「シャンプーの選び方」美容師が徹底解説します。

こんにちわ美容師ブロガー阿部です。

今回のテーマはずばり「シャンプーの選び方」です。

ちょっと専門的になりますが、できるだけわかりやすく書くので参考にして下さいね。

シャンプーの選び方徹底解説!

お店に行ってもシャンプーの種類がたくさん!何を選んだら良いか分からないよ。
そうだよね。シャンプー剤には、それぞれの売りや特徴があるから、髪質や頭皮環境によって使い分けると良いんだよ。

シャンプーの特徴から選ぶ

例えば、

  • くせ毛を落ち着かせたい
  • カラーの色持ちを良くしたい
  • パーマのかかりを維持したい
  • ボリュームを出したい

こういう点から選ぶのもありです。

でもさ、くせ毛用でも市販の安いシャンプーもあれば、高いシャンプーもあるよね?あの違いはなんなのさ?
界面活性剤の違いなんだよ。
界面活性剤ってなに?
例えばフライパンの油汚れは、お湯だけ で綺麗にできないよね。髪の毛の油汚れ(皮脂とか)も同じ。だから、シャンプーに界面活性剤を混ぜてお湯で洗いながすんだ。

シャンプーに使われる界面活性剤の種類によって、高級アルコール系シャンプーとかアミノ酸系シャンプーなどと分類されます。

この違いが

  • シャンプーの刺激
  • 洗い上がりの質感

に大きな影響を与えます。

食器洗いで例えると分かりやすい。フライパンの油汚れを洗った時、

  • 手がどのくらいつっぱるか=シャンプーの刺激
  • 洗ったフライパンがどのくらいキュキュッとなるか=洗いあがりの質感

今使っているシャンプーの裏側(成分表示)を見て、どんなシャンプーか調べてみましょう!

高級アルコール系シャンプー

  • ラウレス硫酸ナトリウム

と記載されていたら高級アルコール系に近いシャンプーです。

  • 高級アルコール系シャンプーや石鹸は洗浄力が強い反面、刺激が強い

これが特徴です。

あ!あたいのシャンプーボトルの裏側には、「水、次に、ラウレス硫酸ナトリウム」って書いてある。ってことは高級アルコール系だから高級なシャンプーなんだ!?やったね♪
高級っていうのは「値段が高い」という意味ではないんだ。炭素原子の数が多いからそう呼ばれてる。アミノ酸系に比べたら刺激が高いタイプ。市販品の安い商品はだいたいこれなんだよ。
チッ

アミノ酸系シャンプー

高級アルコール系に使われるラウレス硫酸ナトリウムよりは洗浄力は落ちますが皮膚刺激が少ないシャンプー。

  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ココイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルサルコシンナトリウム
  • ココイルメチルタウリンナトリウム

などと表記されています。

弱酸性にペーハーが調整されています。

アミノ酸系シャンプーは何故髪の毛や頭皮に優しい

頭皮や髪の毛が健康な状態のペーハー(PH4.5から5.5)で優れた洗浄力を、発揮するシャンプーだからです。

弱酸性だと何が良いの?
頭皮が弱酸性だと、潤い成分が分泌されて、髪の毛や頭皮を乾燥から守るからなんだよ
ということは、乾燥肌や、髪のパサつきにはアミノ酸シャンプーが最適ってことだね。

その通りなのですが、 デメリットもあるのです。

アミノ酸系シャンプーのデメリット

アミノ酸シャンプーは刺激が少ない反面、洗浄力は弱く、泡立ち、泡切れは悪い傾向があります。

このデメリットを補うために、タウリンという成分を混ぜて洗浄力をカバーしたり、ラウレス硫酸ナトリウムとアミノ酸界面活性剤を混ぜて洗浄力を調整する場合もあります。

なるほど。でも、結局どんな配合のシャンプーを選べばいいのか分からなくなっちゃったよ。
そうだよね。油っぽい頭皮の人もいれば、乾燥肌の人もいる。その程度も様々だよね。だから成分表記も大事だけど、実際使ってみた「使用感」が一番大切なんだよ。
スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーを選ぶべきか?

シリコン入りかノンシリコンか、どちらを選ぶべきかを考えていきましょう。

シリコンをシャンプーに混ぜる理由

従来のシャンプー剤は、シャンプー中に髪の摩擦を軽減するためシリコンを入れていました。

特に、高級アルコール系や石鹸系は、優れた洗浄力のために「髪の毛や頭皮から油分」が失われてしまいます。

その結果

  • シャンプー中の手触りが悪くなる=品質が悪いイメージ
  • 髪の毛がキシむためシャンプー中やリンス中に摩擦で髪の毛が損傷しやすい

ということが起こりました。

そこでシリコンを入れてシャンプーイング中の毛髪ダメージ軽減、手触り向上のためにシリコンを配合しました。

何故ノンシリコンシャンプーが主流になったの?

時代とともに、シリコンの悪評が立つようになりました。例えば

  • シリコンは頭皮につまって害のあるものだ。
  • カラーやパーマの妨げになるものだ。

という誤った認識が広まりました。

その結果、ノンシリコンブームになったようです。

しかしシリコンは頭皮につまりません。網目状の構造のため隙間が開いておりそういった心配は無いのです。

シリコンはブラッシングによる摩擦を軽減する効果があります。

シリコン無しできしんだ髪の毛を無理やり櫛で梳かす方がよっぽど悪影響です。

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドですので、基本的にシリコンを入れる必要がありません。

アミノ酸シャンプーはノンシリコンを選べば良いってことだね。

 

トリートメントは髪のダメージによっては、シリコン入りも視野に入れて選びましょう。

おすすめのシャンプー

頭皮がベトベトしたり、固まった黄色いようなフケが出る場合

脂性フケ症の場合、アミノ酸シャンプーでは余計悪化する可能性があるため、以下の記事を参考にして下さい。

「フケ症の治し方解説」適切なシャンプーまで。

2018年1月31日

抜け毛が多い場合

頭皮環境が乱れている可能性があります。その場合はこちらの記事がおすすめです。

抜け毛予防!メセルSDFシャンプーに変えると減少する理由とは?!

2019年6月6日

パーマやカラーをしている女性におすすめのシャンプー

サンコールR21シャンプー&トリートメント

普段からパーマやカラーをしている場合、パーマのカールを持たせたり、カラーの色持ちを向上させるのに役立つシャンプーです。


このシャンプーには、ヘマチンという成分が入っています。

ヘマチンは、髪の毛に残留するアルカリを穏やかに中和したり、パーマのSS結合を手助けする役割があります。

お客様の感想や、私の使用感からすると、

  • 仕上がり感が重くなく、フンワリ仕上がる

印象です。

無香料です。

※無香料というのは「香りが無い」訳ではなく、香料を配合していませんということです。

ブライ「エクラーレ」ヘアソープ&ヘアマスク

先ほど紹介したR21に比べて、こちらのシャンプーはボリュームダウンしてくれるイメージがあります。

R21を「軽いシャンプー」と例えれば、エクラーレは

  • 重いシャンプー

という印象です。

天然ツバキ油配合で、

  • カラーやパーマでギシギシの髪の毛を落ち着かせたい
  • 縮毛矯正をかけていて傷んでいる、ふくらみを抑えたい

こういう女性におすすめできます。

なおクセ毛でふくらみを抑えたいならこちらの記事もおすすめです。

梅雨待ったなし!髪の毛のうねり対策、仙台の美容師がこっそり教えます。

保湿効果が高いセラミドという成分も入っているから潤いも抜群です。


クセ毛で、毎月ヘアカラーしているお客様などには

  • キシミ、ひっかかり

が無くなったと評判で、甘い香りも好評です。

40を過ぎてから髪の毛のパサツキが気になりだした場合

40代を過ぎた頃から、髪質が水をはじきやすくなるといわれています。(疎水化という)

そんなことでお悩みの女性におすすめできるシャンプーです。

プラーミアエンリッチドシャンプー&トリートメント(M)


ふわふわとまとまりにくい髪質に最適です。

Mというのは普通毛から硬毛用です。

  • 髪の毛が硬いですねぇー

とか

  • 髪の毛が太いですねー

と言われる場合はMが良いですよ。

プラーミアエンリッチドシャンプー&トリートメント(F)

ミルボン プラーミア エンリッチド シャンプー 200ml&トリートメントF 200g セット

created by Rinker


髪の毛が

  • ねこっ毛
  • ボリュームがでにくい
  • 細い

場合は、こちらのFをおすすめしています。

カラーやパーマをしている毛はもちろん、していないまとまりにくい髪質にもおすすめしています。

また、ふんわりとしあがる印象です。

乾燥して頭皮がつっぱる、髪の毛がパサつく

「ラフィ」

市販の高級アルコール系シャンプーで細かいフケがでている若い女性や、頭皮が乾燥気味の女性に合っているシャンプーです。

ベタイン系のシャンプーは、低刺激です。

※以前ラフィーは楽天では販売していない旨掲載しましたが誤りでした。訂正します。

シャンプー選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク