シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前下がりグラデーションボブを切ってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前下がりグラデーションボブを切ってみた

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

カットをしたのでご紹介します。

前下がりグラデーションボブってどんなスタイル?と疑問に思うかたも多いと思います。

実際に切って写真を載せてみました。

通常カットする際はガイドラインというものを作ってカットします。もみあげの長さを決めて襟足の長さを決めて、その2点をつないでベースを作る作業です。

よく美容室に行くと、カットはじめにもみあげの長さをチェックしますよね?この作業がガイドラインを作っている場面ですね。

このガイドを元に軽くしたり重くしたりといった段をつけていきます。一見このガイドラインが整っていれば左右綺麗で整って見えますよね。でも、実際スタイルのもちは、このガイドラインからつながってくる全体の整いによって変わるんですよ。

この写真のグラでショーションボブはガイドを作っていません

ガイドラインが何か分かったと思いますが、この写真はガイドラインを作らず切りました。なぜかというと、ガイドを決めて切るより決めないで切ったほうが後ろから見た写真のようななだらかな丸みを作り出せるからです。

だったらガイドを作らず全部切ればいいじゃん!

いやいや

それだと正確に切るのが難しいのです。リスクも高いし。一般的なスタイルならガイドを切って切っても仕上がりは変わりませんし、目的とするスタイルによって使い分けます。

ガイド作って切ったほうが安心なので極力無難なほうでいくんです私(笑)

でもガイド作らなくても綺麗に切れるように鍛錬しています。最近はカットに2セクションスタイルというものがあります。

わざと長さを1cmから2cm違わせて切ることで一見長さが違っているのは分からないのですが、ボリュームを調整したりできるんですね。

これもガイドを作らず切らなければいけないので正確性が要求されるんです。

ちょっとクールでカッコいいので人形で切ってみました。お試しあれ。

カットウィッグの美容師しか知らない雑学

美容師はウィッグというお人形さんを使って練習します。カットとかカラー、パーマ、セットの練習台ですね。実はこのカットウィッグ一台3500円くらいします。結構高いんです。だから、何回も何回も使うんです。私は(笑)もったいないので。

中にはすごく安いものもありますが、そういう場合「ファイバー毛」といってカラーやパーマができないものもあるのですよ。高いものは人毛なのでそれなりに高いものしょうがないですね。

カットで使う時は少しずつ短くしていきます。カットの練習を始めた頃は長いスタイルから切り始めて、少しずつ段をつけて最後にショートカット。そして刈り上げして捨てる訳です。

また、ブリーチしてカラーしてみたり、また黒染めしてまたブリーチして。結果髪の毛にくしが通らずボロボロになっていきます。顔や襟足もカラーのあとがついてとても汚くなってしまいます。

上の写真の襟足汚い?カラーの跡です。すみませんっ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする