シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天井ドンの恐怖!アパートからの逃避行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ、阿部です。

引っ越しました!何故なら・・・天井ドンに恐怖を感じたからです。

天井ドンによるアパートからの逃避行をどうぞご覧下さいませ。

(2018年当時を振り返り加筆しています)

天井ドン!の恐怖

うちの息子が2歳頃は、それは活発で、動き回るのがとても楽しいようでした。

うちは当時アパートの二階に住んでいました。

お子様が女の子のお母さんなら「いやうちはそんなに活発じゃない」

とか

おとなしい男の子なら「いやしつけが悪いからだ」

とお感じになる人もいるかも知れません。

またお子様がいないシングルの方や独身の方は子供のうるささが分からなかったり、しつけをちゃんとしていないとと思うかも知れません。

でも特に2歳頃は、何回も言い聞かせても、感情や行動を抑えることが難しい年代です。

(異論もあると思いますが私はそう思いますし、今3歳になってだいぶ成長したと思います。)

アパートで天井ドンされる前に行ったこと

アパートの二階、角部屋に住んでいた私達。新しい家族が増えて、3人家族で新生活。

子供がいると何か迷惑をかけるかも知れないから対策しようということでこういった行動をとりました。

挨拶

引越し時にも挨拶していましたが、出産後改めて挨拶に伺いました。

  • 隣の部屋への挨拶
  • 階下への挨拶

「赤ちゃんが生まれました。泣いたりしてご迷惑をおかけするかも知れません。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。」

こんな感じで挨拶と粗品を持参して挨拶を済ませました。

防音対策

老朽化したボロアパート(失礼)はもちろん、マンション等も例に漏れず音は他部屋に響くものです。

まして、他人様、人の生活音は気になるものです。

そこでフローリングすべてに防音マットをしきました。

さらにその上にラグや絨毯を敷いて生活していました。

2歳になった頃 天井ドン!

1歳頃は歩くと言っても、何かに掴まって伝い歩きをしたり、そんなに飛び回って走ることはできません。

しかし2歳頃になると子供は走ったり、飛び回ったりできるようになってきます。

そんなある日、息子が小走りで駆け寄ってくると

階下から「ドン!」

しまった・・・。すみません、うるさいですよね・・。

いくら防音マットを敷いても対策しても音は響くようです。

しつけ

「この下にも人が住んでいるんだから、走ったら駄目なんだよ、うるさいんだよ?」

「寝ていたらかわいそうだから静かにしようね」

「外でいっぱい遊んできていいんだから昼間にいっぱい走ってこようね!」

色々言い聞かせていたと思います。(3歳になった今思い返すと)

でも、子供は何故

移動する=小走り

なのでしょうか。困ったものだと悩みました。

それから尚更気を使うようになり・・

天井ドン!ドン!

なぜか、ドンドンドンという足踏みが楽しい様子の息子。(地団駄を踏むように)

「ドンドンドンしたいんだねぇ。でも、お家の中では駄目なんだよ」

「このソファーの上でしようね」

「じいちゃん家とか、外ならいっぱい走ってもいいんだよ」

と言い聞かせてみても、言われれば言われるほど楽しくなる習性。

駄目と言われれば言われるほどやりたくなる生き物です。2歳児は。

常に見張ってもいられません。

料理を作っている最中、トイレに入っている間・・・

常に抱っこしている訳にもいきません。

ちょっとでも足音を立てるものなら駆け寄って抱っこ・・・。

駄目だよ・・・。

・・・家の中で普通に生活するのが駄目なことなのかと・・。

注意して生活していたある日のことです。

息子がまた「ドンドンドン」足踏みをする。

その瞬間を止めるのに間に合わず、

階下から「ドンドンドン!(怒)」

あ!やばい!あわてて抱っこする。

「こわいよぉ」と息子

「うるさくするから怒るんだよ?気をつけようね」

と言い聞かせるものの・・・

天井ドドドドドン!

ベビーゲートで台所に入れないようにしていた我が家。できるだけ、台所は特に音が響く確立が高いようなのでこちらにこれないようにしていたのです・・・。

しかし息子

ベビーゲートをベビー椅子を踏み台にしてよじ登る

・・・まったく・・・

「こら!危ないでしょ!痛い痛いなるよ!」

と言って駆け寄るも、時すでに遅し・・頭から落っこちる・・・

ドン!と息子落下

私かけよる

泣く息子・・・うぇーん

私怒る 「こら!駄目でしょ!痛い痛いになるって言ったでしょ!」

階下の住人「ドンドンドン!」

うるせーこっちはそれどころじゃねんだよ

ドン

たたきかえす。

待ち構えてるのかい?

ある日、仕事を終えて帰宅中、家から電話がかかってくる

車を止めて電話をかける。

「怖いの」と妻

急いで帰宅

話を聞くと妻が料理中、また息子が小走りになった瞬間に

「ドドドドドドドドン!」

まぁ、それはそれは凄かったんだとか

実際私は居なかったので分かりませんが、すごかったようです。

駆け出した瞬間って、なんか棒でももって待ち構えてるのかよ。

といいつつ、うるさいのはこっちだし、誤りに行くことに。

謝罪に伺う

「うるさいですよね。申し訳ありません。マットなど敷いて、子供にも言い聞かせてはいるんですが・・・」

「ちょっと静かにしてもらわないと!!」と旦那 興奮気味

「どのあたりが特にうるさいでしょうか?」と私

「うーん!全体だね!」キリッ

「すみません。改めて気をつけます」

「分かった、わざわざどうもね」クールダウン

引っ越そう

うるさいのは事実迷惑だろうし、こっちもストレスだし、引っ越そうと決断。

さっそくネットで検索。

すると

なんということでしょう!

ぴったりな一軒家の平屋があるではないですか!

すぐさま、内覧の予約をとり、決めることに。

そして先日の第三日、月曜日で引越し完了しました。

そしたら!!

階下の住人が我々の一週間前に引っ越したようで。タイミング悪!

ご心配頂いた私が担当しているお客様、本当にありがとうございました。

天井ドンの当事者へ

二階の騒音で悩んでいる方、逆に私達と同じように天井ドンで悩んでいる方。

騒音で悩んでいる一階の方

それはそれは腹が立っているでしょう。でも私の体験上、階下の騒音も意外に二階に響いていますよ。

生活している以上、音を出さないのはお互いに無理だと思います。

もしその騒音が子供だとしたら、少し理解してあげることはできないでしょうか?

また理解がとうてい無理なら、お話し合いは無理でしょうか?

例えばすごくつらいから、防音対策を少ししてもらえませんか?と話し合いをしてみてはいかがでしょうか?

あっちが先にくるべきだとか思わないで。

我が家もそうですが、相手も意外に何か対策をしているかも知れませんよ。

天井ドンをするだけではお互い、怒りや恐怖を増幅させるだけで解決にはつながらないかも知れません。

天井ドンに恐怖を頂いている方へ

子供をなんとか迷惑をかけないようにしつけなきゃ。

ちゃんと言い聞かせているけど。

しつけが悪いのかしら。

迷惑かけたくてかけている訳じゃないのに。

つらいですね。

経験者からの提案です。

引越しましょう。

いくら防音対策をしても限界がありますよ。事実我が家も対策しても無理でした。

引越しは、お金もかかり大変ですよね。

でも子供に言い聞かせるのは大切ですが子供に過剰な我慢をさせて、もはやまともな生活が送れないのではありませんか?

ストレスかかえて生活するより一階、できれば戸建てに引越した方がいいと私は思います。

※しつけをするなというのではありません。しつけをしても子供によっては抑制するのにも限界があると思うからです。(年齢によると思いますが)

天井ドンしている人もされている人も平穏な生活を送れますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする