シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩くらいの長さにエアウェーブパーマをかけました|仙台の美容室

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ仙台の美容室カットハウス創の阿部です。

いつもご利用頂いているお客様。「パーマをかけても乾かすのが面倒で・・・。」

「乾いてもウェーブが伸びないなら、手入れいらずでいいわね!」

ということでエアウェーブパーマをかけました。

工程や巻き方は?

まず、専用のロットで巻きます。そして、一度エアウェーブの機械に入ります。

DSC_0441

専用ロットとチューブをつなぐ

DSC_0442

機械で頭が覆われます

大きなロットで巻きます。今回の巻き方は、お客様の要望に応じてボリュームを出したくないため、縦巻きを選択。さらに、毛先にしっかりパーマが欲しいというご要望から毛先巻きを選択しました。

ちなみに、ナチュラルな仕上がりを狙って、すべてアンダーセクションと呼ばれる頭のでっぱりより下の部分は、フォワード(前方向のカール)。オーバーセクションと呼ばれる頭の出っ張りより上の部分はリバース(後方向へのカール)を作ります。どうしても、オーバーセクションをフォワードにすると老けてみえがちなので注意です。

髪へのダメージは?

パーマは、1液というものをロットを巻いた髪の毛につけることで髪の毛の結合を切り、2液で再結合することでカールができます。

この1液はどんな薬でもダメージします。そこでいかに低減させるか(=弱い薬で、かつ短い時間で反応させること)が重要です。当店のエアウェーブ手法は一液タイムを短縮する方法をとるため1液が5分程度で済み、低ダメージです。(髪質によります)

仕上がりは?

DSC_0443

濡れている状態後ろから

DSC_0444

濡れている状態横から

2液をつけて、流してそのままの状態です。

大きなカールがしっかりとでていることがわかると思います。

乾いた時にどのくらいウェーブが保持できるかが重要ですね。

そこで次は乾かした状態をご覧下さい。

DSC_0447

乾いた状態後ろから

DSC_0448

乾いた状態横から

自然に乾かした状態です。スタイラーというウェーブが伸びにくい道具は使わず、手で下から髪の毛を持ち上げて、上からドライヤーの熱を当て乾かしました。

大きなカールがしっかりとでています。

ちなみにカットは、2セクションと呼ばれるカットです。

アンダーはレイヤーという軽い構成でカット。オーバーも軽い構成のレイヤーでカット。これにより削ぎを最小にして毛量を減らすことができます。従来のワンセクションとよばれるカットだと、オーバーが短くなってしまうのですが、この手法だと長さを保つこともできます。

DSC_0452

写真ありがとうございました。

最後にグロスをつけてみました。

これなら手入れも楽ですね。

いつもありがとうございます。

今度はカラーでお待ちしていますね。

阿部より。

ps

このくらいの長さだとすべてコミコミ(カットやシャンプー、トリートメント付)12960円です。

ご興味のある方は是非ご予約を。