シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<必見!>美容師が教える!アイロンで髪の傷みが進む温度とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

朝綺麗な髪の毛で出かけたい!サラサラにしたい!

そんな女性の必須アイテムと言えばアイロンですよね。

ところで気になりませんか?安全な温度。

アイロンの温度って180度とか物によっては220度とかってものもありますけど

いったいどのくらいの温度までなら髪の傷みを進めにくいんだろうか?って。

安全な温度とは?

結論から言いますと乾いている状態で

  • アイロンの温度「150度以下」かつ、アイロンに挟む時間「3秒間以内」

もしくは

  • 140度以下

であれば安全にアイロンを使えるという実験結果があります。


日本毛髪科学協会ヘアサイエンスより

  • 直径0.08mmの正常毛を実験毛
  • 挟む時間を3秒間
  • アイロンの温度は140度から200度の間
  • 傷み具合を測定するため「ひっぱり強度測定」を実施。

結果

150度以下は変化無し、180度で8.4%、200度で24.1%のひっぱり強度の低下が見られたとあります。ただし150度でも20秒間挟むと12.3%の低下が見られました。


「低い温度でじっくり」「高い温度であっさり」髪の毛にいいのはどっち?!

上の実験結果から分かるように

  • 180度で3秒間アイロンに挟む状態よりも150度で20秒アイロンに挟む方が損傷が進む

ということが分かります。

つまり3秒間でうまく挟む自信が無い場合は140度に設定してアイロンをかければ安心です。

低い温度だとクセ毛が伸びない場合はどうすればいいの?

  • 140度でじっくりアイロンスルーを試みる。挟む時間をあまり気にしないでも安心。

うまくいかない場合は・・・

  • 150度で一箇所に3秒間以上熱があたらないようにしてみる。

それでも駄目なら10度刻みで温度を上げてみる。

(今日150度でいまいちだから、明日は160度というように段階的にするのがベスト)

アイロンの温度は何度までなら大丈夫?

美容師としての経験則上も180度3秒間は大丈夫な範囲内であるという実感がありました。

実験結果から分かるようにアイロン温度が200度になると急激に損傷(ひっぱり強度の低下)が見られますので、180度3秒以内でアイロンスルーすることが安全な範囲と言えます。

髪の毛の太さとの関係は?

日本人の髪の毛の平均的な太さは0.07mmから0.08mmのため実験には標準的な0.08mmの髪の毛が使われたようです。

しかし人によっては0.15mmの太い毛や0.05mmといった細い毛もあるため、一概には言い切れないところです。

髪の損傷具合や毛の太さによってアイロン温度や挟み込む時間を調整する必要があります。

そういった観点から220度といった高温アイロンも市販されているのでしょう。

目安として180度3秒、140度以下ということを基準にしつつ、あなた様にぴったりなアイロン温度や挟み込む時間を探るのが一番でしょう。