【髪がパサパサ】誰も知らない意外な原因と対策とは?【美容師解説】

髪のパサパサ対策

こんにちは美容師ブロガーの阿部です。

ひよっこ
髪の毛がパサパサなんだよ。ツヤがないし。何が原因なんだろう・・・。どうしたらツヤツヤになるのかな?

美容師の仕事をしているとセルフカラーしているお客様ほど髪の毛がパサパサになっている場合が多いです。

これは化学的原因により髪がパサパサになる例です。

一方ヘアカラーなどしていなくても髪の毛がパサパサになる女性も少なくないですよね。

こういった場合はドライヤーやアイロンの熱・無理なブラッシングなど物理的原因によるものが多いんですよ。

ひよっこ
でもさぁ・・・ちゃんとドライヤーも気を使っているしカラーも美容室でしているのにパサパサなんだけど。これはどうしてなの?!

こんなお悩みをお持ちの女性もいらっしゃいます。

特に年代で言うと40代を境に増えてきます。

このパサパサの意外な原因は抗酸化力の低下が原因です。

原因別の対策詳細にまとめました。

この記事を参考にあなたの髪の毛にツヤを取り戻しましょう!

髪の毛がパサパサになる原因その1【過度なブラッシング】

パサパサな髪の毛はシャンプー&トリートメント後でもクシ通りが悪いです

そんな時、ひっかかる髪の毛を無理やりとかしていませんか?

もしそうでしたらNGです。

以下の健康な髪の毛のキューティクルの様子をご覧下さい。

健康な髪の毛のキューティクル解説図


髪の毛の表面には図のようにキューティクルというウロコ状のものが重なるようにあり、外部の刺激から髪の毛を守っています。

キューティクルが整っている健康毛はこのように光を反射するからツヤのある髪の毛に見えるんですよ。

では次は痛んだ髪の毛をご覧下さい。

痛んだ髪の毛のキューティクルの様子

痛んだ髪の毛はキューティクルが図のように開いた状態になります。

ブラシがひっかかる原因はこの浮いたキューティクルです。

無理やりブラッシングすることでこのキューティクルが髪の毛から剥がれ落ちてしまいます。

阿部
実はこのキューティクルの隙間から髪の毛の潤い成分がどんどん外へ流れ出てしまいます。

キューティクルがやがて剥がれ落ちる髪の毛内部の水分やタンパク質の流出が加速します。

最終的に弾力・潤いのないパサパサの髪の毛になってしまいます。

阿部
これ以上パサパサな髪の毛にしないために優しくとかすことは意外に大事

でもこれだけでは不十分なんです。

というのも痛んだ髪の毛は浮いたキューティクルを自力で閉じれないためです。

何故浮いたキューティクルは閉じないのか?

実はキューティクルは3枚重なった状態で存在しています。

一番最下層は水分を吸うと膨らむエンドキューティクル。そのため髪が水に濡れるとキューティクルが膨らみ開きます。

一方表層のエピキューティクルは蒸気を通し水をはじく性質があります。しかも弾力に富んでいるため、膨らんだキューティクルをその弾力で元に戻す作用があります。

これが健康な髪の毛の作用です。

一方痛んだ髪の毛の場合。

エピキューティクルが蒸気も通せなくなり乾いた髪の毛はよりパサパサになります。

さらにエピキューティクルから弾力が失われ開いたキューティクルもそのままになります。

髪の毛内部の水分もとどめておけずパサパサの髪の毛になります。

阿部
つまりパサパサの髪の毛を悪化させないためには浮いたキューティクルを整えるシャンプーやトリートメントを使うことが必要です。

髪がパサパサになる原因その2【アイロンの熱】

髪の毛が痛む原因はブラッシングだけではありません。

先ほど説明したように髪の毛が痛むとキューティクルが正常に作用できなくなります。

痛みはどこからくるのか。ブラッシング以外の原因として挙げられるのがドライヤーやアイロンの熱ダメージ】です。

濡れている髪の毛ほど熱にとても弱いです。

髪の毛をパサパサにしなためのアイロンの温度についてみていきましょう。

髪をパサパサにさせない!ヘアアイロンの最適な設定温度

アイロンは髪の毛が完全に乾いている状態で使用してください。さらに

  • ヘアアイロンの温度「180度以下」&アイロンをはさむ時間「3秒以内」

または

  • ヘアアイロンの温度設定140度以下

髪の毛がパサパサにならない安全な温度設定です。

ヘアアイロン温度と髪ダメージの関係

日本毛髪科学協会ヘアサイエンスによると

  • 直径0.08mmの正常毛を実験毛とする
  • 挟む時間は3秒間
  • アイロンの温度は140度から200度の間
  • 傷み具合を測定するため「ひっぱり強度測定」を実施

この実験結果によると

  1. 150度以下は変化無し
  2. 180度で8.4%
  3. 200度で24.1%のひっぱり強度の低下

が見られたとあります。ただし150度でも20秒間挟むと12.3%の低下が見られました。

阿部
つまり不器用なら140度でゆっくりアイロンをかけるのが一番髪の毛にも優しいです!

