シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城の住宅展示場巡り!行く前に知っておきたい秘訣10選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ阿部です。

家造りをはじめるとまず手始めに、資料請求、住宅展示場訪問といったアクションをとりますよね。

実際に住宅展示場巡りやハウスメーカー巡りをした経験から、住宅展示場巡りの秘訣を10個教えちゃいます。

住宅展示場巡りの秘訣10選!

はじめて住宅展示場に行くよって場合、どんな感じなのか分からず不安だったりしますよね。何を聞かれるのかなとか。

そこで簡単に説明しますね。

まず、住宅展示場は、個々のハウスメーカーと、それらの場所を管理する事務所に分かれています。(例えば仙台では緑と風のガーデンとか、利府ハウジングギャラリーとかです)

GWなどは、イベントが盛りだくさんなので、まずは、管理している事務所を訪れましょう。

まぁ、だいたい向こうから声をかけられますので心配ありません。

管理事務所では、2棟以上見学して、アンケートに答えると「子供のくじ引き」に参加できますとか、「粗品贈呈」とか色々なイベントに参加できる仕組みになっています。

また、ハウスメーカー独自のプレゼントなどもありますよ。

息子が喜んだのは一条工務店でもらったトミカですね。ドライフルーツなんかももらえました。

では実際の秘訣を伝授していきますね。

住宅展示場巡りの秘訣その1「間取りを事前に検討しておく」

「部屋が何部屋欲しい」とか、最低限の希望があるじゃないですか?

住宅展示場に行く前に家族で話し合っておくと良いですよ。

それを元に「フリーソフト」や「方眼紙」等で間取りを作っておくこともおすすめします。

ラフで良いんです。

それによってだいたい「延べ床○○坪」の規模は必要というおおまかなイメージがつかめまっすよね。

それが無いと、展示場に言っても「あー素敵」で終わっちゃうかも。

あとは、希望プランと実際の展示場を比較してみるんです。

「部屋はこのくらいの広さなら充分だな」

とか

「これだと狭いなぁ」

とある程度つかめる訳です。

また、

予想している玄関幅だとだいたいどのくらいまでですか?

といった質問もできますよ。

秘訣その2「イベントがあるGWに行く」

なぜGWに展示場に行くのをオススメするのか?それはですねー、

混んでるからです。

えっ?て思いました?

はじめて行く展示場だと、まずはさっと全体の雰囲気みたいって時ありません?

でも、

空いている時に展示場に行くと、ずーっと営業マンがあとついて来ますよ。

仕事だからしょうがないんだけど。

つかまると小一時間。

ここに決めたい!って一押しの会社なら説明を色々聞きたいけど、それほど重視していない会社だったり、参考程度に見たい場合は、混んでいる時が逆に良いのかも知れませんよ。

またそんな時こそ、営業マンの姿勢が垣間見れる時ありますよ。

以前、連休時に訪れたら、結構な人でした。

その結果、わりと、営業マンがよってくることも無くじっくり見れましたよ。

また、

「予約してんのに、なんでこんなに待たされるのよ」

と打ち合わせに来ていたらしき人が文句を言っている場面にも遭遇しました。

お金とったら後回しかよってちょっと思いました。事情がどうかは分かりませんがね。

混雑時だからこそ、色々と見えることがあるものですね。

詳しく話しを聞きたければ、こちらかアプローチすればいいだけですし、子供連れなら、色々イベントもやっているGWはおすすめですよ。

秘訣その3「豪華絢爛に騙されないで!」

住宅展示場に行くと

「わぁー、素敵!いいわねー」

「吹き抜けの開放感がいいわねー!」

立派なベットや、チェスト、ダイニングセットやグラス。

それはそれは、おしゃれなインテリアコーディネート。

私達も

「わぁー素敵!」

とか思ったし、言いましたよ、営業マンの手前(笑)

本当にそう思うところもありましたけどね。

では現実に戻りましょう(笑)

だいたい巷に建っている建売住宅は、延べ床32坪程度が多いですよね。もっと小さいところもありますけど。

4LDK+和室とかだと34坪とか35坪とかそのくらいのサイズ感だと思います。

(部屋の大きさによって変わってきますけど)

住宅展示場はこれらより、はるかに大きい、50坪とか、内装も豪華絢爛に出来上がっておりますので、どうか夢を見ないで下さい(笑)

あんな大きいお家は(少なくとも私は)建てられませんし、建てません。

住宅展示場と同じ大きさのお家を建てる方はこのブログは参考にならないと思います(汗)

大きすぎて現実感も無し。

その住宅展示場のサイズ感がどのくらいかって重要ですね。

秘訣その4「便利なアイデアを採集する」

各社様々な収納アイデアだったり、工夫が施されています。

例えば

  • 干し姫

洗濯物を吊るすための天井吊りの仕組み

  • キッチン奥に小さい土間スペース

野菜などをおける勝手口連結の小さな土間スペース

  • 家事スペースや、パソコンコーナー

リビングやキッチン付近の小さなコーナー

  • リビング収納とか、独自の収納アイデア

これについてはこちらの記事でも書いてます。→リビングの収納って考えたことありますか?

「あ!これいいねっ!」ってアイデアは写真に撮っておいたり、メモしておくと後から家造りの際の参考になりますよ。

秘訣その5「キッチン形状を観察しておこう」

キッチンには

  • アイランドキッチン
  • 対面キッチン
  • 壁付けのキッチン(L字型やI型)

があります。

対面キッチンは、キッチンの上に吊戸棚があるのと無いのとでどのように視界が変わるかなどを観察すると自分の好みが分かるかも知れません。

また手元を隠すキッチン前のちょっとした目隠しも重要だったりします。

実際に動いてみて生活を思い描くと、

例えば

「アイランドキッチンはイメージは良いけど実際は無いな」

とか

「L字キッチンのコーナーは絶対物置になるよな」

といった、イメージがわくはずですよ。

 秘訣その6「標準かオプションか」

ハウスメーカーには「標準設備」と「オプション」があります。

住宅展示場は?

だいたいオプションです(笑)

だって、豪華にしたいんですからね。

実際に家を建てたいなぁと思っている会社なら、「標準とオプション」について聞いてみるのもいいかも知れません。

どこまで標準でつくんですか?と。

これはオプションですよと教えてくれると思います。

秘訣その7「床材を見てみる」

床に使う素材って、大きく分けて「無垢材」と「フローリング材」があると思うんですが、その会社はどちらを使っているかを見てみるのもいいと思います。

(もしくは選択できるかどうか)

無垢材は呼吸するから伸縮するそうですが(隙間ができてくる)香りが良くて、暖かくて私は好きです。

実際に床材を見たり、触ったりして、どちらが好みかを検討するのもいいですよ。

また住宅メーカー選びにも大きく影響する要素ですよね。

秘訣その8「金額の質問は総額で」

買う側として一番気になるのは、

  • 総額いくらあれば建てられるか?

ですよね。

住宅展示場に行ってもどこにも書いてありません。

それは聞くしかありません。

しかしここで大切なのは、「総額・コミコミ」でどのくらいになるかを確認することですよ。

総額表示については

宮城県の工務店で高品質なローコスト住宅を建てたい!

こちらの記事をチェック

秘訣その9「住宅ではなく人を見る」

住宅展示場に行って住宅ではなく人を見るってのも変な話ですが、最後は「人」だと思うんですよね。

営業マンが「住宅設備(例えばキッチンとかトイレとか住宅設備)」しか説明しないのはどうかと思いますし(「家」を買う訳ですから)、営業マンが「家」について詳しく説明できないのもどうかと思います。

他社の悪口も論外ですし、誠実な営業マンでないと、後々打ち合わせも大変ですよね。

調子のいい営業マンではなく、誠実な営業マンが見つかるよう、色々な会社を回ってみてください。

秘訣その10「完成見学会情報をゲットしてくる」

気に入った会社があったら是非、完成見学会情報をゲットしてきてください!

完成見学会とは、実際にその会社が建てた家を一定期間公開するものです。

展示場と違って実際に建てた家は、現実感があったり、実際の大工さんの仕事も見えます。

構造見学会などを開催している会社も要チェックです。

またコスト削減で住宅展示場には出店せず完成見学会を展示場がわりにしている会社もあります。

そういうハウスメーカーが実は狙い目だったりします。

まとめ

実際に買いたいお家(必要なお家)が、どのくらいの大きさかを家族で相談して、まずは、フリーソフトや方眼紙に間取りを作ってみましょう。

それに近い大きさのお部屋と比較したり、似た間取りの住宅展示場を参考に回ると実感が沸きますよ。

あと豪華絢爛な住宅展示場、そのお金、どこから来るの?

そりゃー、家を建てるお施主に支払って貰っているんですよね。

広告宣伝費もたくさんかかれば、家自体も高くなりますよね。

良く見極めてよいお家にめぐり合ってください!

では楽しい住宅展示場巡りを!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする