これがレイヤーカット!実際切った写真で解説します!

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

今回はお人形をレイヤーカットしたのでご紹介します。

レイヤーカットの種類

実はレイヤーカットには段の付け方によって

  • ハイレイヤー
  • ローレイヤー

と2種類に分かれます。

ハイレイヤーはいわゆるウルフカットです。頭頂部が短くて襟足が長いスタイル。

今回は頭頂部と襟足が同じくらいの長さのローレイヤースタイルです。

ローレイヤースタイル

 

 

 


ローレイヤースタイル横から

 

 


このカットは

  • スクウェア

という軽すぎず重すぎずの段構成でカットしたスタイルです。レイヤーに分類されます。

段カットについてはこちらの記事にまとめてあります。

段カットって何ですか?図解で解説

2016年8月19日

今回カットしたスタイルは前方から後方へ向かって後ろ下がりになるようにアウトラインをカットしています。

レイヤーカットはとても軽いイメージがありますが、スクウェアレイヤーカットは重すぎず軽すぎの段なので

  • ワンレンに飽きてマイナーチェンジ

などにお勧めのレイヤーカットです。

写真で紹介したレイヤーカットはアウトラインが急激な角度なのですが、ワンレンからのマイナーチェンジであれば、角度もあまり急激にせず同じような段を入れればさらに落ち着いた雰囲気になります。

レイヤーカットとシャギー

シャギーというのは前から見たときのシャカシャカです。

今回紹介しているレイヤーカットの写真は、カットラインの角度でシャギーに見えています。

もみあげから耳後ろまでの髪の長さを45度くらいの角度でカットしています。

レイヤーカットのアウトライン


そうすると前から見た時に段差がついて見えます。でも実際は髪の上下の段差はあまりつかないようにしているので、落ち着きがある(軽すぎずまとまりの良い)スタイルになってます。

 


このように前から見ると、頭頂部の髪の長さがあご下まであるローレイヤーカットに分類されるスタイルです。


富士額の髪の毛を赤線くらい短くし、緑のもみあげとなだらかにつなげると、顔周りに軽い雰囲気のレイヤーが入ります。これをシャギーと言いいます。

レイヤーカットと梳きバサミ・削ぎ

本当は削ぎバサミを乱用せずに段カットで髪の毛の量感を減らすことが、ヘアスタイルの持ちを良くする秘訣なんです。

先日もいらっしゃったのですが、あまりに毛先のみ削がれすぎていて、正直どうしようも無い髪のお客様。

梳きバサミで毛先はスカスカなのに根元は毛量がドーン!と重い状態。

  • 削ぎの基本は中間から毛先へ徐々に量感を減らすこと

なのですが削ぎが下手だとバランスが欠けて大変です。どうしても綺麗に仕上げるのが難しい。

阿部
毛先がすでにペラペラの状態で「根元が重いから軽くしてください」と言われても根元を削げばさらに毛先はペラペラに。

イエスマンの美容師だと

削いで下さい・・はい

削いで下さい・・・はい

削いで・・はい・・はい・・

挙句にひどい状態に・・・。

  • これ以上削ぐと○○になりますよ。
  • 軽くしたいなら段をつけて軽さをつけたらどうでしょう?
  • もしかして重さが気になるよりも、シルエットのふくらみが気になってます?

相談しながら進めればこういった事態はある程度防げるのですが・・。

どうしようも無いので、ペラペラな部分を切り落としたり、削ぎバサミではなくインナーセニングといってハサミで細かく重いところを見て間引いたりして対処するのですが・・・。

一番の対処法は一度ペラペラの毛先をカットして綺麗に量感を整えてから伸ばしていくこと。

梳き過ぎには充分ご注意くださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!