シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛のボリュームが減った!?大丈夫!ボリュームアップのための最強3step!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

  • 加齢とともに髪の毛が細くなりボリュームがでなくなった!

仕事をしていて、お客様からよく聞くお悩みです。

今回、ボリュームアップできる最強の3stepをご紹介します。

髪の毛のボリュームアップ!驚くほど効果がでる3Stepとは?

髪の毛が細くなるのは加齢とともに生じてくる現象です。

でもお客様を見ていて多いのは、カットベースをかえるだけでもっとボリュームが出せるのにっていう場合です。

そこで今回はボリュームアップ対策を

  • ボリュームが出るヘアオーダーの仕方
  • ボリュームを出す乾かし方&セットの仕方
  • ボリュームをだすためのヘアケア

の面からご紹介します。

ボリュームが出るヘアオーダーの仕方

ボリュームがでないのは実はカットベースに問題があるのかも知れませんよ。

以下のチェック項目に当てはまったらカットの仕方を変えてもらうようオーダーするだけでボリュームがでますよ!

  1. つむじの髪の毛の長さが、襟足やもみあげと同じ長さになっている。(ワンレングス)
  2. つむじの髪の毛と、つむじから耳につながる線の中間点の髪の長さを比べてみて、つむじの髪の毛の方が長い場合

1の場合は、ワンレングススタイルというボブスタイルで頭頂部にボリュームはまったくでないスタイルです。

2の場合は頭頂部に軽い段が入っていないことを確かめる目安です。

1,2に該当した場合はカットオーダーを変えてみると良いですよ。

具体的なオーダーの仕方

  • 頭頂部の長さをもう少し短くしたらボリュームでますか?
  • 表面にだけ段をつけたらボリュームでやすくなりますか?

といった感じで相談するのが良いでしょう。

現在ボブスタイルで、それが気に入っている場合。

全体に段をいれてしまうとボブスタイルではなくなってしまいます!

あくまで表面のみに段をつけて、シルエットはボブのままがいいですと伝えましょう。

ボリュームを出す乾かし方&セットの仕方

次はボリュームを出す乾かし方をご紹介しますね。

まず髪の毛の生え方ですが、ほとんどがツムジから前方に向かって生えています。

ボリュームを出すには

  • 毛流れに逆らう

これがポイントですよ。

ご自分の毛の生え方をよく観察してみて下さい。

前に向かって生えていますよね。

当然分け目は、分け目を境に左右に生えていますよね。

毛流れに逆らって乾かすとは?

では頭頂部にボリュームを出したい場合と、分け目をぼかしたい場合の2通りを見ていきましょう。

頭頂部にボリュームを出したい

この場合、ツムジからお顔に向かって生えている髪の毛の根元をふんわりさせなければいけません。

そのためには・・・

そう!

後方に立ち上げるように乾かせばよいのです。

髪の毛をかきあげる感じに。

乾かし方の手順

髪の毛をタオルドライした状態で

  1. 地面を見るように頭を下げる
  2. お顔側からドライヤーを当てて頭頂部の根元に風を入れ、かきあげるように、乾かす。
  3. 7割程度乾いたら頭をあげる
  4. 希望するヘアスタイルに整える
  5. ブラシを入れて整える

このように一旦、下を向いて頭頂部の根元にドライヤーの熱を当て根元をおこすことで、ふんわりしたシルエットを簡単に作ることができますよ。

分け目をぼかす

分け目をぼかすには

  1. 分け目の左側の髪の毛を、分け目の右側に引っ張りながら乾かす。
  2. 分け目の右側も左側同様、分け目の左側に引っ張りながら乾かす。

つまり、分け目の反対側に向かって引っ張りながら乾かすだけです。

何も意識せず乾かすよりも、分け目をぼかすのに効果的ですよ。

ボリュームを出すためのヘアケア

ここからは、より髪の毛にハリを出すトリートメントや、ヘアセットに役立つアイテムをご紹介します。

ドライヤー

乾かすのに必須なのがドライヤーです。ドライヤーの種類は様々ありますが、ドライヤーを使っていて、一番の問題はオーバードライ(乾かしすぎること)です。

ボリュームが出にくいような細い柔らかい髪の毛は、一般に水分保持力が少なくパサパサしやすい傾向があります。

過度に乾かしすぎにならないように注意しましょう。

自分でやるといつもパサパサになっちゃうよって方は、オーバードライしにくい低音設計のドライヤー。ヒートケア60低温ドライヤーを使うと良いです。

カーラー

カーラーというボリュームを出したい部分に巻きつけて使うものがあります。

  • カーラー自体が熱くなるホットカーラー
  • 通常のカーラーをマジックローラー

と呼びます。

一般家庭では扱いやすいマジックローラーがおすすめです。

100均などにもありますよ。

選び方のコツは頭頂部の髪の長さが12センチなら、30ミリのカーラーを選びましょう。

10センチなら23ミリ。

髪の長さ/4をカーラーの大きさの目安にしましょう。

あまり細いものを選ぶと巻き込まれすぎてしまいます。

マジックローラーの使い方

  1. ボリュームの欲しいところに巻
  2. ドライヤーの熱風を当てる
  3. ドライヤーの冷風を当てる

ドライヤーの熱風をかけたのち冷風を当てると形をキープする効果があります。

これで、ご自宅にいながらも、美容室並みに艶のあるボリュームあるヘアスタイルが作れるはずですぜひ試してみてくださいね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする