シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「美容院のシャンプーが気持ちいい」の裏側に隠れた努力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ美容師阿部です。

当店は仙台市にあるカットハウス創という美容院なのですが、アシスタントが最近お客様に「シャンプー気持ちいいわね」と良く褒められるようになりました。

シャンプーが褒められるようになったのは、実は様々なコツを身につけたからなんですよ。

今日は

  • 美容師がどんなことに気をつけてシャンプーを実践しているか

ということと

  • 「エッ?知らなかった!そうなの!?」という美容院からお客様へのお願い

の2本立てです。必見です!

美容院で気持ちいいシャンプーをしてもらるためのにコツをご紹介しちゃいます!

ではどうぞ。

美容院のシャンプーが気持ちいい理由

力加減

美容院のシャンプーが気持ちいい!と思ってもらえるには第一に力加減が大切です。

読者の皆さんは、自分の頭しか触った事が無いからわからないと思いますが、

  • 頭皮がとても固い人
  • 頭皮がとても柔らかい人

と実は様々なんです。

われわれ美容師は頭皮の固さに応じて力加減を調整しているんですよ。

日本人は基本的に奥ゆかしくて、なかなか「もっと強く」とか「優しく」とか言いにくいところないですか?

ですから力加減には注意しているんですよ。

経験をつんでくると、このくらいの頭皮の固さなら、このくらいの力加減でシャンプーすれば良いという事が分かってきます。

なお、当店では気を使わず力加減の要望あれば言って下さって大丈夫ですよ。

水の音

美容院のシャンプーが気持ちいいと感じる理由には、リズムも大いに関係しています。

上手なシャンプーはリズムが一定なんです。

急に止まったり、早まったり、遅くなったりでは眠りにいざなうことはできません。

私は、水の音にも気を使っています。

流す時は

「シャッ!シャッ!シャー」「シャッ!シャッ!シャー」

というように同じリズムで水の音を出すようにしています。

洗う時も手が途中で止まらないように手がお客様の頭から離れないように配慮しています。

お湯を頭から極力離さないのにも気を使っているんですよ。

「エッ?知らなかった!そうなの?!」気持ちいいシャンプーにはお客様の協力が不可欠だった!

本題に入る前に、美容院のシャンプー台には2種類あるんです。

  • バックシャンプー

座ったままで頭だけ後ろにもたれるタイプ

  • サイドシャンプー

寝るタイプのシャンプー台。

当店は寝るタイプのシャンプー台です。

寝るタイプのシャンプー台でのお願いなのですが

美容室で寝てシャンプーされる時、結構気を使って頭あげたりしませんか?

自力であげてくださる人が非常に多いんですよ。

中にはとても機敏にあげてくださる人も!

「オッ」となる時あります 笑

これ美容師あるあるです、きっと 笑

まるでサバンナの小動物がライオンの鳴き声に「ハッ」と顔をあげるそんな光景をオーバーラップしてしまいます。

でもありがとうございます。

きっとすごくいい人なんだろうなぁと思います。

本題!実はですね!

頭をお客様ご自身で上げられると逆にやりづらいのです

知ってましたか?

というのも襟足をあらう時はシャワーーヘッド(シャワーの先端)を持つ手を頭皮にペタッと密着させて襟足を「スースー」と流します。

襟足とシャワーヘッドを抑える手との間に隙間があると襟足に水が流れて背中がビショーっとなってしまいます。

経験あります?

・・・お気の毒でございました。

自力であまり頭をおこされると、シャワーヘッドを持つ手を頭皮にピタッと密着するのが難しいのです。

さらに水は高い方から低い方へ流れますから、あまり頭を上げすぎて角度がつきすぎると、襟足に水が流れやすくなるからなんです!

気を使ってくださったりする人ほど、頭を上げてくださるのかも知れませんが、どうぞリラックスして身をゆだねて下さい。

これが「気持ちいいシャンプーを体験するためにお客様にお願いしたいこと」です。

新人美容師あるある

さて、当店のパートさんがまだシャンプー実践に入って間もない頃の話です。

今から1年ほど前の話。

長さがショートで背の低いお客様をシャンプーしました。

背が低い人も襟足を濡らしやすいので要注意なのです!

案の定気を使ってくださって「フッ!」と頭を上げるお客様。

機敏なタイプのお客様です 

あせるパートさん「あ、お、お力抜いていてくださいねー・・・汗」

なんとか終えると、首に巻いているタオル

ビッショー!!

や、やばいなこれ・・・

と思ったら、ラップをしていたのでお洋服は濡れていませんでした。よかったーとホッとしました。

でもこうしてうまくなっていくんですね。

お客様に「気持ちよかったー」といって頂いたから自信につながったようです。

急に頭をあげられた場合、シャワーヘッドを逃がす方法があるのです。

秘儀!シャワーヘッド逃がし!

2018年になり、秘儀も習得し、お客様に褒められることが多くなってきました。

どうぞ当店にお越しの際は、カットのみならずシャンプーもあわせてお楽しみ下さい。

そして、機敏に頭は上げずリラックスしていて下さい。(笑)

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする