シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供は3歳までに一生分の親孝行をするんだよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ阿部です。

ちょっと前のことですが、常連のご年配のI様に

「子供は3歳までに一生分の親孝行をするんだよ」

と言われました。

一生分の親孝行ってどういう意味だろうか?

I様

「お子さんもう大きくなったでしょ?何歳になったの?」

「はい、もう2歳になりました。もうすぐ三歳です、早いですよね!最近はイヤイヤが酷くて困ったものですよ ww」

I様

「そうかぁー、子供はね、3歳までに一生分の親孝行をするんだよ」

「・・」

3歳までは親の言う通りになるでしょ?

2歳児の時は、あまり実感がなかったのですが三歳児の親になった時、あの時言われたことがこういうことだったのかと思いました。

言うこと聞かない3歳児に自分がハッとした話

↑この時です。

今までは結局親の思い通りになっていたんだなぁ

  • 3歳になると何でも自分でやれるようになってきます。

0歳児は、お腹が空いたら泣いて、ウンチ、おしっこがでたら泣いて、親に「世話を焼く幸せ」を与えてくれていました

そして、ちょっと笑ってくれるだけで幸せな気持ちも与えてくれていました。

結局、親がどう行動しようとただそれに従うだけしか出来ないのが赤ちゃん。

3歳になると何でも自分でやるってやらせてくれなくなりますよ。

  • 1歳から2歳にかけて、自ら成長していきます。

子供って成長しようという意欲がすごいと思いませんか?

周りの人を見て、自分で歩こうとしたり、話そうとしたり。

親はそこにただ寄り添って、

伝い歩きすることを見守って

歩くことを見守って

そうして過ぎていったと思います。今振り返れば、子供から成長の喜びと感動を貰っていたなぁと。

  • 2歳から3歳にかけて成長しようと試みる子供

個人差があると思いますが、2歳から3歳にかけてイヤイヤが酷くなってきますよね。

余りに酷いと、親もパニックというか、苛立って子を抱えてスーパーから脱出なんてこともありました。

「もう!!いい加減にして!」

なんて一回は絶対言ってますよね。ww

でも結局親の思い通りにコントロールしてきたんですよね。

一生分の親孝行をしてもらってたんだ!

3歳児の父になった今

言うこと聞かない3歳児に自分がハッとした話

↑このことがあって、

I様の言っていたことがすごく分かった気がしたんです。

「今までは思い通りにしていたんだなぁー」

と。

子の世話をやいていたのは今振り返れば幸せなことだったんだなぁ

子から色々な幸せを与えてもらっていたんだなぁ。

これが一生分の親孝行ってことか。

そう思ったんです。

3歳になると

自己が確立してきて「自分がやりたいこと」がでてきますし、身の回りのことも何でも自分でできるしする!ってなってきます。

一人前の大人になってくるんだなぁとつくづく思ったのでした。

昔の自分に言えるなら

「今お前の息子は親孝行してんだぞ」

と言ってやりたいです。

そういう意味でI様はおっしゃって下さったんですね。

いいお客様を持って私は幸せです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする