シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ママ必見!浣腸の準備はお早めに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ阿部です。

3歳の息子がここ2週間ほど、鼻風邪に悩まされていまして、ようやく治りかけの時、お腹が痛いと言い出しました。

風邪がお腹にきたのかなぁ・・。

子供は、病院でもらった薬を飲んでいたので

夫婦で

「薬飲んでるからウンチも少し下痢になるかもね。でもお薬飲んでるし大丈夫だよ」

と何気ない会話をしていたのです。

すると息子は過去に胃腸炎で大量に下痢したことを思い出し、下痢が怖いと言い出しました。

これが浣腸事件の始まりです。

浣腸するまで

一日目

下痢をすることが怖い=ウンチを出さない

という結論に至った息子。

それからウンチを我慢するようになっていたのでした。

それに気づかなかった私達夫婦・・・。

たまにウンチが一日くらい出ない時はあるのでまぁ、普通な日常でした。

2日目

子供って、ウンチでる前、様子で分かりますよね?!

あ、「ウンチしたそうだなぁ」とか、まぁ3歳にもなれば自分でウンチと言うしトイレに行く訳です。

案の定ウンチがしたくなった息子。

すると

「ウンチー!」

したらいいじゃん!トイレトイレと誘う。

すると

お尻を抑えながら、なんか私の膝に座ってくるんです。

どうやらウンチを抑えているようです。

「怖いよーウンチ怖いー」

は?!と私達。

何で?と聞くと

「下痢、いっぱいでるから怖いのー」

的なことを言い出す。

「大丈夫だよ、もう元気になってるんだから」

そして、そのまま、ウンチの波がどこかへ行ってしまったようです。

息子いわく

「ウンチ、生協に買い物に行ったからもういない」

だそうです。笑

3日目

ゴールデンウィークもあり、本人は元気で動物園に遊びに行きました。

日中も元気で食欲もあった様子。

吐き気も無いようだし、様子を見ていたものの

「今日当たりウンチでないと、まずいよねぇ・・」と夫婦で話す。

とりあえずウンチを出しやすくする方法として、

  • ヤクルトを飲む
  • ヨーグルトを食べる
  • オリゴ糖を摂取する
  • バナナと牛乳を食べる

などが良いと思い、実践はするも、本人がウンチを出す気が無いのでいくら食べても改善しないのです。

これ本当に厄介・・・。

その夜もウンチの波が来ました。

ウンチを促しますが、やはり恐怖が勝るようで出しませんでした。

私達夫婦「これはまずいね・・・。」

綿棒にワセリンとかベビーオイルを塗って、1cmから2cm肛門を刺激する方法もいいようです。

まずはこれからやってみようとなりましたが、3歳になると勘づいて駄目なのです。

「綿棒怖いよー」

「綿棒嫌ならウンチ出しなさい!」

ウンチ出すのは怖いし、綿棒も怖いし、そりゃもう大変。

ウンチしないで溜まった方が怖いんですけどね、色々言い聞かせるも駄目でした。

4日目

今日でなかったら浣腸しよう。

夫婦でそう決めました。

その夜、案の定、腹痛が出始めました。

「お腹痛いよぉ」

可哀想・・・。

こりゃ駄目だ、浣腸するしかないとアイコンタクト。

ちょっと母ちゃんにお尻見てもらおうか?

「うん」

父に抱っこする感じでパンツを下げて妻に見せる。

「うぁー、痛いよー」

ごめんねぇ、お腹痛いの治すためなんだよう・・・

浣腸終了。

0歳児から使えるのはイチジク浣腸です。

ドラックストアにも売っています。

一度浣腸をするもその後反応無し・・・。

おかしい・・・。

一度で反応なければ一時間ほど置いてもう一度して良いらしい・・。

またさせるのは辛いが、このまま苦しい思いをさせるのはもっと可哀想だ・・。

また行くよ!!と妻

母は強し。

息子「眠いから寝る・・・。」

ちょっと抱っこするねぇ・・。

息子「母ちゃんもここに居て・・」

察する息子。

また、浣腸コーナーへ。

息子「何するの?」

父「ごめんねぇ、またしないと駄目なんだ」

すると意外に覚悟を決めたようで暴れない。

まぁ、浣腸して泣きましたけど。

10分後

息子「怖いよー」

ウンチ君生協から帰ってきたから出してあげないと!

怖いと言いながらウンチを出す。

大量

便も血便等なく、普通で安心しました。

泣いて、「怖かったよー」と息子。

こっちが泣きそうになる。

ウンチを見せて

「下痢じゃないから怖くないんだよ、もう大丈夫。」

と言い聞かせるも・・・。

問題は明日から怖がらずに出せるかですね・・。

ではまた。

PS

もしお子様の浣腸で悩んでいる場合、腸重積という病気もあるようなので、吐いたり、血便、異常に泣く、ぐったりしているような場合、特に3歳より小さいお子様は、よく様子を見たほうが良いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする