シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フケ症改善!やり方間違うと余計悪化しますよ??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

フケ症でお悩みの方いらっしゃると思います。

インターネット記事を読むと

うん?!

って思う記事があります。

私も適当なこと書けないので「社団法人日本毛髪科学協会 ヘア・サイエンス」(参考文献)を参考に正しい知識をご説明したいと思います。

フケ症改善の方法と正しい知識

フケ症を改善するには、まずは頭皮がどのようなメカニズムでフケ症になるかを知る必要がありますね。

さらにフケ症の種類には2種類あるので、その種類によって対策しましょう!ということをご説明しますね。

頭皮の構造

頭皮は、表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。そして表皮が一番表面にでている部分です。

表皮はさらに、基底、ゆうきょく、かりゅう、角質層から成り立っています。

角質層の表面が剥がれ落ちるのが、フケや垢の正体です。

このフケやアカがでる間隔がターンオーバーと言われるものです。

その期間は、正常な場合28日くらいと言われています。

正常にターンオーバーが行われている場合フケは目に見えません。

頭皮を保護する常在菌

頭皮や髪の毛は外部からのダメージを防ぐため、皮表膜と呼ばれるもので守られています

皮表膜は、頭皮から出る汗、皮脂からできていますが、この二つは水と油なので交じり合うことができません。

いわゆる乳液状態にする必要があります。

そこで活躍するのが頭皮に存在する常在菌です。(表皮白色ブドウ球菌、にきび桿菌、マラセチア類です。)

これらはリパーゼという酵素をだして水と油を馴染ませてくれます。

この汗と皮脂が交わってできる乳液上のものが皮表膜と呼ばれ、表皮の角質剥がれ、水分の蒸発を防いだり、髪の毛表面にくっついて、しなやかさ、ツヤを与えてくれます。

常在菌=悪いもの でないことが分かりましたね。

洗いすぎの弊害

洗いすぎると余計フケ症を悪化させそう?

これも正解でもあり、不正解でもあります。(次の章で説明します)

皮表膜はシャンプーによってほとんど洗い流されてしまいます。

常在菌もシャンプーで洗い流されてしまいますが毛孔(毛穴)には残っていて4時間くらいで頭皮表面に再度皮表膜が形成されます。髪の毛にはもう少し時間がかかります。

これから分かるように毎日一回、少なくても2日に1回は洗髪することが大事です。

フケ症は2種類

フケの原因には

  1. 乾燥しすぎ
  2. 脂汚れによる炎症

の2種類に分かれます。

乾燥しすぎのフケは「乾性フケ

フケの特徴はサラサラした細かい状態。色は白っぽい。

乾性フケ症に必要なのは頭皮の潤いです。

乾性フケ症は洗いすぎなどにより角質細胞が乾燥しすぎた結果です。

フケがでるからもっと洗わなくちゃと一日二回洗ってみたり・・・。

これが余計に悪化させます。

この際は頭皮の乾燥を進めないよう注意が必要です。

一回に使うシャンプー剤の量を減らしたり、洗う回数を減らします。

頭皮の保湿剤も有効です。

脂汚れのフケは「脂性フケ

フケの特徴はさらさらよりはベトベト。塊で色は黄色っぽい。

頭皮は脂腺、汗腺が多いため他の皮膚よりも常在菌が繁殖しやすい状態です。

特にマラセチアが繁殖しやすいです。

このマラセチアなどの常在菌は、汗の水分、皮脂、脱落した角質を食べて生きています。

洗髪をしないでいるとこの菌が繁殖し、頭皮炎症を起こしてしまいます。

ターンーオーバーが28日程度と説明しましたが、頭皮炎症が起こると角質がしっかりと角化せずかたまりとなって剥がれ落ちてしまいます。

これが病的なフケ症です。

脂性フケ症に必要なのは常在菌対策です。

マラセチアが異常繁殖することによって頭皮は炎症を起こしますが、これに対応できる成分が

ジンクピリチオン・ピロクトンオラミンです。

この成分がマラセチア菌の増殖を抑えます。

マラセチアの餌は、汗腺からでる汗と、脂腺から分泌される汗、剥がれ落ちたフケな訳ですから、過度に油分を与えるのは好ましくありません。そこで上記ジンクピリチオン・ピロクトンオラミン配合の適度な洗浄力のあるシャンプーが必要です。

実際にどんなシャンプーが良い?

乾性フケ症におすすめはこちら

脂性フケに最適な商品の紹介はもうしばらくお待ちください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする