シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師が教える!ノンシリコンアミノ酸シャンプーのおすすめの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

今回は、良く聞かれる

「シャンプーは、ノンシリコンを選べば良いんでしょ?」

というお客様から良く聞かれる疑問にお答えしていきます。

シャンプーにシリコンを入れる理由とは?

従来のシャンプー剤は、シャンプーイング中に髪の摩擦を軽減するためシリコンを入れていました。

特に、高級アルコール系・石鹸系と呼ばれる洗浄成分(比較的安価な成分です。)が入っているシャンプーを使って洗うと、優れた洗浄力のために「髪の毛や頭皮から油分」が失われてしまいます。

参考)洗浄成分って何という方はこちらの記事を参考にどうぞ。

その結果

  • シャンプー中の手触りが悪くなる=品質が悪いイメージ
  • 髪の毛がキシむためシャンプー中やリンス中に摩擦で髪の毛が損傷しやすい

ということが起こりました。

そこでシリコンを入れてシャンプーイング中の毛髪ダメージ軽減、手触り向上のためにシリコンを配合しました。これがシャンプーにシリコンが入っている理由です。

何故ノンシリコンシャンプーが主流になったの?

時代とともに、シリコンの悪評が立つようになりました。例えば

  • シリコンは頭皮につまって害のあるものだ。
  • カラーやパーマの妨げになるものだ。

という誤った認識が広まりました。

その結果、ノンシリコンブームになったようです。

しかしシリコンは頭皮につまりません。網目状の構造のため隙間が開いておりそういった心配は無いのです。

シリコンはブラッシングによる摩擦を軽減する効果があります。

シリコン無しできしんだ髪の毛を無理やり櫛で梳かす方がよっぽど悪影響

と付け加えておきます。

シリコンシャンプー、ノンシリコンシャンプーの見分け方

シリコン入りは、成分表示に「ジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン、ヒドロキシプロピル加水分解○○」といった表示があるので分かります。

では具体的にこの高級アルコール系シャンプー、石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプーについてそれぞれシリコンが必要かどうかを考えていきます。

シャンプーの分類

シャンプー剤には、使われている界面活性剤の種類によって大きく3つに分けられます。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石鹸シャンプー
  3. アミノ酸シャンプー

です。

簡単に言うと

高級アルコール系シャンプーや石鹸は洗浄力が強い反面刺激が強い

アミノ酸シャンプーは洗浄力は若干劣るものの刺激が少ない。

それぞれの見分け方はこちらの記事に譲ります。

注目!市販の高級アルコール系シャンプーを使う人「シリコン入りシャンプー」を使おう

高級アルコール系シャンプーは強い洗浄力から髪の毛や頭皮から油分が失われきしみやすいです。

そこで市販の高級アルコール系シャンプーを使う

  • ミディアム、ロングヘアーの人
  • 髪の毛の傷みが気になる人
  • クシどおりが悪くひっかかるような人

例えば日常のドライヤーやアイロンの熱ダメージ、ブラッシングダメージ、カラーやパーマ等の化学的ダメージが蓄積されている場合


該当する人はアミノ酸シャンプーが望ましいですが、市販の高級アルコール系シャンプーを使うなら「シリコン入り」を選びましょう。

  • ショートヘアやミディアム、ロングでもカラーやパーマをしておらず髪の毛の傷みが気にならない場合

高級アルコール系ノンシリコンシャンプーでも大丈夫でしょう。

ノンシリコンアミノ酸シャンプーの特徴

シリコンの役割が分かったと思います。

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドですので、基本的にシリコンを入れる必要がありません。

そこで、アミノ酸シャンプーはノンシリコンを選ぶのが良いでしょう。

では具体的にアミノ酸シャンプーについて説明していきますね。

アミノ酸シャンプーはこう見分ける

シャンプーの成分表示で以下のような表記があるものがアミノ酸シャンプーです。

  • ココイルメチルタウリンナトリウム

タウリンはアミノ酸と構造が似ているために広義にはアミノ酸系界面活性剤と呼ばれています。

高級アルコール系のラウレス硫酸ナトリウムよりは洗浄力は落ちますがシャンプーの泡切れ、泡立ちともに良好、洗浄力もいいものです。

皮膚刺激もマイルドで弱酸性でペーハー調整されています。

  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ココイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルサルコシンナトリウム

アミノ酸とはアラニン、グルタミン、グリシンなどタンパク質を構成している要素です。

これが界面活性剤に使われているものが本来のアミノ酸界面活性剤です。

タウリン系同様、刺激がソフトですが、洗浄力は弱く、泡立ち、泡切れは悪いです。

そのため洗浄力のバランスを補うためタウリン系と組み合わせたり工夫されています。

ちなみに「ココ」とはココナッツ油脂のことです。


シャンプーの中には

ラウレス硫酸ナトリウム(高級アルコール系)とアミノ酸界面活性剤を混ぜて

アミノ酸系として販売している場合があるので注意が必要です。


アミノ酸シャンプーのメリットは?

弱酸性で洗える

アミノ酸界面活性剤は頭皮や髪の毛に優しい等電点で優れた洗浄力を発揮します。等電点で優れた洗浄力を発揮すると何が良いのか?それは髪の毛や皮膚への刺激が少なく優しいという点です。


  • 等電点とは?

頭皮や髪の毛が健康な状態のペーハーを等電点と言いますが、PH4.5から5.5と言われています。

髪の毛がPHを7(中性)以上のアルカリに傾けると髪の毛の表面にあるキューティクルという鱗状の保護膜が膨潤(ふやけるようなイメージ)しはじめます。

パーマやカラーをする時はこの作用を使ってお薬を髪の毛の中に浸透させます。アミノ酸シャンプーはペーハーを弱酸性に調整(PH5.3から6.9)してあるから髪の毛や頭皮を健康なペーハーで洗えるから髪と頭皮に優しいということです。


頭皮は何故弱酸性なの?

頭皮はPH4.0から6.0の弱酸性を示します。

頭皮には脂腺と汗腺と呼ばれるものがあります。脂腺とは皮脂が分泌されるところ。汗腺は汗が分泌されるところです。

皮脂は脂、汗は水分ですので基本的に混じりあいませんが、頭皮にいる常在菌(表皮ブドウ球菌、にきび桿菌、マラセチア)たちがリパーゼという酵素を作り出して皮脂を乳液状にしてくれています。

これが皮表膜となって髪の毛と頭皮の潤いを保っています。この皮表膜はナチュラルモイスチャライジングファクター(NMF)とも呼ばれます。


  • NMFとは

「トリグリセライド、スクワレン、ワックスエステル、脂肪酸」などからできていてこれらが髪の毛や頭皮の潤いを守っています。これらが弱酸性を示すから頭皮は弱酸性であるのが望ましいのです。


アミノ酸シャンプーのデメリット

弱酸性に調整されていることは実は洗浄力が弱いことも意味します。

油脂、タンパク質などの汚れはアルカリ性で汚れを落としやすいのですがアミノ酸のように弱酸性下で調整されていると、いくら洗浄力が弱酸性で強く働くとしても総合的に洗浄力は弱い傾向にあります。

若い男性、脂性肌でベタベタしやすい方はアミノ酸シャンプーよりアミノ酸石鹸がおすすめです。

アミノ酸シャンプーをおすすめしたい髪質や肌質は?

  • 普段シャンプー後頭皮がつっぱる気がする。
  • 特に冬になると頭皮がカサカサする。細かいフケがでることもある。
  • カラーやパーマをしていて髪の毛が乾燥している気がする。

年齢とともに皮脂の分泌は減っていきますので髪の毛が乾燥してきたなぁと思ったらシャンプーを少しいいものに買えるタイミングかも知れません。

お客様の中にはカラーやパーマの後だけ良いものを使う方もいらっしゃいます。それでも良いと思います。

頭皮がつっぱるのは過剰な乾燥が原因かも知れません。脱脂力が強いものを使うことで頭皮や髪の毛の油分が失われてしまいます。

皮脂は回復しますがどうしてももともとの分泌量が減れば乾燥しやすくなりますよね。その場合洗浄力がマイルドなものを使うのがベストですね。

またカラーやパーマの直後は髪の毛は不安定な状態です。タンパク質も破壊されてしまいます。そこで失われた成分を補ったりすることが大切ですよね。こういう場合にアミノ酸シャンプーは効果的です。

おすすめ!ノンシリコンアミノ酸シャンプーMogans

市販品ですが、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーです。

  • コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na

といったアミノ酸洗浄成分が使われています。

ポリクオタニウムー10(リピジュア)も配合されていて髪の毛をしっかり潤いながら洗いあげられるノンシリコンアミノ酸シャンプーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする