アラフォーで髪がパサパサ。ツヤツヤにするお手入れはこれが正解!

こんにちわ美容師ブロガーの阿部です。

私は仙台で美容師をしていますが、当店の、特に40代以上のお客様からよく聞くのが、髪に艶がなくなってきた、パサついてきたというものです。

年齢だからしょうがないのかぁ・・・。

いやいやちょっと待ってください。

ちゃんと原因を知ることで対策できますよ。

アラフォー世代必見!ツヤツヤの髪の毛はどう維持する?

年齢に関係なく女性は誰でも綺麗な髪の毛に憧れるものですよね。

年齢を重ねるからこそ、綺麗な髪の毛でいることで若々しく見せることもできるのです。

ところが40代前後にさしかかる髪の毛がパサパサしてくる女性多いんです。

何故って?

それは

抗酸化力の低下

が原因なんです。

スポンサーリンク

パサパサになる原因

40代を境に髪の毛がパサパサになるのは「酸化」が原因です。

酸化とは、簡単に言うと「老化すること」です。

40代の女性に老化なんてすみません・・・。

原因物質は「活性酸素」といわれていますが、活性酸素に体が抵抗しきれなくなり、髪の毛がパサパサになると言われています。

活性酸素とは?

加齢とともに抗酸化力(酸化に抵抗する力)が低下していくと、毒性のあるスーパーオキサイドという活性酸素が体(細胞膜)を傷つけてしまうことが分かっています。

これが酸化(=老化)の正体です。

この酸化を防ぐことができる「抗酸化力」が高ければこういった作用が生じにくいのですが、加齢とともに、特に40歳を境にし抗酸化力が低下してしまいます。


体内にあるスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)と呼ばれる酵素が抗酸化力の正体ですがこれが40歳前後から低下することが分かっています。

参考)ttps://health.suntory.co.jp/professor/vol6/


ぱさぱさの髪の毛や皮膚の黄くすみの正体って?

まず、頭皮にある皮脂が、活性酸素と反応します。この反応した脂質(過酸化脂質)が頭皮のたんぱく質と結合し、変性させてしまいます。これをカルボニル化といいます。(酸化の一種)

こうして頭皮のくすみが起きます。

活性酸素を蓄積させないヘアカラーの方法
ヘアカラーを流す時に、コチラの記事で紹介しているお薬を使って流すだけで活性酸素の作用を止めることができますよ。

セルフカラー「髪が痛まない究極の方法」美容師が教えます。

2016年9月1日

 

頭皮同様に、髪の毛もカルボニル化(=髪の毛が水を弾くようになる)されて「髪の毛がパサついたり、艶が低下する」といった症状を引き起こしてしまします。

これが、40代頃からくすみ、パサつき、ごわつきが生じる主な要因です。

おすすめ商品 ミルボン プラーミア

カルボニル化対策としてミルボンからラインナップされている、プラーミアリファイニングをご紹介します。

こちらがマイクロムースです。地肌を柔らかくするコラーゲンが配合されているのと、活性酸素から保護する役割があります。炭酸の地肌美容液。週に1度から2度利用すれば良いです。

地肌のくすみ等も気になる場合は、スパ感覚で利用すると良いです。

プラーミアヘアセラムシャンプーは、パサついた髪の毛に潤いや艶を与えるために開発されたエイジングダメージケアシャンプー&トリートメントです。

FとMがありますが、Fは、ふわふわとまとまりづらい髪質用で、Mはゴワツキまとまりにくい髪質用です。

また、長期的な対策としては、

  1. 抗酸化力を高めること

が大切です。

生活習慣はもちろんですが、抗酸化力を高める成分として有名なものは、「ビタミンC、ビタミンE」「プラセンタ」「コエンザイムQ10」「プラチナ」「アスタキサンチン」「ポリフェノール」といったものをとるのが有効とされています。

この中で、プラセンタエキスを高濃度に配合したのちらの商品もご紹介しておきます。

国産馬プラセンタエキスを10%配合!贅沢スカルプケア[プラシエナ]

 40代でツヤツヤの髪の毛を手に入れる!まとめ

40代から髪の毛や頭皮が酸化しやすくなることが髪の毛のパサパサや黄くすみの原因でした。

  1. 皮脂が過酸化脂質になるのを防ぐため、専用のシャンプーやトリートメントを使う
  2. 低下する抗酸化力をカバーする美容液を使う

のがアラフォー世代のヘアケアのコツです。

参考なれば幸いです。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク