イライラ!超簡単解消法

こんにちは美容師ブロガー阿部です。

世の中イライラすることだらけだって思ってます?

例えば子育て中であれば

  • 時間に遅れるって言っているでしょ!
  • 何回言えばわかるの!

なんてイライラの定番ですよね。我が家も息子がいるので分かります。

職場でも思い通りにことが進まずイライラしたり、コンビニ店員がもたもたしてイライラしたり。

車がノロノロ運転でイライラしたり。

言い出したらきりがありませんに

  • なんでそんなにイライラしてるの?

なんて思うこともしばしば。

そこで今回は誰にでも超簡単イライラ解消法をご紹介します。

イライラしている自分を客観視してみる

怒っている時、イライラしている時って、自分とイライラが一体化していませんか?

それでは怒りに振り回されてしまいますよ。

そこでステップ1は「怒っている自分を客観視すること」です。

  • 「あー私今すごいイライラしてる。」
  • 「あー私今すごい怒っている。」

もう一人の自分で自分の感情を客観視してみて下さい。

すると

私=怒り&イライラ

ではなくなりますよね。

これがイライラを客観視して冷静になるコツですよ。

怒りやイライラの感情は本来

  • あなたそのものではなく、あなたが持っている感情

です

日頃から自分を客観視する癖をつけましょう。

阿部
よく「イライラ」することなど忘れて他のことを考えようといいますが、それは感情にふたをすること。むしろ「感情を受け止める」方が効果的です。そのためにイライラを解消するには「イライラ」する感情を客観視することが第一歩。

イライラの根源は?一方的な視点から抜け出してみる

ここまで、イライラや怒りを冷静に受け止めましたね。

するとイライラの原因を客観的にとらえることができるようになります。

そうしたら次は「少しものの見方を変えてみる」と良いですよ。

  • 子供が言うことを聞かない!なんで言うことを聞かないんだ・・・イライラ・・・

そこで視点を変えましょう。

  1. 言うことを聞かないことには理由があるのでは?
  2. そもそも子供も一人の人間。従わせようとすることに無理があるのでは?
  3. 言うことを聞かないのではなく「言っていることを理解できていない」のでは?

日常生活でも同じことが言えます。

  • 運転中煽られて気分が悪い

なんでこんなに煽ってくるんだろう。嫌なやつ。イライラ

物の見方を変えると・・・

  • とても急いでいるようだ。もしかして家族に急病人がいて急いでいるのか?

と考え譲ってあげることもできる。

「そんな心広くない!私」と思う人もいるかも知れません。

確かにイライラしている場面で、そんなに器用に感情をコントロールするのは難しいかも知れません。

しかし、起きた事象(車で運転中に後ろから煽られたこと)に対して

  • 私達がどのように判断して、どのような気分を持つか(感情になるか)は私達の自由

なんですよ。

イライラする自分を選択するのも、しないのも私達の自由なんです。

自らイライラすることを選んでませんか?

相手の自由を尊重してみる

このように私達は、自分がどんな感情を持つかは自分で選ぶことができますよね。

それと同じように

相手の自由も尊重しなければなりません。

相手が何を言って、何をしようとそれは相手の自由なのです。(犯罪的なことは除いたとして)

相手を支配することはできません(思い通りにすることはできない)

子育ても同様で3歳頃になると子供自身の自我ができてきますよね。自我ができてくると親の思い通りにならなくなるのは当然です。

つい親は思い通りにさせようとしてイライラしてしまいます。

  • 相手の自由なんて受け入れられない!

だってあいつは私にあんなにひどいことをしたんだ!

と思う辛い体験をした人もいるかもしれません。いじめなんてその代表例です。

もちろん、身体へ危害を加えたり、ひどく傷つける言動は制限されるべきです。

ですが、それでも唯一言えるのは

  • 自分の感情は自由

な点です。

自分がどんな感情になるか、どんな自分を選ぶかは私達の自由です。

人の行動をかえることはできません。

  • 嫌味な上司のためにイライラ

する自分を自ら選んでいるのはばからしくないですか?

子供だって一人の人間だと思えば、自分の意見があって当然です。

そう思えばイライラせず対処できるのではありませんか?

嫌な人・つらい出来事のために

  • 悲しむ自分や、怒る自分を選択するのを辞める。振り回されない。

これがイライラに振り回されないコツです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!