シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<フケ症>原因と対策!適切なシャンプーの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創で美容師をしている阿部です。

この記事に辿り着いたのは、フケにお悩みだからでしょうか?

ネット記事を見ていると、

  • エッ?

なんて思う記事が結構あります。

そこで「社団法人日本毛髪科学協会 ヘア・サイエンス」を参考文献に、正しい知識をご説明したいと思います。

フケ症改善

フケ症を改善するには、まずは頭皮がどのようなメカニズムでフケ症に至るかを知る必要がありますね。

さらにフケ症の種類には2種類あるので、その種類によって対策しましょう!ということをご説明していきます。

フケの正体

頭皮は、表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。そして表皮が一番表面にでている部分です。

表皮はさらに、基底、ゆうきょく、かりゅう、角質層から成り立っています。

フケとは

  • 角質層の表面が剥がれ落ちたもの

です。

このフケやアカがでる間隔を「ターンオーバー」と言います。

その期間は、正常な場合28日くらいと言われています。

正常にターンオーバーが行われている場合フケは目に見えません。

頭皮を守る菌たち

頭皮や髪の毛は外部からのダメージを防ぐため、皮表膜と呼ばれるもので守られています

皮表膜は、頭皮から出る汗、皮脂からできていますが、この二つは水と油なので交じり合うことができません。

いわゆる乳液状態にする必要があります。

そこで活躍するのが

  • 頭皮に存在する常在菌

です。(表皮白色ブドウ球菌、にきび桿菌、マラセチア類と呼ばれています。)

これらはリパーゼという酵素をだして水と油を馴染ませてくれます。

この汗と皮脂が交わってできる乳液上のものが皮表膜と呼ばれ、

  • 表皮の角質剥がれの防止
  • 水分の蒸発防止
  • 毛髪表面に吸着し、しなやかさ、ツヤを与える

といった役割を担っています。

フケの原因は、洗いすぎ?

シャプー回数を増やすべき?減らすべき?

とお悩みでしょうか?

実は、先ほど説明した皮表膜や、常在菌はシャンプーによってほとんど洗い流されてしまいます。

では洗わない方がよい?

いえいえ。

実は、毛孔(毛穴)には常在菌が残っていて、

  • 4時間くらいで頭皮表面に再度皮表膜が形成

されます。髪の毛にはもう少し時間がかかります。

これらから分かるようにシャンプーは

  • 毎日一回
  • 少なくても2日に1回

は行いましょう。

フケ症と言っても、実は2種類あります!

フケの原因は

  1. 乾燥しすぎ
  2. 脂汚れによる炎症

の2つに分けることができます。

乾燥しすぎのフケは「乾性フケ

乾性フケの特徴は

  • サラサラした細かい状態
  • 色は白っぽい

乾性フケ症に必要なのは頭皮の潤いです。

乾性フケ症は洗いすぎなどにより角質細胞が乾燥しすぎた結果なんです。

フケがでるからもっと洗わなくちゃと一日二回洗ってみたり・・・。

これが余計に悪化させます。

この際は頭皮の乾燥を進めないよう注意が必要です。

一回に使うシャンプー剤の量を減らしたり、洗う回数を減らしましょう。

保湿剤を使う事も有効です。

保湿効果の高いアミノ酸シャンプーをお探しの方は、こちらの記事にまとめてあります。

美容師解説「ノンシリコンアミノ酸シャンプー」おすすめの選び方

脂汚れのフケは「脂性フケ

フケの特徴は

  • さらさらよりはベトベト
  • 塊で色は黄色っぽい

頭皮は脂腺、汗腺が多いため他の皮膚よりも常在菌が繁殖しやすい状態です。

特にマラセチアが繁殖しやすいです。

このマラセチアなどの常在菌は、汗の水分、皮脂、脱落した角質を食べて生きています。

洗髪をしないでいるとこの菌が繁殖し、頭皮炎症を起こしてしまいます。

ターンーオーバーが28日程度と説明しましたが、頭皮炎症が起こると角質がしっかりと角化せず塊となって剥がれ落ちてしまいます。

これが病的なフケ症です。

脂性フケ症に必要なのは常在菌対策です。

マラセチアが異常繁殖することによって頭皮は炎症を起こしますが、これに対応できる成分が

  • ピロクトンオラミン

です。

オクトピロックスと呼ばれる場合もあります。

この成分がマラセチア菌の増殖を抑えます。

マラセチアの餌は、汗腺からでる汗と、脂腺から分泌される脂、剥がれ落ちたフケな訳ですから、過度に油分を与えるのは好ましくありません。

そこで上記ピロクトンオラミン配合の適度な洗浄力のあるシャンプーが必要なんです。

脂性フケ対策シャンプーはコレ

例えば当店でも扱っている美容室シャンプーの有名ブランドミルボンから出ているシャンプー&トリートメント

ミルボンはヘアカラー剤などでも業界では有名なメーカーです。

実際はこんな感じです。

入れ物の高級感(笑)

もちろん、香りや使いあがりの評判も良いですよ。

ミルボンプラーミアシリーズは色々なラインナップが発売されているのですが、今回紹介したシャンプーはその中の一つです。

当店では、これ以外に

  • プラーミアエンリッチドシャンプー
  • プラーミアヘアセラムシャンプー

等も取り扱っています。

これ以外に、フケ症対策で、有名なシャンプーは、コラージュフルフルシャンプー

これにもピロクトンオラミンが配合されています。




天然成分にこだわるなら甘草成分配合のKADASON

グリチルリチン酸ジカリウムという抗炎症成分が入っています。

甘草という漢方聞いた事あります?

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草の根などからできているんですよ。

実はこの成分

  • 美容室のヘッドスパ用品
  • 育毛剤

なんかにも配合さていたりするんです。

このあたりのシャンプーを使うと頭皮環境の改善に役立つはずです。

お悩み解決のお力になれれば幸いです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする