シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2歳の子供の噛み癖!どうしたら治る?我が家の実践記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ阿部です。

うちの息子はもう3歳になるのですが、2歳頃噛み癖が酷かったのです。

今はすっかり治ったのですが、当時は本気で噛むので

「お前は犬か!」

と突っ込みたくなるほどでした(笑)言わないですよ!そんなこと。

でも本当に本気でくるのであざができたり、歯型がクッキリなんてことも。

今回は当時を思い出しつつ、過去記事を加筆してこうして対応したよってことを記事にします。

今お悩みの方の参考になれば。

ではどうぞ。

噛み癖をこうして乗り越えた

うちの息子は、楽しくて、興奮してくると犬化してました。

例えばこんな感じでした。↓

2歳児の息子 犬化へのパターン

息子「とーちゃん!だっこー!」

私「いいよー!!」

たかいたかいー!!

息子「いひーーーー!!あひゃひゃ♪」

高い高いから、一瞬離して

「あー、あぶねー」と私

息子「あぶなぁーい笑 あひゃひゃ!!おりるー!!」

私「はいよー」

すたたたたー!走り出す男。

父に飛びつく息子!

あひゃひゃーーーー!!

興奮最高潮

テンションあげあげ↑

とーちゃんっ!!

ドンドン!!ニヤッ

叩いたら痛いよ!!

そして

・・・あぐーーーーーーーー!

で、でたぁーーーー!

噛んできたー!

どうやら2歳児の我が子は、興奮してどうしようもない感情を噛んで表現していたようでした。

嬉しい気持ち、楽しい気持ちをうまく表現できなくて噛むという行動に表しているようでした。

子供の噛み癖への対応策 NG編

わが子の場合は嬉しくて、楽しくて興奮して噛むのが多かったです。

その他には

  • かまって欲しい
  • 何か気持ちを表現したい

という場合も多いようですよ。

あまりに痛いと

「いってぇーーーー!」

「こらっ!」

「ペシッ」

と、反射的に叩きたくなります!!

し!か!し!

そこはグッと抑えて抑えて。

叩き返すと、

いやなことをされたら叩き返していいと学習してしまいますよ。

子供の噛み癖への対応策 OK編

保育所の先生にも相談したのですが「できるだけ単純に駄目」と教えるのがいいんだとか。

「噛まれたら、痛い痛いだよ」

と教えるのが良いようですよ。

噛み付きそうな時は自分の腕を噛みなさいと伝えてみたり

試行錯誤していた私達。

しつけは難しいですね。

保育所から

単純に「駄目なことだよ」

と伝えるのがいいんんだとアドバイスを受けたので、とにかくそれを実践していました。

3歳になって

今はもちろん噛み癖は無くなりました。

当時を振り返ると、一時期は

  • 腕をあま噛みし返して痛いから駄目だよ

と伝えてみたり

  • 自分の腕を噛みなさい

と言ってみたり色々苦労していたのを思い出しました。

保育所に相談以降、単純に地道に「駄目なことだよ」と伝え続けたのが良かったのだと思います。

子供が何を表現したいのかを理解してあげるのも大切ですね。

でもそんな余裕は無かったですね、当時は。

いってぇーーー!このぉー!クー。

堪えて堪えて、単純に伝えるんだ・・・。

そんな感じだったなぁ。

参考になれば幸いです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする