シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真面目な話 ○んち いろいろ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんがいるかたは、すごく分かると思うのですけど、う○ちの仕方って人それぞれなようで。(大人の話ではなく2歳の子供の話ですよ笑)

私が子供の頃は部屋の隅っこの方にいってしていたんだとか 笑

隅っこにいって「ウンンン・・・」と笑

皆さん、当たり前のようにう○ちしているじゃないですか?でもこれってすごいことなんだなぁということにいまさら気づかされたのです。

わが子を見ていると、今は2歳なので少し前の話になりますが、うん○がなかなかでない時などは顔を赤らめて泣きながらすることもありました。痛いようで「痛いぃー」と泣くこともありました。がんばれっ!と応援したり。その姿が愛らしくつい笑ってしまったり。うんちするのに応援って笑

で、うちの子の特徴はなんと!ランニングマンなのです。流行のランニングマンではないですよ!うん○ち前に走りだすので「ランニングマン」なのです笑

家のリビングを「ふっ、ふっ、ふっ」と走りまわるのです。

お、うんちランニング始まったぞ笑 と思わず笑ったものです。でもまたこれが愛らしいんですけどね。途中で手を出してとめようとすると「チッとめんんじゃねえよっ」といわんばかりにむっとするんです。うんちって中腰だと出やすいじゃないですか?だから、ほらこうしてしたほうが出やすいんだよーと教えても「ふっふっふっ」うんちが終わると、「ウエーん」と泣いてみたり。おもしろい。

最近では・・・

うんちが終わると、「ウンちでたー」と報告できるようになりました。保育所の影響も大きいようで最近はランニングマンもしなくなりました。ちょっと寂しい気分。録画しといて大人になった時に見せられるようにしとけばよかったとちょっと後悔です。

将来もし息子がお嫁さんを連れてきたら「ほら、走ってウンチ準備してんのー笑 ハハハー」とバカにしてやれるように用意しておけばよかったなぁ。でも記録に残さなくても記憶に残っているので大丈夫。絶対冷やかしてやる笑

真面目な話、こうやって自分でできることが増えていくってすごいことなんだなぁと日々子供を見ていて思います。鼻をかむって作業だって「息を吸う」と「息を吐く」の区別が最初はつかなくてようやく「ふんっ」とできるようになるんですよね。

最初なんて「ふんっ」だよ「ふんっ」というと「フンッ」って言うだけという。いやいや・・

ウンチや鼻をかめることって実は誰かに支えられ成り立っているんだなぁと考えたら、今当たり前に生活できることに感謝したいと思います。