シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台から、山形にあるくらげで有名な加茂水族館へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ美容師阿部です。

土日連休、やったー!という訳で、今回は山形県の鶴岡市にあるクラゲで有名な「鶴岡市立加茂水族館」へ行ってきました。
世界一のクラゲ水族館 鶴岡市立加茂水族館

仙台市内からは、車で太平洋まで4、50分弱でいけるので、目的地は真逆の日本海になります。

アクセスは?

仙台市内から東北自動車道にのり、山形自動車道経由、少し休憩しつつ、3時間弱で着きました。

目的地到着!

DSC_0301

駐車場は連休のためか、第3駐車場までありました。

加茂水族館はすぐ海に面しています。

加茂水族館すぐ隣の第一駐車場、少し離れて第二駐車場、もっと離れて第三駐車場とありました。

シャトルバスは第三駐車場限定で出ていました。

私たちは荷物が多いので第一駐車場を目指すことに。

こういう時に駐車スページに困ったことがない私。今回も加茂水族館からすぐ近くのスペースが偶然空いて止めることができました。ラッキー♪

日本海

DSC_0303

日本海です!手前には磯があり、子供達がカニ採りをしている様子。海水が透き通るような美しさです。

今一番、北朝鮮に近づいているんだなぁとかいいつつ、少し海岸沿いを散歩しました。

波が穏やかな日だったためか、磯場で、カニ等をとっている家族連れも結構いるようでした。

加茂水族館入り口

DSC_0305

看板でクラゲがお出迎え

さすがクラゲに力をいれているだけあって、看板にもクラゲの姿。記念撮影スポットです!

大人一名1000円でお手軽な入場料です。

加茂水族館内は?

DSC_0308

魚もいるのね

魚もいるのね。

淡水魚コーナーや、日本海に生息している魚を中心にした水槽もありました。

しゃかな、しゃかな とテンションがあがる息子。

しかしさすが連休

ひと ひと ひと

人だらけでした

お目当てのクラゲ登場!

DSC_0309

人が多すぎて、クラゲ見に来たのか、人見に来たのか分からない状態!

立ち止まって写真はとらないで下さいとアナウンスまで流れる。

息子は息子で抱っこしていたら

「おりるー おりるー」

降りたら何も見えないよ?

お尻を見に来たのではありません。

降りた息子

「へぇーいろんなお尻があるんだなぁー」

「こっちは、ジーンズ、あっちはスカートかぁ」

息子は降りても、人々のお尻しか見えません。

ちょっとの隙間でクラゲをみれた瞬間を動きながらパチッ。

DSC_0312

綺麗なクラゲ達

手を引きながら、こういったクラゲをたくさん見ました。

DSC_0322

いくならここで写真がオススメ

そして圧巻なのがこれ!

クラゲの大きな水槽!

幻想的で美しいです。

息子も近くに行って興味深く見ていました。

そして、観光地につきものなのが

ソフトクリーム!クラゲソフトクリームありました!

バニラが売り切れで、メロンとベルギーチョコ味を注文。

息子は母と分けてね。

ふと、左に目をやると、父と息子の二人組が。

息子さんが、ソフトクリームを食べているが、それが溶けて、手にベトベト垂れている。

お父さんが一生懸命お手拭きの類を探しているが何もない・・・。かわいそう・・・。

「あの子供のソフトクリームすごいことになってたね 笑」とヒソヒソ笑う学生までいる始末。

バックをあさると、ウェットティッシュ発見。あげることに。

「ありがとうございます!!」

同じやんちゃな息子を持つ父として手助けできてよかった!

私たちが食事等している間、しばしいなっていた親子

「手洗って事なきをえました!ありがとうございました!」

よかったねぇー、私も同じ状況なら焦るからね。

帰路に就く

DSC_0332

もも味のパン

帰り際、寒河江のサービスエリアによりました。

ここで、パン屋さんを発見。

いかにも変わった

「モモのパン」発見。

確か160円くらいでした。

中にモモの果肉とクリームが入っていて、美味しかった。高速道路は気も張るから、こういったサービスエリアで休憩も楽しみの一つです。

手土産も持って無事帰宅しました。

DSC_0334

クラゲのきもち

いつも息子のお出迎えでお世話になっている祖父母にお土産を。

クッキーを買って帰ってきました。

息子にはアザラシの人形をプレゼント。さっそくニコニコかわいいからか、ニコと命名したようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする