シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オレンジブラウンの髪色

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台市の美容室カットハウス創からお送りする美容ブログ、今回はオレンジブラウンをご紹介してみます。

今までのカラーの流行は寒色系でした。

例えば、アッシュとか、アッシュベージュ、ブルージュといったカラーが流行でした。

これらの色を出すのは基本的にブリーチが必要です。

ブリーチした髪の毛、それ以外で染めた髪色も、全て青、赤、黄の順で色落ちしていきます。

アッシュ系がすぐ色落ちするのはそのためです。

さて、その流行だったアッシュ系が色落ちするとイエローっぽくなるので、今度流行する色はオレンジと言われています。

そこで今回はオレンジについてご紹介します。

オレンジってどんな色?

オレンジとは、

  • 赤+黄

でできる色です。

当店は田舎美容室なので(笑)ブリーチしている人はほとんどいません。

そこで、黒髪の状態に染めた場合、どのような色になるかを検証してみます。

また黒髪から出来るだけ綺麗に色を出すにはどうしたらいいかという観点から実験してみますね。

オレンジ10レベルの色を見てみる

オレンジ10レベルの色はこんな色です。

オレンジ10単品の色

先ほど説明したとおり、オレンジは「赤+黄」でできています。

赤という色は8明度くらいまでで濃く発色する色で、それ以上明るくなると出しにくい色です。

つまり10明度のオレンジという薬剤は、赤よりもイエロー寄りの色の薄いオレンジになりやすいです。

ですが、この薬は少し赤みが強い気がします。

仕上がりの色は、黒髪から染めると、もともと髪の毛にある「赤み」もさらに影響する場合があります。

オレンジ10レベルにアッシュ10レベルを20%混ぜてみる

今流行なのは、少しくすみのあるオレンジです。

くすみとは、霞がかった、少し彩度を落としたような色です。

オレンジは彩度が高いので、アッシュを少し混ぜると、ブラウン側にふれながら、少しくすみます。

オレンジにアッシュを混ぜてみた

オレンジ10レベル+イエロー10レベル(1:1)+アッシュ10レベル20%

もともと髪に「赤」の色素が多い方がいます。特に日本人には多いようです。

そこで染めるオレンジの色をオレンジ単品から、イエローを混ぜて、イエローオレンジ風にしてみました。

それにアッシュを混ぜてくすませます。

イエローを混ぜてみた

これは綺麗!ですが、赤みがかなり削られたのでかなりベージュよりです。

イエロー10レベル+レッド10レベル(1:1)+アッシュ10レベル20%

今度はイエローとレッドを混ぜて独自にオレンジを作ってみました。黄と赤を比べると、赤の方が色の支配力が強いため赤が強いオレンジになります。

彩度の高いレッドオレンジとアッシュが混ざれば赤みが少し中和されてオレンジブラウンに近づくかなという予想です。

髪質、好みによって違ってくるので色々試してみると楽しいですね。

仕事柄明るい髪色が無理という方は?

仕事柄8明度以上は明るいから駄目という働く女性も多いと思います。

そこで、明度を8明度から9明度相当で調合してみました。

オレンジ9レベルにアッシュ8レベル(20%)=明度8レベル相当

  • 髪が太い人、黒々としている髪の人

こういう人は、髪色に「赤」の色素が多い傾向があるんですよ。

そういった方が上記のミックスで染めるとこんなイメージになりますよ。

8明度で調合

元々髪色にある赤に、カラーの赤みの強い濃いオレンジが混ざって、濃いブラウンという感じ。これではオレンジブラウンという雰囲気とはちょっと違いますね。

オレンジ10+アッシュ8レベル(20%)=明度9レベル相当

先ほどはオレンジの8レベル相当の色で染めたのですが、今度はオレンジ9レベル相当にしてみました。

オレンジの8レベルは10レベルより色が濃いので、10レベルにすることで、薬剤の濃い色を薄める効果があるんです。

明度をあげることで、先ほどの赤が強いオレンジから、イエロー寄りのオレンジに近づけて、アッシュを混ぜることでくすませつつ明度を下げる狙いです。

9レベル相当に調合してみた

今度は、少し明度があがって、赤味が削られてオレンジに近づきました。(写真ではうまく見えませんが・・)

  • 髪の毛が細い人、カラーリングするとすぐ染まる人、黄色にでやすい人

こういう髪質の人はこのミックスでも綺麗に染まると思うんですがね・・・。

でも、この毛束の仕上がり上、もっと赤を消して、イエローオレンジっぽい感じにしたいので、次はオレンジにイエローを混ぜて、もっとイエローよりのオレンジにしてみました。

イエロー10+オレンジ10(1:1)+アッシュ8(20%)=明度9レベル相当

これで染めれば、もともとの髪の毛の赤と、お薬のイエローオレンジが混ざって、ちょうど良いオレンジになるだろうという予想です。

イエローを混ぜてみた

先ほどよりもイエローが強まってベージュに近づいた感じです。

この色も綺麗。

赤みの強い髪質はちょっと工夫が必要なようです。

もっといろいろ試してまたご紹介します。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする