シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<仙台の美容院>細い髪の毛、薄い頭皮に最適なパーマ、オゾンエアウェーブって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容院カットハウス創の阿部です。

今日は

  • 髪が細い&やわらかい
  • 髪が薄い

そんな方におすすめの「オゾンエアウェーブ」をご紹介しましょう。

髪が細いし柔らかいけど、チリチリパーマは嫌・・・

髪の毛が薄いと、「パーマをかけてカバーしたい!」と思いますよね?

で、パーマをかけました。

そこで美容師さんが言う

  • 髪が細いから「すぐ取れやすいですよ」
  • 髪が柔らかいから「少しきつめにかけましょう」

・・・その通りなんです。

私も以前はこのようにご提案して、パーマをアルファベットのS字にかけて、お客様にブローしてもらっていました。

でも、お家でカラーリングしていたりすると、優しい薬でも髪の毛はボロボロになってきます。

・・・どうしたもんかなぁ・・・

そして、当店で始めたのがオゾンエアウェーブなんです。

「大きなロット」で「大きなカール」ふんわりボリューム

こんな「理想的なパーマ」無いかなぁ・・・

と探してようやく行き着いたのが、オゾンエアウェーブなんです。

通常、髪の毛が細い場合、大きめなロットでパーマをかけるとすぐにとれちゃいます。

そこで少し細めにせざるを得なかったんですね。

ところがこのオゾンエアウェーブなら大きなロットでふんわりボリュームが出せるんです。

それでは、お客様のケースをご紹介してきましょう。

髪が細くて、チリつくダメージ毛のお客様

こちらのお客様は、ご自分でカラーリングしていることもあり、髪のダメージが大きい状態です。

さらに、細い髪の毛のため、

  • きつめのパーマ

がご希望でした。

それでもダメージを考慮して、アルファベットのS字くらいにパーマをかけていました。

※髪の毛の根元から、毛先がSになるくらいのパーマというイメージです。

しかし、毛先がひっかかる程の状態で

  • ブローが大変だろうなぁ・・・
  • ホームカラーもしているから傷みも激しい状態だなぁ・・・

と思い、ダメージも少ないオゾンエアウェーブをご提案させて頂きました。

このくらい大きなロットで巻きました。

アルファベットのc字くらいにパーマをかけました。

こちらのお客様の仕上がり写真は、手グシで簡単に乾かしただけで、このようにふんわりボリュームがでます。

しかも細い髪の毛なのに。

襟足など、ゆるくパーマが欲しい場所は、あえて、普通のパーマにします。

頭頂部も、手グシで乾かすだけで、このようにふんわりボリュームが出ます。

それでいて、ダメージレス(少ない)なので、

  • 髪の傷みが気になるけど、ボリュームを出したい
  • 髪が細いからきつくかけてるけど、ブローする度切れちゃうし、ブローがしんどい
  • 本当は、ゆるいふんわりパーマがしたい

こんな方におすすめしたいパーマです。

W様、ご協力ありがとうございました。

他のお客様もご紹介していきましょう。

従来は、髪が細くてパーマをかけてもすぐとれてしまって・・・

そんな悩みをお持ちだったA様。そんな方にこそオススメなんです!と早速施術してみることに。

DSC_0419

頭頂部のみに大きなカールを

DSC_0420

左から分け目がないスタイル

アルファベットのCを思い描いてくださいね。

髪の毛がただ「クルッとC字」になるだけのパーマです。ですからブローして伸ばすといった作業が不要なんです。

従来のパーマではアルファベットのS字くらいにクルっとかけて、ブローしてパーマを伸ばして整える作業が必要でした。

従来からアルファベットのC字にかけることもありましたが、細い髪の毛ほど、

  • 乾くと、パーマがかかっているのか?かかってないのか?・・・

という状態になるのが欠点でした。

仕上がり

DSC_0421

濡れた状態でアルファベットのCのようにかかっています

これは濡れた状態です。

髪質は、柔らかい毛質です。頭頂部がペタッとするのがお悩みだったA様。

頭のハチと呼ばれる出っ張りより上のみにパーマをかけました。前髪はかけず、トップのパーマが自然にかけていない所と馴染むよう工夫して巻きました。

乾かすだけの楽チンなかかり具合

乾いた状態でも根元がつぶれていません。私はブローせず、ただ乾かしたのみです。

DSC_0422

頭頂部のしっかりカール

この後、削ぎや、スライドカットを入れてパーマの境目を馴染ませれば、ばっちりです。

このように「柔らかい、細い、ペタッとしやすい髪質にもしっかりと大きなカール」がだせるのが最大の魅力です。

A様いわく

「想像以上にしっかりかかりますねっ!今まではパーマをかけても、結局後悔することが多かったけど、これならパーマをかけてみようと思えますよ」

と喜びの言葉を頂きました。

永らく通ってくださるA様に喜んで頂けて、仕事冥利につきるなぁと思ったのでした。

今後ともよろしくお願いしますね。

これからも色々なパーマに挑戦してみてくださいね。

細い髪の毛にも「ブローいらずのふんわりパーマ」

ハリコシがなくなり、ボリュームがどうしてもでにくくなるのは、60代以上の女性に共通のお悩みでしょうか。

従来ではブローしないといけないパーマも、エアウェーブで大きなカールを作れば楽ちんにスタイリングできちゃいます。

髪の毛の量、傷みに応じてプログラムされた機械です。

パーマのお薬をつけて流したら、ふたたびキャップをして暖め工程。

暖め工程が終わったら、ホースをつないで乾燥工程。

その後、冷ましてもう一度お薬をつけておしまい。

では、パーマをかけた直後の濡れている状態の髪の毛をご覧下さい。

大きなロットで巻いているので、そのままの形状でウェーブが形成されています。

問題は、乾かしてどうなるか。

手グシで乾かすだけでふんわり。

今までのパーマだと、どうしても立ち上がりが維持できず、髪の毛が流れていました。

乾かした後にトリートメントでくずしてもこれだけ大きなカールがしっかりとかかっています。

このように、エアウェーブは、

  • ブローの手間を解消

するものです。

かなり軟毛で細い髪の毛ですが、大きなカールがしっかりかかります。

これならブローが苦手な方にもお勧めできるパーマです。

※これは私の母でした(笑)

手グシで簡単!綺麗な毛流れを出す

毎月白髪染めをしているお客様。

髪の毛は、細く、傷みも大きい髪質です。

従来までは

  • 手グシで整えられる程度にゆるく
  • 傷みを考え、出来るだけダメージレス

との観点からオゾンパーマでかけていました。

しかし、どうしても大きいロットでかけるとかかりがゆるい・・・。

・・・かといって、強くかけるとお手入れ出来ない・・・

そこで

  • ダメージレス
  • 大きなカールをしっかりかける

という観点から、オゾンエアウェーブをご提案し、かけてみることに。

オゾンエアウェーブ工程紹介

大きなロットを髪の毛に巻いたら、お薬をつけます。

※この最初のお薬の時間を少し短めに出来るので髪の毛への傷みを軽減。(個人差があります)

そして、以下写真のようにキャップをかぶって暖めます。

この時間をクリープと言います。

次は、キャップをはずして、ホースをつなぎます。

これをガラス化といいます。

この際、当店では以前から使用しているオゾンを同時に用いて、パーマの形状記憶がしっかりされるように工夫しています。

最後に2分ほど冷まします。

あとは、ロットをはずしてお薬をつけて5分経ったら流します。

大きなカールで根元がしっかり立ち上がっています。

手グシで整えただけでカールが出ました。

髪の根元に風を送り込むようにドライヤーを当てながら、根元を立ち上げるように乾かすだけです。

これならお手入れも楽チンですね!T様ご協力ありがとうございました。

エアウェーブパーマの料金について

襟足3cm以内のショートカット+エアウェーブパーマ 10800円

襟足3cm以上から肩くらいまで+エアウェーブパーマ 11880円

肩から肩下20cmくらいまで+エアウェーブパーマ 12960円

肩下20cm以上+エアウェーブパーマ 14040円

全てプレシャンプー、カット、ブロー(スタイルにより乾かし)、トリートメント込みです。

また随時追加します。

ではまた。