パサパサにならないのは「低い温度でじっくり」「高い温度であっさり」どちら?

先ほどの実験結果

  • 180度で3秒間のヘアダメージ(8.4%)<150度で20秒間のヘアダメージ(12.3%)
阿部
低い温度でも長時間ヘアアイロンを当てると髪の痛みが進みますが3秒間でうまくはさむのは個人では難しいのでヘアアイロンは140度が安全です

ヘアアイロンの温度は最高何度まで?

私の経験則と実験データから180度3秒間までにしましょう。

実験結果から分かるようにアイロン温度が200度になると急激に損傷(ひっぱり強度の低下)が見られますので180度3秒間を目安にして下さい。

阿部
アイロンの熱は髪の毛を熱で変性させます。これがパサパサの原因の一つ。アイロン温度には注意しましょう
【参考】髪の太さとアイロン温度

日本人の髪の毛の平均的な太さは0.07mmから0.08mmのため実験には標準的な0.08mmの髪の毛が使われています。

しかし人によっては0.15mmの太い毛や0.05mmといった細い毛もあるため、実験データが全ての人に該当する訳ではありません。

髪の損傷具合や髪の太さによってヘアアイロンの温度設定や挟み込む時間を調整する必要があります。

そういった観点から220度といった高温アイロンも市販されているのでしょう。

髪の毛が細い場合は「140度以下」髪の毛が太い場合は180度3秒間など髪質に応じてあなたに最適な温度を見つけてください

ヘアアイロンで髪がパサパサになるのを防ぐヘアオイル

ここまでヘアアイロンの温度と髪の痛みの関係を説明しました。

髪の毛が太く固い髪質はあまり気にしすぎなくても大丈夫ですが「髪が細くやわらかい」ような場合はヘアアイロンの熱ダメージを防ぐオイルを合わせて使うと髪の毛の痛みを防ぐのに効果的です。

γドコサラクトンという成分が髪の毛のウネリ部分に入り込み「うねり」も矯正します。

もちろんアイロンの熱からも守ってくれますし、アイロンの熱で髪の毛にくっつくヒートプロテインという成分が入っているので使えば使うほど髪のウネリが抑えられ髪の手触りも改善します。

ラベンダーの香りでサラサラの手触り。

髪の毛がパサパサになる原因その3【ドライヤーの熱】

乾いている髪の毛であればヘアアイロン140度、180度に3秒間くらいであれば痛みが進行しにくいです。

しかし濡れている髪の毛の場合70度くらいが限界です。

さらにドライヤーと髪の毛との距離で髪温度は異なります。

髪の毛を乾かす際は髪の毛の温度を上げ過ぎないようにドライヤーを20cm以上離すといった工夫が必要ですよ。

パサパサを回避する髪の毛の乾かし方・ツヤを出すブロー方法・おすすめのドライヤーなどは以下の記事にまとめてあります。

【髪の毛がサラサラになる乾かし方】極意はドライヤーの扱い方にあり!

2018年3月25日

 

