シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家造り12月編 お風呂、キッチン、洗面台を見てきた!クリナップショールーム見学の巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリナップショールームin泉

先日の第三日曜日、クリナップショールームに行って来ました。私達が建築を依頼している花坂ハウス工業さんでクリナップを推奨してもらい見学に行ってきたのです。他にも選べるようですがお勧めとのことでクリナップに。

お風呂に求めるものは?

私は美容師なのですが、担当するお客様で、お風呂ですべって怪我したというかたもいるので、滑らなことは大事だなぁと思っていたのです。さらに今住んでいる貸家はタイル張りでととにかく寒い。今自分が高齢者だったら、ヒートショックになるレベル。そこでお風呂場の「暖かさ」といった機能性を重視している訳です。

花坂さんに伺うと、一般的な住設メーカーでは保温力をアップするには断熱材をオプションでつける必要があるけど、クリナップは標準で暖かさが優れているとのこと。

お家自体も高気密で作ってくださると思いますが、家庭内でのヒートショックはお風呂が一番多いとも聞きますし、機能性重視でユアシスを選択しました。

色の選択が難しい・・・。

ショールームのお姉さんは「床はグレーだと髪の毛などが落ちていても目立たないですよ」とのこと。

ネットで検索すると「バスタブが色つきだと水垢が目立ちます」とのこと。

お風呂は私に一任の妻なので、床はグレー、バスタブはホワイト、アクセントの壁を何色にしようか検討中です。

ユアシスは標準仕様は樹脂性のヘアキャッチャー(排水溝についているアレ)ですが花坂ハウスでは「ステンレスのヘアキャッチャー」と「正面の手すり」をすでに見積もりに込みで設定してくれていました。

もちろん不要ならとることも可能ですが(それだけ安くなる)、メンテナンスや将来を考えて必要なものなのでそのままにしておきました。予め「見積もりに込み」なので予算がそこからプラスされることが無い訳です。

これって親切だと思うんですよね。

例えば最低ランクのグレードであれもこれもとプラスしていくと、結局最初提示された見積もりがいくら安くても、気づいたら予算をオーバーしてしまうってことになりかねないですよね。

その点で予め必要充分な設定をしているところが、お客様視点だよなぁと思う訳です。

(まぁその必要充分がどのくらいかがその人の価値観に合っていればの話ですが)

別に私花坂ハウスの回し者ではありませんが(笑)そういう点で花坂ハウスを選んで良かったなぁと改めて思いました。

洗面台

洗面スペースはBGAシリーズが標準です。人造大理石ボールであとは収納や扉の形状だけの問題ですね。

我が家はBGAの間口75cmですが、やはり上のランクを見るとよく見えますね。

扉の形状が引き戸か開き戸かで微妙に値段が違う。色によっても違う。せこいなぁ・・メーカー笑

ちなみにBGAは左側2段仕様で引き戸二段、右半分は開き戸オンリーです。これはちょっと使い勝手が悪いかなぁ・・・。

ただFANCIOというひとつ上のグレードにすると、洗面ボールが深くなって、さらに頭を洗ったりしやすいようです。子供の汚れた服等を洗ったりするのにも便利だし、これはグレードアップしようかなぁと検討中です。

開き戸(観音扉)だとどうしてもしゃがんで奥のものをとらないといけないですよね。

さらに奥のものが見えにくいという・・。

そういうことを考えると洗面台はグレードアップで検討しようと思います。

キッチン

キッチンはクリナップ「ラクエラ」です。色がたくさん選べるので妻は迷いつつも、お気に入りの色に決めていました。キッチンはすべて妻にお任せです。

ところで花坂さんにこれはおススメですよと言われていたのが「洗エールレンジフード

キッチンのガス台の上の換気扇が自動的に掃除されるというもの。

ショールームで見ると、月に一度水を入れ替えるだけでレンジフードが綺麗に保てるんだとか。これはいい!我が家は採用しておきました!

だって、大掃除、油汚れ大変だから、楽ができる!!笑

あとは食洗機。これも入れておきました。

だって、仕事終わって洗うの面倒くさい!!笑

以前の記事で書いた食洗機の大きさの話ですが、今回標準のラクエラは、食洗機、間口60cmは選択できない様子・・。困った。このままいくかちょっと要検討です。

45cmでも充分というのがメーカー仕様ではあるんですけどね。

まぁ、妻も選んだ色気に入っているみたいだし、オールステンレスだしこのままでもいいんじゃないかなぁと思ってます。

ただLDKの開放感重視で吊戸棚無しでお願いしたものの、本当に収納足りるかも真剣に改めて考えてみないといけません。

また進展したら記事にしますね。ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする