シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱頭皮トラブル!フケや抜け毛はシャンプーが原因?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

シャンプー選びどうしてますか?

頭皮トラブルの原因には様々あります。

中でも、頭皮コンディションに合わないシャンプーを使っていることで生じることも少なくありません。

美容学校の教科書やヘアサイエンス(日本毛髪科学協会)の本を参考文献に、まずはアミノ酸シャンプー、石鹸シャンプーとは何ぞや?という疑問から解決していきましょう。

頭皮トラブルの原因がシャンプー?!

シャンプーボトルの後ろを見ると成分表示がありますね。まず最初は水、次が界面活性剤と呼ばれる洗浄成分というパターンが多いです。実はこれ、配合されている成分が多いものから記載されています。

結論から言うと、市販の高級アルコール系シャンプーは刺激が強いため敏感肌や、乾燥肌の場合頭皮トラブルの原因になる場合があります。

高級アルコール系とかアミノ酸系というのは界面活性剤の種類を言っています。

この界面活性剤に何が使われているかでそのシャンプーの価格や品質が決定されると言っても過言ではありません。では界面活性剤についてみていきましょう。

界面活性剤とは?

あいつと俺は水と油だぜ。

こんなフレーズはもはや死語(笑)ですが、水と油は馴染みが悪いですよね。実は髪の毛についている汚れにも水で落ちる汚れと落ちない汚れがあるんです。脂汚れは水に馴染ませて髪の毛から取り除かないといけないんです。

  • 汚れをお湯で流せるように馴染ませる。

その役割のために入っているのが界面活性剤です。

界面活性剤の種類

に分類できます。

アニオン(陰)界面活性剤とは

石鹸が代表例です。-に帯電するからアニオンと呼ばれています。アニオン=洗浄力が強く泡立ちが良い。殺菌力は弱い。皮膚刺激性も弱い。

石鹸以外には合成界面活性剤(高級アルコール系、石油系、アミノ酸系)があります。


高級アルコール系は市販のシリコン入りシャンプーに良く使われる界面活性剤。

石油系は家庭用洗剤(アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム等)として使われます。

石油系は洗浄力や脱脂力が強いので皮膚や毛髪には適さないそうです。そりゃ台所洗剤で体や髪の毛は洗わないですよね。

  • アニオン界面活性剤の代表例
  1. ~酸ナトリウム、~酸カリウム、~酸TEA
  2. ~タウリンナトリウム、~タウリンカリウム、~タウリンマグネシウム
  3. 石鹸

などがついているものです。

高級アルコール系の特徴

まず高級アルコールだから高い良いものなのかなと思われがちですが違います。高い良い物という意味ではありません。

高級アルコールを構成する炭素原子の数が多いか少ないかを示しています。だからあまり高級というフレーズは気にしない方が良いですね。

高級アルコール系は高級アルコールの「ラウリルアルコール」に硫酸を作用させアルカリで中和したラウリル硫酸ナトリウムがあります。

しかしラウリル硫酸ナトリウムよりも分子量が大きいラウレス硫酸ナトリウム市販のシャンプーに良く使われています。

ラウリル硫酸ナトリウムは分子量が小さいため皮膚刺激が大きかったのですがラウレス硫酸ナトリウムは分子量が大きいため刺激が少ないです。(高級アルコール系の中では)

石鹸シャンプー、アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーや、石鹸シャンプーを探している方は以下で詳しく解説しています。

簡単に言うと、

アミノ酸シャンプーが一番低刺激。

石鹸は敏感肌は要注意。

石鹸にもアミノ酸石鹸というものがあり、これはアミノ酸シャンプーと石鹸の良いとこどり

といったところでしょう。

カチオン界面活性剤とは?

殺菌力が強く皮膚刺激性はやや強い。髪の毛への吸着性が強い。+に帯電するからカチオンと呼ばれています。逆性石鹸とか消毒薬として使えるようなものもあります。

ただし塩化アルキルトリメチルアンモニウム(ベヘントリモニウムクロリド)や塩化ジアルキルジメチルアンモニウムは毒性や皮膚への刺激が少ないのでリンスとかシャンプーに使われたりします。(一応トリートメントやリンスを頭皮につけないようにと言われるのは頭皮トラブルの原因となることを極力避けるためです。)

帯電防止効果、柔軟効果があります。傷んだ髪の毛ほどしっかりつく性質があります。

ちなみにカチオン界面活性剤と同様にシリコンにも同様のコンディショニング効果があります。そのためノンシリコンでもこれらの成分が使われている場合もあります。

塩化ベンザルコニウムは薬用石鹸(医薬部外品)に使われたりします。殺菌消毒作用が強いからです。美容室の消毒にも使われるんですよ。ただし濃度が違うのでしょうけど。

両性(アンホ)界面活性剤とは?

酸性溶液中では+イオンになって、アルカリ溶液中では-イオンになるから、洗浄、殺菌どちらにも効果があるタイプです。両性という意味の「アンホ」がついたり、シャンプーでは良く使われる「ベタイン」がつくものなどがあります。

ベタイン型

ベタイン型は洗浄力、起泡力、柔軟効果、帯電防止効果があるためシャンプー剤やリンス剤に使われます。

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウミドプロピルベタイン

イミダゾリン型

毒性、皮膚刺激、眼粘膜刺激がほとんどなく安全性が高いタイプ。ベビーシャンプーに使われるタイプです。

ノニオン界面活性剤

アニオンやカチオンと混ぜても性能を落とさず酸性、アルカリ性問わず安定性がある界面活性剤。イオン化しないため頭皮への刺激、毒性はほとんどありません。

実は界面活性剤には汚れを落とす役割以外にも例えばクリームや乳液を作るときに油分と水分をうまく溶かし合わせたい時にも使われます。こういったときにノニオンは活躍します。(

乳化力と可溶化力に優れていると言われます。)

見分け方は数字が書いてあるかどうかでおおかた判断できます。

  • PEG20ソルビタンココエート