ワンレンとはどんな髪型?顔の形に合わせた似合わせの方法も

こんにには、美容師ブロガー阿部です。

今回お送りするのは、ワンレンです。

ワンレンって聞いたことあるけどどんな髪型?そんな疑問にお答えしていきましょう。

ワンレンとはどんな髪型?

ワンレンとは、ワンレングスの略です。

ワンレングスとは頭頂部の髪の毛が襟足の髪の毛のアウトラインまで届いている状態を言います。

ワンレン解説図

 

ワンレングスカットウィッグ


 

より分かりやすいようウィッグ(お人形)でもカットしました。

指でつまんでいる髪の毛がアウトラインまで届いていますよね。

このように上の髪の毛が下のアウトラインまで届く髪型を「ワンレン=ワンレングス」と呼びます。

ワンレンの特徴「ボリュームの位置」

では、次の写真もご覧下さい。

ワンレンカットのボリュームの位置


阿部
このお人形で一番ボリュームがでているのはどこだと思う?
ひよっこ
アゴの下から首?かなぁ。
阿部
その通り。ワンレンは「ボリュームの位置」が低くなるよ。

ワンレンは頭頂部の髪の毛が一番下まで届きます。

その結果、ボリュームの位置が一番下にきます。

ワンレンカットはどうしたら似合う?

先ほど説明した通りワンレンはボリュームが低い位置に出てました。その点から以下のことが言えます。

  • 面長さん

面長さんは顔が長く見えるのが嫌ですよね。そのため「高さ」が出るヘアスタイルは似合わせにくいです。

ワンレンは横方向にボリュームを出すことが可能ですから、「ワンレングス」は似合いやすい髪型です。

面長さんのワンレン
髪の長さは「アゴ」から「肩上」の範囲内で設定すると良いですよ。肩下にすると目線が縦に行きやすいから面長さんを強調してしまいます。
  • 丸顔さん

丸顔の場合横方向にボリュームを出すと、余計丸さを目立たせてしまいます。

丸顔さんは「縦」に長く見せるのが似合わせのコツですよ。

もし丸顔さんがワンレンにしたい時は

  • 前からの印象を少し縦長に操作するようオーダー

するのがおすすめですよ。例えば

  • ワンレンベースで顔周りにだけシャギーをつける
  • 前髪を斜めに流す

などがおすすめですよ。

ワンレンのバリエーション

ワンレングスカットにも実はバリエーションがあります。

  • 前下がり
  • 前上がり
  • 水平

と3つに分けられます。

今日ワンレンを記事にしたのは

  • 「3ヶ月前にワンレンにしたお客様がご来店して、ハネなくて扱いやすかったです」

とお褒めの言葉を頂いたからなんです。

なぜハネにくかったのか、それはちょっと工夫を施したからなんです。

ワンレンのバリエーションと関係があるので以下の写真をご覧下さい。

ワンレン前下がりライン

ワンレン前下がり前上がりミックスライン

最初の写真(後ろから)は、やや、真ん中から左右へ少し前下がりになっているの分かりますか?(ほんの少しv字)

ほんの少し傾斜を付けて毛先がなじみやすくしているんです。

横から見ると分かりやすいと思いますが、

後方から耳辺りまでは前方に向かって下がっていますよね。

このようなカットラインを

  • 前下がり

と言います。

椅子が見える方がお顔側ですが、こちらから耳辺りまでは後ろに向かって下がっていますね。

このようなカットラインを

  • 前上がり(後ろ下がり)

と言います。

今日来たお客様は

  • 前上がり+前下がり

をミックスしてカットしたんです。

扱いやすくて良かったようで何よりです。でも何故ハネにくかったのでしょうか?

髪の毛流れ

ハネない理由を知るのには、ちょっとお耳に入れて欲しい知識があるので、ご説明しますね。

  • 髪の毛って、基本的に短い方から長い方へ流れるんですよ。

知ってましたか?

例えば前髪を考えてみて下さいね。

流したいほうへ少しづつ長くしますよね?

こうすることで髪の毛が流れやすくなるんです。

先のワンレンも同じで

  • 後ろ下がりにすると後ろへ流れやすくなる
  • 前下がりにすると前方へ流れやすくなる
  • 前からの毛流れと後ろからの毛流れがぶつかる点を肩辺りに持ってきてハネにくくする

こういったことを考慮してのことなんです。

髪の毛は肩にぶつかってハネることも多いのですがこのアウトラインだと肩でのハネを抑える効果もあります。

ワンレンのカット技法「内切り」「外切り」と外はね

最近は、ワンレンにして、外はねにするのが流行っていますね。

ルーズカット的な(笑)

基本的にカットは綺麗にしたいので雑にバサバサはしたくありません。

でもはねさせたいなら、

  • 外切り

という方法がありますよ。

内切り

今まで紹介した写真は全て「内切り」というカット技法を使っています。

表面より内側がほんの少し短くなるように切ることを言います。

そのためにはカットする際に目線を下げて、指を内側にずらすように切らなければいけません。

まとまりが良いのが特徴です。

外切り

一方「外切り」とは指を外側にずらして切ることで表面側が少しだけ短くなります。そうすることで毛先が暴れて、ハネやすくなります。

あとは、ハネやすく削いだり、アイロンで外ハネにすれば出来上がり。

お手入れを考えたら内切りで手入れしやすい方がいいよなぁとは思いますが、若い20代の方などはチャレンジしてもいいかも知れませんね!

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!