髪がパサパサになる原因その4【ヘアカラー】

ヘアカラーにより髪の毛がパサパサになる女性はとても多いです。

白髪染め・おしゃれ染め等ヘアカラーは髪の毛のキューティクルを開くことが必要不可欠です。

この時髪の毛のタンパク質や水分・油分が髪の毛の外へ流出してしまいます。

ただし明るい髪色にカラーリングするためには必要な工程なんです。

だからこそできるだけ髪の毛をパサパサにさせないためにはセルフカラー後の後処理がとても重要になります。

もし痛まないヘアカラーをお探しならヘアカラートリートメントやヘアマニキュアに変えましょう。

ヘアカラーで髪が傷まない究極の3stepを解説

【セルフカラー】髪を痛めない究極の3step&おすすめカラー剤【美容師解説】

2016年9月1日

パサパサの髪の毛に最適なシャンプー&トリートメント

髪の毛がパサパサになる原因は

  1. 過度なブラッシング
  2. 熱による髪ダメージ
  3. ヘアカラーダメージの蓄積

などが主たる原因と説明しました。

ツヤのあるみずみずしい髪の毛に導くためには

  1. ブラッシングを滑らかにすること
  2. ドライヤーやアイロンの熱から保護すること
  3. 潤いを与えること

が大事ですよね。

これに最適なシャンプーがアプルセルシャンプーです

洗っている最中から髪の毛の潤いを実感できる数少ないシャンプーです。

キトフィルムが髪の毛のキューティクルをラップすることで熱や紫外線から髪の毛を守ります。

しかも天然成分由来なので通気・通水性があるから髪のパサツキを悪化させることもありません。

ぺリセアという1分程度で髪の毛内部に浸透する補修成分ヒアルロン酸より保湿効果が高いリピジュアも配合されています。

パサパサでどうしようもないとお悩みなら使用感からまったく違うので是非体感してみて下さい。

パサパサだったり、ひっかかる髪の毛の場合でもツルツルになるシャンプーの中では抜群です。

シャンプーボトルも特徴的で写真をよくご覧になるとお分かりなると思いますが上げ底になっています。

これは最後までシャンプーやトリートメントが使いきれるだけでなくシャンプー・トリートメントの成分酸化を防ぐためです。

4髪の毛がパサパサになる原因その5【抗酸化力の低下】

ヘアカラーもしていない・・。ドライヤーやアイロンの熱も気をつけている。でも髪の毛がパサパサになる・・・。

それは酸化が原因です。

特に40代を境に髪の毛のパサパサが酷くなりがちです

ひよっこ
酸化って?
阿部
髪の毛や頭皮の細胞が傷ついて老化してしまうことを酸化って言うんだ。

酸化の原因物質は「活性酸素」といわれています。

活性酸素に体が抵抗しきれなくなり髪の毛がパサパサになると言われています。

阿部
「抗酸化力の低下」なんて表現されますね!

活性酸素とは?

加齢とともに抗酸化力(酸化に抵抗する力)が低下していくと、毒性のあるスーパーオキサイドという活性酸素が体(細胞膜)を傷つけてしまうことが分かっています。

これが酸化の正体です。

ひよっこ
つまりこれによって髪の毛がパサパサになるってこと?
阿部
そういうこと!酸化を防ぐことができる「抗酸化力」が高ければこういった作用が生じにくいけど、加齢とともに、特に40歳を境にし抗酸化力が低下することがデータから分かるんだ。

体内にあるスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)と呼ばれる酵素が抗酸化力の正体ですがこれが40歳前後から低下することが分かっています。

参考)ttps://health.suntory.co.jp/professor/vol6/

40代で頭皮がくすむのは何故?

髪の毛がパサパサになる以外に「頭皮が黄色くくすんでくる」ことにお悩みの女性も多いでしょう。これも酸化の一種なんです。

頭皮にある皮脂が、活性酸素と反応します。

この反応した脂質(過酸化脂質)が頭皮のたんぱく質と結合し、変性させてしまいます。

これをカルボニル化といいます。こうして頭皮のくすみが起きます。

頭皮同様に、髪の毛もカルボニル化(=髪の毛が水を弾くようになる)されて「髪の毛がパサついたり、艶が低下する」といった症状を引き起こしてしまします。

これが、40代頃からくすみ、パサつき、ごわつきが生じる主な要因です。

髪のパサパサを食い止める抗酸化成分

抗酸化力を高める成分として有名なものは「ビタミンC、ビタミンE」「プラセンタ」「コエンザイムQ10」「プラチナ」「アスタキサンチン」「ポリフェノール」「フラーレン」といったものです。

これらが配合されているシャンプーを使うのが長期的に有効です。

酸化によるパサパサに有効なシャンプー

先ほど紹介したアプルセルシャンプー&マスクも抗酸化に役立つアスタキサンチン配合です。

しかし髪の痛みがさほど気にならないもののパサツキが気になる場合はこちらで紹介するシャンプーの利用が適切です。

マイナチュレスカルプシャンプー

エイジングケアに力を入れているマイナチュレ・スカルプシャンプーは、フラーレンやコエンザイムQ10配合の抗酸化シャンプーです。

もちろんノンシリコン。

頭皮のかゆみ、荒れ、赤みが無くなったのがとにかくうれしかったです。これからも続けていきたいと思います。

愛用歴5ヵ月 K・A様 30代

マイナチュレ・シャンプー公式ホームページより引用

 

年齢とともに髪にうねりが出てきて、それをごまかすようにドライヤーで髪の根元をしっかり乾かすようにしていました。それでも、日によってはうねりが収まらず大変でした。口コミを見て、このシャンプーを使いはじめたところ、これが大正解。うねりが出なくなるどころか、髪にまとまりと艶がでてきました。

愛用歴8ヵ月 S・M様 39歳

マイナチュレ・シャンプー公式ホームページより引用

阿部
エイジングケアシャンプーだけあって抗酸化に力を入れています。「酸化しない生ボトル」にそれが現れていますね。

公式サイトは30日間全額返金保証がありますし、定期購入は29%オフで購入可能です。

阿部
頭皮に合うか心配な場合は公式サイトからの購入が安心ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1979年6月「仙台で生まれ仙台で育つ」。リーマン時代失業し、再就職ジプシーとなる。親の店を継ぐため美容師を志す。現在は一店舗の経営者。結婚後、1児の父となり「パパ育児」「美容情報」を発信し始める。「新築ブログ」も更新中!