シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のおもちゃ整理棚が欲しい!総額1768円!作り方や材料まで公開します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ阿部です。

今日はお休みでした。

お子様がいるご家庭は良く分かると思いますが・・・。

3歳にもなると、とにかくおもちゃが増える。そして置き場に困る。

使わなくなったものは片付けて押入れに入れたりするものの、普段使うものを大きなおもちゃ箱に一緒に入れてしまうと、グチャグチャ・・・。

探すのも大変。

小分けにしても置き場に困る。

小分けして片付ける習慣をつけさせなければと思っていたものの、場所をとりすぎても困るし、新居に引っ越すまでは余計な出費は抑えたい。

そこで思いつきました!

DIYしよう!

子供と一緒に大工さんごっことか言ってやれば楽しいんじゃないだろうか!

ということで今回は子供のおもちゃ整理棚を誰でも簡単にできる方法をご紹介します。

子供のおもちゃを整理する棚を安くDIYする方法

まず必要なものを100均とホームセンターに行って購入してきました。

私は仙台に住んでいるので

ホーマックという関東から東北で展開するホームセンターと、100均のセリアに行ってきました。

お近くにお店があるなら同じものだとイメージがしやすいですよ。

おもちゃ整理棚をDIYするのに購入したもの(ホームセンター ホーマック編)

おもちゃ用の棚板

まず75cm×33cmの桐すのこを購入。

2枚組みで537円です。これを2セット購入しました。(合計4枚になります。)

これで1074円です。

あとはコレを止める木ねじ。

これで棚板を固定する

これで棚板を固定する

一袋131円。これを2袋購入。良く確かめずに購入したら、20mmと25mmでした。(汗)

これで262円。

どちらのビスも使用しましたが、どちらでも大丈夫でした。

サイズ的には20mmで充分ですので、購入するなら20mmを購入しましょう。

(同じ棚板を購入する場合ですよ)

違うすのこを活用するなら、実際にネジを当ててみて確認してみて下さい。

棚+ねじ=1336円で収めました。

おもちゃ整理棚完成後に使うおもちゃ箱(100均セリアにて)

最初にダイソーに行きましたが希望のものがありませんでした。

あっても500円とか、700円とか結構お値段がします。

この値段ならIKEAとかに行って、おしゃれな箱を買った方が良いと思い、セリアに行くことに。

ここで最適なサイズを発見

100均セリアの整理箱

100均にあるトミカ用に最適な箱

上のサイズを帰宅後実測したところ、縦39cm×横28cm

下のサイズは縦26cm×横19cm

くらいでした。

計4つ購入したので、432円。

これで合計1768円!

その他必要なもの

ネジを使うのでドライバーが必要です。

あとはキリがあれば尚良いです。

木に直接ネジを打つ(ねじ込む)と、どうしても木が割れやすいです。

そこでキリで下穴を開けてから、ネジをドライバーでねじ込むと、割れにくいようです。

木工用ボンドがあれば尚良いです。

割れが出たところに木工用ボンドを付けておきました。

100均&ホームセンターDIYのコツ

では実際どのように作ったかをご紹介しますね。

DIYしたおもちゃの整理棚

木ネジを各2本づつ

すのこが計4枚あるので、縦に2枚、横に2枚を並べて、ネジをねじ込むだけです。

超簡単。

本当は、すのこをもう1セット買って、後ろから支えたりするともっと丈夫になると思います。

完成したおもちゃの整理棚

このように、すのこを下向きに中段、上段、左右のすのこは内側に向かって2枚の計4枚使いました。

問題が一つ

  • 実は完全にすのこの強度頼りなんですよ、コレ。

すのこの脚部分の接着がはずれたら、中段、上段ともに落下します。

ですので、特に小さいお子様が下に入り込んだりすることが想定されるなら、すのこ脚部分をネジで補強したり、縦に支えを入れたり、工夫して強度を上げて下さいね。

大工さんごっこ

最近我が家で家造り計画中のため、家造りにはまっている息子です。

ちなみに家造りに関しても色々な記事を書いてます。

宮城県の工務店で高品質なローコスト住宅を建てたい!

宮城で高品質な家をローコストで建てたい!花坂ハウス工業の評判気になります?

部屋干しの最適な場所ってどこですか?

リビングの収納って考えたことありますか?

今回は、キリが無かったので、釘をトンカチで打って下穴を開けました。(これでも木が割れる場合があるので注意してくださいね)

このトントンが面白かったらしく一緒に作成を楽しみました。

完成すると、すぐに片付けると言って片付けだしました。

これは効果抜群ですよ!

今回程度なら総額1768円で作成できます。

お子様とDIYを楽しんでみてはいかがですか?

参考にする場合は、くれぐれも事故など無いよう充分気をつけながら楽しんでくださいね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする