気になるのは

  • 総額いくらあれば建てられるか?

ですよね。

住宅展示場に行ってもどこにも書いてありません。

それは聞くしかありません。

しかしここで大切なのは、「総額・コミコミ」でどのくらいになるかを確認することですよ。

住宅だけではなく人を見ましょう

住宅展示場に行って住宅ではなく人を見るってのも変な話ですが最後は「人」だと思うんですよね。

営業マンが「住宅設備(例えばキッチンとかトイレとか住宅設備)」しか説明しないのはどうかと思いますし(「家」を買う訳ですから)営業マンが「家」について詳しく説明できないのもどうかと思います。

他社の悪口も論外ですし誠実な営業マンでないと後々打ち合わせも大変です。

調子のいい営業マンではなく誠実な営業マンが見つかるよう色々な会社を回ってみてください。

完成見学会情報をゲットしましょう

気に入った会社があったら是非完成見学会情報をゲットしてきてください!

完成見学会とは実際にその会社が建てた家を一定期間公開するものです。

展示場と違って実際に建てた家は現実感があったり実際の大工さんの仕事も見えます。

構造見学会などを開催している会社も要チェックです。

またコスト削減で住宅展示場には出店せず完成見学会を展示場がわりにしている会社もあります。

そういうハウスメーカーが実は狙い目だったりします。

豪華絢爛な住宅展示場そのお金どこから融通していると思います?

それは家を建てるお施主さんが支払っている訳ですよね。

広告宣伝費もたくさんかかれば家自体の価格も高くなりますよね。

ネームバリューだけでなく本質を見極めて良いお家作りの参考にして下さい。

では楽しい住宅展示場巡りを!ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!