シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城県の工務店で高品質なローコスト住宅を建てたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城県で家造りのリサーチを開始

こんにちわ、仙台で美容師している阿部です。

2018年度に家を建てることを目標に、2017年に実際に家造りのためハウスメーカー巡りをはじめました。

私はすでに建築予定地があるため、ハウスメーカーをどこにするかを現在検討しています。

ただしその土地には貸家があるので、住んでいる人に立ち退いてもらい、解体、土地の分筆、水道関係云々、色々とその他費用がかかるわけです。それらを全て終わらせてからの着工とちょっとややこしいのです。

ここら辺の経緯はこちらにまとめています。

暇だったら、我が家のドタバタ劇をご覧下さい(笑)

立ち退き交渉に失敗!弁護士を立てようと思っている話

最初は何も分からず、まずは資料請求を・・・

ということで色々な会社に資料請求をはじめました。

どんな会社の資料を請求した?

  • あいホーム
  • イシカワ
  • 鎌田工務店
  • スモリの家
  • タカハシ建築工房
  • 森のめぐみ工房
  • 青葉建設
  • 杜和建設
  • 高勝の家
  • 花坂ハウス工業

などに資料請求しました。

資料請求しても肝心なことが載っていない!

初めて家造りをすると一番気になるのが予算だと思います。

私もそうでした。

しかし、大概、送られてくる資料には「金額」が載っていない場合が多いですよね。

一番知りたいのは坪単価ですよね。

潤沢な資金がある方は別でしょうけど。(笑)

上記にあげた資料の中には、コンセプトハウス「無垢材を用いたお家32坪○○円」といった会社もありました。

でも色々調べていくと・・・

初めての家造り 知っておきたいお金のこと

坪単価に騙されない

色々な本に書かれていますが、坪単価というものがあります。

34坪の家で1700万円なら坪50万円というやつです。

「当社は坪50万円」と宣伝していても、それが実は建物だけの金額だったりする場合があります。だから、一概に坪単価での比較はあまり意味がないということを知りました。

建物以外にも色々なお金がかかります。

総額で知ること

例えば、提示されている金額が「カーテン、エアコン、照明」や「本体工事(建物そのもの)+それ以外にかかる付帯工事費用」も含まれているかを調べる必要があります。

コンセプトハウス○○円と書いてあってもそれプラスで色々な費用がかかるので総額を意識しないといけません。

 それ以外にも実はかかるお金

諸費用といって、銀行に関する費用、解体費用、分筆費用、その他登記費用、外構費用等色々とかかります。これらを総額で検討して予算に合うかを検討する必要がある訳ですね。

新築に関する補助金については、以下の記事をおすすめします。

宮城県の補助金を使って新築作りを経済的に進めようって話

理想の間取りを作ろう

ハウスメーカーの営業担当さんに希望を伝えて間取りを作ってもらうのも良いのですが、自分で考えるのも楽しいものですよ。

ネット上には色々なフリーソフトがあるので試してみることをおすすめします。

例えばe-house版せっけい倶楽部のフリーソフトなど。

これらで間取りを作成してハウスメーカーに依頼しても問題ありません。

印刷不可になっている場合は、画面メモ(プリントスクリーン)で図面をコピーして、メモ帳に貼り付け、保存印刷すれば大丈夫です。

間取り図作成に関しての基本的知識は以下の記事にまとめてあります。

今後の家造りの参考になると思いますよ。

西玄関実例あり!理想の間取りはこう作る!

クローゼットや押入れの最適な「幅、奥行き」とは?

それぞれの会社の特徴は?

はじめに

対応する営業担当者さんによって、また施主が営業の何を重視するかによって、良否の判断は異なってくると思います。

あくまで私感であるので、この記事に惑わされること無く、実際に足を運んで会ってみることを強くおススメします。

展示場に行くならまずはこちらの記事も参考にどうぞ。

宮城の住宅展示場巡り!行く前に知っておきたい秘訣10選!

以下には、資料請求した会社の中から、実際に足を運んで我が家としてよかった会社だけ紹介します。

花坂ハウス工業

東松島本社の会社で、1000万円台で建てられるPZL(パズル)ハウスというコンセプトハウスを作っている会社です。

結論から言うと、我が家はこの会社に依頼することにしました。

実は私、土地を親から譲るという話があった当初、テンションがあがって(笑)2015年頃に資料請求していた会社でした。

他にも何社か請求していた中で、ずーっとニュースレターを送り続けてくれた会社だったのです。

ちょうど富谷にPZLハウスラボなるものができたと聞いていってみることにしたのです。

次回、何故花坂ハウス工業に依頼すると決めたかを書きたいと思います。

あいホーム

あいホームは、とても信用できる営業担当さんでした。

展示場は仙台市太白区南仙台駅近く、仙台港裏などにあります。

資料請求後も特にアプローチはなく、好印象でした。(家にくる熱心な会社もありましたが私的にそれはNGなので)

また、金額が分かりやすい点もグーです。例えば、総額コミコミ表示なので延べ床○○坪総額○○円と非常に分かりやすい。さらにそれに含まれないのは××です。という表記も信頼できる。

また、実際に会いに行くと、それ以外にかかる諸費用等も相談に応じてくれて、総額○○円くらいになりますよと説明して下さいました。

解体費用の見積もりなども気軽に応じてくれた。&動きが早いのが信頼できると感じた。

家造りスタートしたての時に総額がある程度見えたのはとても助かりました。

実際のプランニングでは

私の建築予定地には現在貸家と賃貸人が住んでいます。

そのため、立ち退き依頼中ですが、土地を営業さんが見に行って気分を害すようなことは避けたい状態でした。

あいホームの担当者さんは、プランニングに際して賃貸人に迷惑がかからないように配慮しながらやりますと快諾して下さいました。

「貸家の人に迷惑がかからないように、外からフラーっと見る程度」「グーグルマップ」&「土地の図面」等でおおよそのプランを作ってくれました。

解体費用の概算、分筆予定線も出してくださり、申し分ない対応でした。

当たり前ですが約束をしっかり守る、良い営業さんに当たったと思います。

坪単価は?

ラインナップがスマートな家、高品位な家等があり、34坪程度、ランクのちょっと良い、高品位な家で、諸費用等含め総額2000万円ちょっとでいけるのかな?という印象です。

使っている住宅設備(キッチンとかお風呂)もランクが良いものだと思いますよ。

※なおオプション等が入っていない状態での金額ですのでプランによっても大きく変わると思うので、繰り返しになりますが、ご自分でご相談にいかれることをおすすめします。

何故止めたの?

私は建築の素人です。

実際どのような大工さんが担当してくれて、しっかり施工されているのかを現場を見に行けば良いもののしっかりと判断できるか心配でした。

その点で

  • 私が重視したのは「自社大工」を抱えている会
  • 現場管理をしっかりしてくれる信頼できる担当者

という点です。

アイホームさんも自社大工さんかも知れませんが多くの着工をしていることで担当して下さる大工さんによってバラつきが出ないのかなぁとそこが私的にちょっと心配でした。

担当者さんは信頼できる人だったので大丈夫だと思ったものの、建築士が担当してくださる方がいいかなぁということで他社にしました。

鎌田工務店

家を調べていて気密性というものがとても大切なんだということを知るようになりました。そして、新住協という、気密性の高い住宅を建てるための研究会みたいなものでしょうか?そういう団体に加盟している工務店を発見し資料請求したのがこちらでした。

実際に展示場を訪れると感じの良いお兄さんでした。お金のことや建物についての説明を受けました。

では実際はといえば、我が家の希望を入れるとちょっと予算オーバーかなということで無しになりました。

(実際我が家の見積もりは貰ってはいませんが、過去に鎌田さんで建てた名前を伏せた状態の見積もりを見せてもらった感じから)

専属大工だし、良い家を作ってくれそうな会社でした。

たぶんあいホームよりは高いと思います。気になる方は相談にいかれて下さい。しつこい営業も無いので安心ですよ。

スモリの家

象さんでおなじみのスモリの家。

こちらも宮城県の会社で、銀河パネルという断熱材?や、瓦屋根、漆喰の壁とコストパフォーマンスが良いお家です。

こちらも展示場を訪れた際の応対良かったですよ。ただ外観とかに好みがあるような気がする。

なんとなく我が家は好みでは無いので無しになりました。

予算的にはちょっとリーズナブルなラインナップもあるし要相談といったところでしょうかね。

こちらも総額表示で金額的に分かりやすいと思います。

あいホームよりは高めかな。

タカハシ建築工房

一級建築士の方がやっている工務店です。(確か松島町)

家造りが好きで一生懸命な方なんだろうなぁと思います。頂いた資料を見た感じですけど。

実際相談にいっても好印象でしたが、こちらもやはり過去に建てた見積もり例を参考に見せてもらった限り、ちょっと我が家の希望を盛り込むと予算オーバーになるのかなぁと思い無しになりました。

なおこちらで建てるお家は外張り断熱工法のようですよ。

一級建築士の方が担当して下さるので依頼するのも安心ですね。

森のめぐみ工房

無垢材を使ったお家です。展示場も実際建てるとこんな感じというコンパクトなお家で大手の展示場より参考になります。

営業さんもいい方でした。セルロースファイバーを使った断熱で遮音性、断熱性もよさそうです。

予算も概算で教えてくれました。32坪で我が家の予算内な感じだったのですが、希望として34坪程度で検討している我が家としてはなんとなくフェイドアウト。

青葉建設

構造材や使っている住宅設備も一流品でコストパフォーマンスが高い会社だと思います。相談に行くと、34坪で我が家の希望を盛り込んで、予算内でいけそうな感じでした。(実際詳細見積もりを取る前なのでなんなくです)

担当した営業さんも感じよく、青葉さんの売りを説明してくれました。

我が家の場合解体もしなくてはいけないという話をすると、

「当社でも可能ですけど、自分で探したほうが安くあがりますよ」とのお話。

良心的と言えば良心的ですが、我が家的には全て任せられるなら任せたいなぁと思っていたので、フェイドアウトしていきました。

タカカツの家

タカカツの家。制震ダンパーが標準だったり、無垢使用だったり、外観も好みでした。相談すると丁寧に応対してくださいました。

基本我が家の予算だとコンセプトハウスになるようで32坪でスケルトンインフィル構造のようです。(総二階を基本に二階を自由にいじれるような感じだと思います)

我が家は一階に6畳和室が必須で欲しいのでちょっとそこが折り合わないのでした。(プランによってはプラス料金で可能になるようですが、それだと予算オーバーになりそう)

無垢材で素敵な雰囲気の家だと思いました。

参考になれば幸いです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする