手入れ楽チン!「ゆるふわパーマの決定版エアウェーブ」ってどんなパーマ?

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

今回は「乾かすだけでゆるふわ」に最適なエアウェーブというパーマをご紹介しますね。

 

従来のパーマは乾かすと、ウェーブがどうしても「デローン」と伸びがちでした。

新しいエアウェーブパーマは、ゆるふわカールが、乾いても「デローン」とならず、持続しやすいパーマです。

乾いても持続できるということは自然乾燥でもある程度形になるということ。

朝のお手入れが楽ですよね!

それでは100聞は一見にしかず!って訳で、実際どのようなものかご覧ください。

ゆるふわウェーブ

DSC_0401

襟足はCカール(アルファベットのC字くらいのかかり)

妻の写真です(笑)

カットは、ボブとレイヤーの中間のセイムレイヤーというものです。

段って何?!という方はコチラの記事がおすすめ

2018年レイヤースタイルが流行?ヘアスタイルの段について解説!

丸顔なのでサイドにあまり厚みがでないように注意し、頭頂部に高さを出して細面に見えるように工夫しています。

後頭部もストンとした骨格なので丸みがでるようパーマを巻きました。

DSC_0403

横はこんな感じ

癖でハネがちなアウトラインは内側にクリンと入るようCカールに。

顔周りはフォワードといって前に流れるウェーブで小顔効果を狙っています(笑)

中間はややウェーブ感がでるようにSカールというアルファベットのS字くらいのかかりもミックスしています。


DSC_0406自然乾燥しても大きなウェーブがしっかりとでました。

写真ではわかりづらいですが、質感が柔らかく、低ダメージなのも良い点です。

例えば、

  • ボブでふんわりさせたい

そんな方にもおすすめなパーマです。

スポンサーリンク

 

型すれすれくらいの長さで大きめウェーブをしっかりと

DSC_0363

洗いっぱなしでスタイリングできるスタイルを

大きなウェーブをしっかりとかけたい。

そんな要望をかたちにできるのも、このパーマと言えます。

こちらのお客様は頭頂部からパーマが欲しいので大きなロットで根元まで巻き込みました。


DSC_0364

おおざっぱに乾かした状態

ドライヤーでお客様が乾かしてもこのくらいしっかりパーマがでるのが理想。

自然乾燥でもウェーブが伸びにくいのがこのパーマの魅力です。

「しっかりウェーブ」から「ゆるふわカール」まで、巻き方の工夫によって選べるのがこのパーマの魅力です。

しかも朝の手入れが自然乾燥OK、ドライヤーで乾かしてもパーマがとれにくいから、手入れも楽!

小さいお子さんがいるお母さんや、働く女性にも最適ですね

 

随時追加していきます。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク